フリマアプリで、Mac mini購入〜。

いつものように、フリマアプリを閲覧中。

Mac mini(2011)に目が止まった。
特にジャンクではなく、そこそこ安い。
HDDは壊れたからという理由で抜かれ、RAMはデフォの2GB
送料込みで30000円かぁ。

MacBookを触りだしてからSSDの速さを実感しているので、HDDはなくてもOK。
RAMが2GBと、ちょい少ない気がする。
さらに出品者に対して調査をすると、別途4GBx2のRAMを3800円で出品していた。w
ははぁん。バラして出品する作戦ね。

8GBで3800円なら、値切れる。smile
出品者に、Mac mini本体とRAMを購入するから、RAMの代金を3800→3000円にできないかを問い合わせた。
出品者も2つが同時に履け、しかも送料分が浮くので、悪い話ではないハズ。

すぐに支払ってくれるのならばという条件でOKが出た。w
ってことで、HDDが空のMac mini(2011。i5/2.3GHz、8GB)を計33000円で入手した。
うーん相変わらず、安いと買っちゃう病気は治らない。w


さーて、HDD搭載するためにSSDをアキバに買いに行くかな。

2.5インチHDDも1T、2Tが当たり前のようになってきている。
でも動画を扱うことがないので、そんなにいらない。
お絵描きデータはGoogleDriveとか、OneDriveで別途保存時ているし。
逆に容量の小さいHDDは中古しかない。できれば避けたい。

容量が小さいのであれば、SSDも大分値段が下がってきていて、アキバでも毎週のように特売している。
なので、SSDにしよう〜♪
お店では社名を伏せたSSD(250GB)が特価で出ていた。(6480円)
社名を出すと、卸してくれなくなるからだろうなぁ。>大人の事情?!
普通SSDって240GBの容量が多い中で、250GBの容量って言えばあの会社しかないな。

ってことでSAMSUNGの250GB(750 EVO)を購入できた。w

じゃぁあとは"OSX(El Captain)"をインストールするかな。>続く

| | コメント (5) | トラックバック (0)

この夏に2冊の同人誌作成をしてみた。

この夏は同人誌の作成でてんやわんや。
まず先週末の日曜日、夏コミ3日目用の同人誌。
俺の担当は、表紙の絵と、中の数カット。

こちらは約200部作成して、夏コミでは半分の約100部売れた。
まずまずでした。
んでもう一冊の方が、先日のMakerFaireTokyo2016に向けた同人誌。
こっちの方が力が入っている。
表紙以外にも漫画、イラストと我ながらまぁよく描いたもんだ。

こちらは2000部持ち込んで、1日あたり1000部を配布して、全て無くなった。
やっぱ無料の力は強い。
それ以外に、基板のシルク印刷としてイラスト2点を描いた。
ベタだけれど、以前描いたメイド姿が可愛いかったので、その衣装を採用。

購入した人が気に入ってくれるといいんだどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽天オークションが終了とな。

人気ないからライバルいないし、色々と安価で落札できたのになぁ…。
やっぱ終わっちゃうのね。

これからはラクマ(楽天フリマ)で安いのを探すかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Raspberry Pi ZERO 用のブートFlashAirを作ってみた。

Raspberry Pi ZEROのSDカードからのブートをできるようにしたので、ブートするFlashAirを作る。(長いよー/わからない人にはちんぷんかんぷん)

んでブートには最新の「Raspbian」のイメージをサイトからダウンロードしてきた。
イメージの書き方はいろいろあるけれど、手元にRaspberry Pi ZEROがあるので、これを利用して作っていく。
卵が先か鶏が先かになるけれど、すでにRaspberry Pi ZEROはSDからブートできている環境で、話を進めていく。



Raspberry Pi ZEROを起動後にターミナルから、 "dd"と"gparted"をインストールしておく。
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install dd
$ sudo apt-get install gparted

※Raspiのブート用SDスロットには、既にブートが書いてあってブート可能。
さらにUSB口には「USB SDカード リーダ・ライタ」を取り付けて、FlashAirを外部ストレージとして扱うようにする。

  1. 既に動作しているFlashAirから2つのフォルダー「DCIM」、「SD_WLAN」を適当な場所に保存しておく。
  2. 適当な場所に保存したRaspbainのイメージファイルを使って、FlashAirに書く。(絵のクリックで拡大)
    1. "mount"でFlashAirのストレージをマウントして売るのを確認。
      $ mount
    2. "umount"でFlashAirのマウントを外す。
      $ umount /media/pi/[番号]
    3. "dd"で書き込む。
      $ dd bs=1M if=/home/pi/2016-05-27-raspbian-jessie.img of=/dev/sdb
  3. これでFlashAIrのブートSDが完成したので、Raspberry Piの電源を落として、ブートSDカードとして入れ替えて、動作確認する。
  4. FlashAirからのブートが確認できたら、次はパーティションを動かす。
    再度FlashAirはUSB SDカード リーダライタに挿して、最初のSDカードでブートし直す。
  5. "Gparted"を起動する。
    $ sudo gparted
  6. 右上のデバイスをFlashAir側にして、2つのパーティション「fat16」「ext4」の領域を動かす。

    FlashAirが認識する領域は「fat16」の方なので、こちらを広げ、「ext4」の領域を縮める。
  7. 「ext4」の領域で右クリック。[umount]を選んで外す。
  8. 再度「ext4」の領域を右クリック。[resize/move]を選んで移動させる。
  9. フリースペースの量を気にしながら縮める。縮めすぎると、パーティション変更時に怒られる。
  10. 「レ」をクリックして、変更した領域を決定する。
    <
  11. 同様に「fat16」の領域を[umount]-[resize/move]で動かして、「レ」をクリックして、広げる。

    ※「fat16」側は広げると「fat32」になる。
  12. これで「fat32」="/boot"がFlashAirが認識する領域となった。

  13. 再起動させる。
  14. 「fat32」領域が広く空いたので、FlashiAirの"/boot"フォルダの下に、避けておいた「DCIM」、「SD_WLAN」フォルダをコピーする。

    $ sudo cp -r /media/pi/[番号]/home/pi/FlashAir_backup/DCIM /boot/
    $ sudo cp -r /media/pi/[番号]/home/pi/FlashAir_backup/SD_WLAN /boot/
  15. 以上でRaspberry PiのブートFlashAirが完成。
    電源を落として、ブートSDカードをFlashAirに再度して、立ち上げればFlashAirも動き出し、Wi-Fiでアクセスすることができるようになった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Raspberry Pi ZEROを買ってみた。

Raspberry Pi ZEROが(日本で)安く買える手立てがないようなので、eBayで買うことにした。
向こうじゃいっぱい売っている。
でも送料が高いので「いかに安く買うか」を考えた末、複数買うことで1個あたりの送料を下げることにした。

で、5個買ってみた
当然5個もいらないので、周りの(電子工作好きの)知人や会社の後輩へと1個3000円でお裾分け。
これでも日本で買うより安いので、案の定すぐ捌けた。w

開けてみると、ひゃ〜小さい。
これで作るとなんでもインパクトがあるわ。

じゃ、早速いつものとおり「SDスロットが乗るように改造」をする。happy02
調べると、Raspberry Pi ZEROの裏面のテスト・ランドにはSDIF信号が来ていることが判明。
既にmicroSDカードスロットを剥がした後に知った。(ρ_;)
こっちの方が半田付けが楽だから、ここから線を取り出すことにしよう。

SDピンテスト
ランド

SDスロットからブート可能なRaspi ZEROの完成!
1(CD/DAT3)PP19
2(CMD)PP15
3(VSS1)NC
4(VDD)PP8
5(CLK)PP14
6(VSS2)PP5
7(DAT0)PP16
8(DAT1)PP17
9(DAT2)PP18

ではブートFlashAirを作る。>続く

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「MakerFaireTokyo2016」に行ってきた。(2日目)

2日目もやはりWi-Fiがつながらずbearing。 仕方なく、ブース説明員として対応していた。
やはり日曜日の方が人が多い。

「IT Media」の人がプレスとして取材されていた。
新刊同人誌を持って帰ったので、そのうち掲載されることでしょう。
あと「大人の科学」の人もブースに来られていた。
なんかでコラボできると、絵を描かせてもらえるかも。w
昨日は、以前作ったTシャツ姿でいた。
すると偶然にも、あるお客様が来られて「着てます」と見せてくれた。 (゚0゚)オーォ
このTシャツはネットで累計20枚しか販売してないので、誰が買っているのかわからない。
でもそのうちの1枚に遭遇したので、驚きもあり、深々とお礼を言っておいた。

他にも会場内に歩き回っていても、「また販売を再開してください」との声をいただいた。
やはり電子工作系のイベントだけに、このキャラクターの認知度が高い気がする。www それに夏のTシャツは名刺代わりになるようだ。w
来年も作るかね。
んで、今日はこのTシャツ姿で説明員として対応。
以前発注したのを、着ずに取っておいた。
なので、おろしたて。ヽ(´▽`)/
「UT me!」では地が黒・ネイビー色の服のは、白地のTシャツより1000円高いのだが、着てみて理解できた。 ゴム系のインクだったのでした。やっぱりインクで白色を出すにはゴム系なんだねぇ。 (白地への印刷はインクジェット方式で、白色がないし、その分お値段も安い。)

着てウロチョロしていたら、元上司もこの日に向けて、これを発注していたことが判明。
でも、イベント開催には間に合わなかったという。
受注生産だからね〜ぇ。

ともあれ、気を使ってもらってありがたいです。
さて、2日目ともなれば少し余裕もできたので、お買い物に出かける。
ヤマハのブースで無料配布だった基板。
ラズパイで奏でる楽器のスイッチ部分でした。
裏にシルク印刷でQRコードがあるので、ここをアクセスすると、回路図等の全貌が分かる仕組み。

これはおもちゃのギターを買って、つけてみたいなぁ。
ラズパイなので、SDカードスロットつけて何かできそうな予感。
続いて「秋月で7インチのHDMI液晶モニタ」を購入。
これはアキバの店頭でも何回か買うチャンスがあったもの。
ただ、13000円もすると21インチの液晶モニタが帰るんだよなーって思って、買うタイミングを逃していた。

この会場価格として同額なものの、おまけにアクリスケースが付いてのこのお値段なのでケース代がお得という理由で買ってしまった。
ま。入力がHDMIだし、出先でのラズパイとかのセッティングに使えなくもないので、後日組み立てる予定。
この日も用意した同人誌1000部がはけた。
両日合わせて2000部が放たれた模様。
残りは後日、関係先へ配られる予定。
「MakerFaireTokyo2016」に来れなかった人は、ここがチャンスかも。(いつ・どこかは未定)
つーことで「MakerFaireTokyo2016」も無事終った〜。
今回は、秋月電子通商の中の人がブース内で販売していただき、その時フリーハンドで描いたお品書きボードを記念に持って帰っていいか聞かれた。
ゴミなので、どーぞどーぞ。

最後に。
閉会間際に、イラストを描いている人で、IT系のイラストを今模索している人が現れた。
同人誌のポスターを見て、カワイイと褒めてくれた。smile
どうやら夏コミにも来てくれるらしい。
ただ(暑いコミケ会場には)残念ながら行かないので、ごめんなさい。coldsweats01

んでお盆やすみに突入したので、会社のことを忘れて遊ぼう。(๑´ڡ`๑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「MakerFaireTokyo2016」に行ってきた。(1日目)

8月6日、ビッグサイトの「MakerFaireTokyo2016」の説明員として参加してきた。

まずは、この数ヶ月ずーーと漫画とイラストを描いてきたえ同人誌とご対面。

あ…厚い。
編集長に聞くと、紙質を上げたようだ。
しかも全頁フルカラーで、来場者も気に入ってもらえるだろう。
今回はタチコマのブーム?か。「卓上」「1/5サイズ」「1/2サイズ」と3体も展示されていた。
当然、どれも動力を持っていて、動く。

「卓上」

「1/5サイズ」

「1/2サイズ」

この大きさだと動力が大変だと思う。
時代を反映してだろうか、ドローンのサーキットが会場の端に設けられていた。
朝方1000部あった同人誌もこの日の終了2時間前にはもうなくなってしまった。
coldsweats02
あとこの日、デジタルハリウッドの人が来て、「同人誌を図書館に置きたい」とかで、承諾した。

営業用にとっておいた「同人誌1」と「同人誌2」を同図書館で使ってもらうことにした。 >続く

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【ジャンク】MacBook13を落札してみた

最近ヤフオクでとーんと安く買えなくなったので、フリマや楽オクを巡回中、Macbook Airのジャンクを発見。delicious
ジャンンク理由は、「パッドの調子が悪い」というもの。
液晶は割れていないし、Airの13インチは持っていないので入札。
んで結果、20500円で落札できた♪

楽天オークションは品数は少ないけれど、同時にライバルが少ないのがいいわ。
今回送料が無料だったので、なお嬉し。
届いてみて、ACアダプタも付いてきたので驚いた。
本体のみかと思っていた。(書いてなかったし)
これで20500円は優越感だわ。

さてさてセットアップ。
はは〜ん。たまに早くマウスカーソルをパッドでさっと動かすとパッっとどこかに飛ぶ。
これね。
ただゆっくり動かしている分には普通に使える。
つーことで、何もせずこのまま使うことにする。
Macだとターミナル画面を多数開いたりするので、家で使う分には画面は大きい方がいい。

つーことで、我が家のMacbook Airは3台になった。w

| | コメント (7) | トラックバック (1)

iPhone6ならぬ、iPhone5x6

7月は、同人誌の原稿描きと出展作品の作成でブログの更新が後回しになってしまっているなぁ。(;ω;)

えーと。
フリマアプリでiPhone5のジャンク(画面割れ)が4000円代で買えるものだから、ガンガン落として直してきた。
んでeBayで「LCD+ガラス」の部品を買って直して、結果、揃いも揃って6台!

我ながらアホや。w

こんなに持っていてどうするのかといえば、これ自体がCPUとWi-Fi、液晶・カメラ・GPS等を持っていて、プログラムも組める。
まさに小型PC!。

ってことで、これはイベントに一斉に並べて連動したデモをするとインパクトあると考えた。happy02
サイネージって大きいのが目立つけれど、小さいのがいっぱいあっても目立つのでは?ということ。

なので、電話としては一切使わない。
こんなにSIM持ってないし。w

会社ではスマホのアプリ開発に携わるようになって、SWIFTの使い方もわかってきた。
面白いもんができそう。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MFT2016向けの同人誌原稿完了。

MFT2016(Maker Fair Tokyo 2016)で配布予定の『FlashAir同人誌3』用の原稿(俺の分)が上がった〜。
今までと同じページ数だけど、今回は漫画も結構描き込んだので、進みが遅かた。
それに色も塗ったし。

MFT2016に参加するのも今回で3年目。
そして同人誌を配るのも3回目。
さすがに3年間描きづつけていると、自分でも絵が上達しているのがわかる。

しかし安堵感はなく、お次は夏コミ用の同人誌。
あー終わりはまだ見えない…

そういや夏コミのカタログが発売されたので、購入。
おぉ。14日の西館で載ってた。(当たり前)

でも夏のコミケの暑さは尋常でないから、会場には行かない。(* ̄ー ̄*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«MFT2016に向けて始動