V-Cutしたい基板のサイズは70mmx70mm以上だと。

Ki-CADをVer8.0にアップデート。して基板設計開始。
今回は2つ作った。

JLCPCBさんへ作成依頼。

そしたら2つのうち、1つの設計に対してJLCPCBから「V-Cutする基板は70mmx70mm以上じゃないとだめ」とリジェクトされてしまった。
Vcut_70x70_over
しょうがないので、基板サイズを大きく変更。
再度ガバーデータをアップして、今度はOKとなった。

現在製造終了して運送会社へ引き渡された。😊
GW前には届きそう。♡

| | | コメント (0)

次の基板設計開始。

そろそろ基板でもつくりましょうか。

まずはノギス片手に、いろいろ寸法を計測。
0.5mm単位で。

測った値はKi-CADで図面に反映させる。
まずは外観はこんなもんかな。
Sd_pin_size
Ki-CADだから3Dですぐ出力できる。
Sd_pin_size2
まぁ。最初はこんなもんかな。

| | | コメント (0)

4月1日(エイプリルフール)

今日、あえて真面なことを書くと。
1年後、退職することになるので無職になります。w

Sora_thinking

| | | コメント (0)

Macbook用のType-C アダプターがiPhoneでも使えてた。

いつものようにAliexpressでお買い物。
今回は、Macbook用のType-Cのアダプター。
Typec_adapter1
有線LANと、HDMI、SDカード、USBx2の口が付いている。

・・・で先日届いた。

Typec_adapter2

Macbookで動くのを確認。もしかすると、これはiPhone 15でも使えるのか試してみた。

HMDIでの出力を取り出すと、映った。

Typec_adapter3

これなら「iPhoneのアプリデモ」用として使えそう。

| | | コメント (0)

RGB2C02Nをツインファミコンで動かしてみた。

Rgb2c02n_1
前回、取り付けた「RGB2C02N」の動作チェック。

RGB信号は線を引っ張ってきて、裏側に。
この時のVGA基板は1月に作ったものが役立った。

Rgb2c02n_3

では動かしてみましょう。

・・・成功!!😃 VGAモニタで1ドットくっきりの映像が映った。

| | | コメント (0)

RGB2C02Nをツインファミコンに取り付けてみた。

赤白ファミコンでは"RF出力"。ツインファミコンや新ファミコンでは"ビデオ信号出力"と、令和の時代、きれいな映像(?)が取り出せない。

そこで、画像エンジンであるPPUをFPGAでエミュレートして、RGB出力を吐き出す(回路)商品が発売された。
→「RGB2C02N」

2万円近くするものだけれど、15kHz/31kHzのRGB出力が取り出せるので、欲しかった。
また、販売台数も少ないため発売1時間未満で完売となってしまう。

X(旧ツイッターで)販売情報を得て、発売時刻にポチって購入。

Img_3696_20240319154401
で、ブツが届いたのでツインファミコンに取り付けることにする。
一応どのファミコンにも取り付けられるのだけれど、ツインファミコンが一番本体が大きい分、隙間もあって本体に加工する必要がない。

赤い部分がPPUチップ。これを交換する。
それ以外に「汎用ロジックICLS373」をHC373と交換する。(黄色部分)この部品もちゃんと袋に入っていた。(ありがたい)
Twinfamicon


PPUの代わりの「RGB2C02N」は裏側から取り付ける。
そのため、ピン番号が逆になる。それを抑えるための基板も付いてくる。(ほんといたせりつくせり)
そんな基板を合体に次ぐ合体と3層構造。
Rgb2c02n_2
これでもツインファミコンには隙間のおかげでぶつかることなく収納できた。

つづく。

| | | コメント (0)

Raspberry pi 5 を購入したので、Aliexpressで付属品購入でSSDブート化。

Raspberry pi 5が技適を通ったので、国内でも一斉発売された。

で、購入。
Raspberry pi 5では今までにない"PCIeポート"がついているので、この恩恵を受けないわけにはいかない。

なので、Aliexpressで拡張カードを別途購入。
PCIe拡張M.2カードには冷却ファンも一緒に頼めたのでそれも。

それが届いた。
①まずは冷却ファンを取り付けて。
②PCIe拡張M.2カードを取り付け。

Raspi5_1

ここに、Amazonで購入した「M.2のSSD」を取り付けてSSDからのブートを試みるわけだ。

Raspi5_2

ネットで調べるとまずはSDカードからのブートからSSDへのブートの設定を始めるとな。
と奮闘して、SSDからブートができるようになった。
Img_3685-1
いや~これが早い!(*´▽`*)

Raspberry piはいままでストレージがSDカードになっていたのが足を引っ張っていたっていうのが体感できた。
Raspberry pi5を買ったら、さらに予算をつぎ込んで絶対SSDにするべき。

しかし電源が「PD電源で、5Vが5A」って…まぁ計25Wだからこれでも省エネか。

| | | コメント (0)

Aliexpressでひと悶着。(返金完了)

いつものようにAliexpressでのお買い物。
到着品が、プラスチックの名刺2枚。
Img_3663
おいおい。ということで、セーラーとチャットでクレームを入れる。
Ali_worng
ってことで、非を認めた。
つぎは、Aliexpressでいったん「受領」ボタンを押して、返金の項目へ。

Refund1

「違うもんが届いた」ということで、返金の申し立てを開始。
1枚目の写真と、2つ目のチャットの内容を証拠としてアップロード。


あとはAliexpress側がストアとやり取りして、返金ができた。

やることやればお金は帰ってくるので、懲りずに今後もAliexpressでお買い物は続きます。😊

| | | コメント (0)

エラーを出すようになった石油ファンヒーターを治してみた。

家の石油ファンヒーターがエラーを吐いて、火がつかなくなった。

購入して15年ぐらい経つかな。ほんとなら買い替えなのかも。
しかし、タンクに入っている灯油とかの廃棄とかあるので、治してみる。

まずはこの手の修理動画をYoutubeを一通り視聴。
そこから、中身の掃除をすれば治りそう。

ってことで開墾スタート。

Heater1

うっ・・・。😱

中身の掃除なんかなんて、購入してから1回もしていなかったから、綿埃が内部に溜まっていた。
これらは濡れティッシュで掃除がてら撤去。

どんどん中に向かって、解体が進む。
とうとう燃焼部分までやってきた。

ここで、炭火した燃えカスを発見。Σ(・□・;)
どうやら、これが燃焼を邪魔していそう。

あとは、元に組み立て直してスイッチON。

Heater2
なので、掃除機で吸い取って、元に戻した。
Heater3
本当に中の清掃だけで火がついて治った。w

長年貯まっていた綿埃の掃除もできたし、当分これは冬場の主役となりました。

| | | コメント (0)

【ゲーセン】USBマウス獲得してみた【クレーンゲーム景品】

新宿への用のつ

いでに、ゲーセンにちょいと寄って、クレーンゲームで遊ぶ。

今回は、USBマウスがあったので挑戦。
フィギアと違って、平たいので難なく取れました。

Usbmouse202402_2
特に使うことないし、メルカリ行かな。😊
Usbmouse202402




| | | コメント (2)

«ジャンク扱いのMSXを修理。(CASIO MX-10)