【説明書】ラクスルにて、原稿を入稿してみた。

週末にちまちまと絵を描いてきて、ようやっと全部描き終わった。😵

てことで印刷のための入稿をする。

印刷所は、ネットで調べて価格的に「ラクスル」にした。

以降備忘録。

  1. Clip Studio PAINTでA5の漫画を描く。
  2. 完成したら、全頁1枚づつレイヤーをまとめてJPEG(RGB)で別保存。
  3. ラクスルのサイトからA5の印刷テンプレート(パワポ用)をダウンロード
  4. Macで作業したかったので、KeynoteでダウンロードしたPPTファイルを開いて、2で保存したJPEGファイルから画像を1枚1枚貼り付けていく。
    Rakusuru1
    トンボ線・矩形の線を意識しながら貼り付ける。

  5. 全てのページのレイアウトを終えたら、[マスタースライドを編集]ボタンを押して、マスタースライドの編集。
    四隅のトンボは消さずに、それらを結んだ矩形の線を削除
    Rakusuru2
    これを怠ると、入稿した時にデータがおかしいと怒られる。(矩形の線が印刷に入ってしまう。四隅のトンボは印刷に使うので消さない。)

  6. KeynoteのプレゼンテーションをPDFで書きだす。
    →全ページまとまって1つのファイルに。
    Rakusuru3
  7. ラクスルのサイトから、A5の冊子を申し込む。
    印刷内容と、冊数に応じた支払いもカードで、先に終える。
  8. いよいよ原稿をアップ。
    6で保存したPDFファイルをサイトにUpload。
    アップした原稿ファイルが、1ページ1ページバラしてくれて印刷イメージとして表示してくれる。
    ここで1ページづつ拡大して、問題ないかチェックした。
    20191208-70052
    しかも、その後に「左とじ」、「右とじ」別に「仕上がりプレビュー」も見せてくれる。
    実際にパラパラめくる感じで、コマを目で追う動きも良くわかるわ。
    ここまでやってくれると、失敗のしようがない。
    20191208-70303
    ほーんと、いたせりつくせりのシステム。❤︎

  9. アップした入稿原稿が、こちらのイメージどおりならばOKを出して、最終チェックをサイトが行い、結果をメールで送ってくれる。
    →ここで不備内容があれば、再入稿で出し直せる。
  10. 入稿完了=印刷に取り掛かるメールが届く。

  11. あとは冊子が届くのが待つだけ。(送料無料)

もちろん、届いたらブログで報告いたします。w

| | コメント (0)

基板の量産できたので取り扱い説明書(薄い本)を描いてみた。

この前設計した基板の動作が確認できたので、頒布するために再度発注。

それが届いた。(⌒▽⌒)

Gamepad3

基板1枚は軽いけれど、これだけ数があると、重い。w

 

さて、これだけでは終わらない。

頒布するにあたって、描き始めた作り方の説明書がいまだに終わらない


どうせ作るなら、薄い本がいいかな。しかもオールカラーで。😃
そう「取説という名の個人誌」を作る〜♪(高校以来かな?)

…なんて浮かれていたけれど、いざ原稿を描き始めると何回もコマの見直して描き直ししたりするもんだから終わらない終わらない。

Gamepad4

表紙だってもう何回描き直ししたか…。

ソラちゃんの服装柄も手描きにしたもんだから、ヒーヒー状態。

締め切り日はないからいいんだけれど、今現在まだ入稿してません。😵
続く。

| | コメント (2)

デザイン・フェスタVol.50に行ってきた。

Design_fes2019

先週、デザインフェスタVol.50へ行ってきた。

回を追うごとに広くなっていってるようで、今回は西館だけでなく南館も使っていた。

もう1日で全部回れないくらい。(@_@)

デザフェスは出展者以外に参加者のバラエティに富んだキャラが多くて、そっちでも目の保養になって面白い。

インスピレーションもらったんで、創作意欲がまた湧くことでしょう。

| | コメント (0)

描いたゲーム(ROMカートリッジ)イラストがアキバで販売された。

前にこのブログに書いたゲーム用のイラストのゲームが、アキバで販売されたとネットニュースで取り上げられていた。

Photo_20191117213401

売れてくれると嬉しいなぁ。😃

| | コメント (0)

久しぶりに基板を作る。(その3)

ようやっと、基板が届いたー。( ̄▽ ̄)

製造で1週間、そこから発送→到着まで2週間。

計3週間といったところだろうか。

Gamepad

一番安いシンガポールポストを頼んだので、時間がかかるのはしょうがない。

次回はもうちょい早い宅急便で配送してもらうかなー。

 

さて、届いた基板を組み立ててみて、設計どおり動作するかを確認する。

Gamepad1

…よしOK!(๑˃̵ᴗ˂̵)و ❤ ❤

ってことで、今回は残りの基板を欲しいと思った人に頒布してみる

 

ってことで、まずはネット店舗である「BOOTH」に申し込み。

元々Pixivにアカウントを持っているので、手続きは簡単。

 

おっと取説も作らねば。どうせやるからには凝りたいもんなー。

…って描き始めたら、表紙のイラストだけでまる1日かかってもーた。😵

Gamepad2

やっぱ購入者が受け取ったときに喜んでもらうため、取説はカラー印刷で個人誌"薄い本"っしょー。w

 

 

そそ。送付用の封書も用意せねば。∑(; ̄□ ̄

ってことで、頒布するにはまだまだ準備が必要だとわかった。

つづく

追記:2頁目も1日。こりゃコミケの原稿描いているペースみたいだ。(冬コミ、出ませんけど)

| | コメント (0)

C96で頒布した同人誌がネットで紹介された。

所属しているサークル「空と月」。

夏コミで新刊として頒布した同人誌がネットで紹介された。

20191102-32129

毎度”Akiba Hot Line”さんに取り上げられていただき、ありがたいです。

在庫が捌けると良いけどなー。w

| | コメント (0)

久しぶりに基板を作る。(その2)

Ki-CADを使ったPCB設計第二弾。

前回の回路図設計から、実際に実装のパターンにおこす。

前回の基板づくりではシルク印刷をWebのアプリからおこなったいたが、今のKi-CADではアプリからそのままできるようだ。

どんなもんだろうか、使えるのか?

ってことで、まずは基板にのっけるシルク印刷の絵柄を変換してみる。

まずは小さい画面を。

20190930

うーん。結構つぶれるなぁ。

次は大きいサイズで変換。

20190930-1

なんか、絵面はベクトル変換しているようで、線がなまったような感じになっている。

普通こんなもんなんか。((+_+))

最後にもう1枚。
20190930-2
まー最初だし、これを使ってシルク印刷に使おう。

20191027

  • 基板の形を設計。
  • 基板の穴位置を設計
  • シルク印刷しかり、各部品を配置
  • 配置した部品同士を配線
  • これを表面の
    • ランド面、レジスト面、シルク面
  • 同様に裏面の
    • ランド面、レジスト面、シルク面
  • と、6面の設計。
  • 最後にドリル穴の図面をつけて、計7面分のファイルをZIPファイルにまとめる。
  • 今回PCB基板製造業者をSeeedにしてみた。メジャーだし、サイトにはKi-CADからの発注方法が書いてあったのでそのまま利用した。
    ZIPファイルをサイトにUpload、枚数と配送業者を決めて、見積もり値段をPaypalから支払いを終えた。

さて設計から発注業務まではやった。

後は製造→発送を待つだけ!

続く

| | コメント (0)

吾妻ひでお先生をしのぶ。

吾妻ひでお先生が亡くなられた。😖

丸いっこい可愛らしい絵面が好きで、漫画・ムックもよく、買っていた。

どれどれ久しぶりに引っ張り出してみるか。

Azuma1Azuma4

Azuma3

雑誌の切り抜きも集めていたし、

Azuma2

同人誌も…。

Azuma5

当然絵の模写もしたこともあって、今の絵柄に大いに影響されているのでした。

 

こうやって屋根裏から本を引っ張り出して、読み直してみると紙は良いのぉ。

電子データでレンタルなんてやっぱりできひん。

| | コメント (0)

久しぶりに基板を作る。(その1)

ちょい前のトラ技で「Ki-CAD」のバージョン5の話が出ていたので、興味本位に手に取る。

新しくなったバージョンの善し悪しは、本を読むより実際に動かしてみないとわからない。

前回「コースターの基板」依頼、久しく何も作っていない。

その間、ひしひしと基板の作成ネタは生まれてきていたので、これを機に久しぶりに基板を作ろう。

今回は”ジョイパッドの基板”を作成する。

スイッチだけの簡単な回路なので、最初にはうってつけだろう。

新たにKi-CADをインストールして、まずは回路図から。

実に単純な回路図。

20191020

今回スイッチのパッドの部品は既存のものではないので、「フットプリンタエディター」で部品を新規作成する。

ノギスをてに、大きさを決める。

20191020-1

あとは、実際に配置するだけ。

つーことで続く

| | コメント (0)

イラスト描くのに液タブのご紹介。

ネタのリクエストをいただいたので、普段使っている液晶タブレット(以下液タブ)のことについて書いてみる。

タブレットは高価であるけれど、紙にそのまま描いている感覚で作業できるので欠かせない。

液タブはMac miniに付けてmacOSのペイントソフトを使っている。

ペイントソフトは2本。

普段1枚のイラストを描くときには手慣れた「Adobe Element13」で作成。

漫画はGペンの強弱の線を積極的に使いたいので、「Clip Studio Paint」を使っている。

イラストの場合、下書きも思いついた感じで描き、無駄な線を消していってまとめて行く。

色とかパーツ別にレイヤーを重ねて完成させている。

こんな感じで、今日も閃ソラを描くのでした。😃

Photo_20191013000601

| | コメント (2)

«ジャンクのSwitchを買ってみた。