« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

CD/DVD 洗う

「カーステでCDの音が飛ぶ」との相談を受けて、「そのCDを洗ったら?」と答えたら、「CDって洗えるの?!」と驚かれた。(んな驚かれても・・・)
確かにプリンタブルの自作CD-Rみたいに白いレーベルに印刷されているものは洗うと色が落ちちゃうけれど、通常のCD(もしくはDVD)なら、ま〜洗えますね。

指紋やらゴミが付着してレーザを当てても信号が返らないと、データがエラーで音楽が再生できないからねぇ。きれいにこしたことはないです。


◆まずCD/DVDを入れた洗面器に水を張って、中性洗剤を数滴たらすcd1
◆指の腹で(爪が長い人は無理)汚れている部分を洗う(擦らずに、なでる程度cd2
◆水で洗い流す cd4
◆ティッシュで水滴を取る。(擦ってはだめ!軽くタッチ)ティッシュを動かす方向は円周状でなく法線状。(要は中心から外側に向かってcd5
◆できあがりcd7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PS2 修復計画(その3)

いよいよ、修復計画の最終回です。今回も濃い内容なので女性は読まない方が良いですよ〜。

前々回購入編」と「前回簡易修正編」で、修正部品の特定が出来たのでインターネットで調べると、このLA6508というIC、海外でリペアーパーツとして売っていることがわかりました。la6508r2
しかし海外のネット通販とかやったことがないし、運送代もバカにならないので、よもやとYahooオークションで検索すると、売りに出している人がいたんですねぇ。しかも5個も出品。(入札数0)
早速落札&購入することが出来ました。→送料込み2500
2日後、エアキャップ入りの封書で届き、中をあけてみると静電防止袋に入ったチップを発見。ちいぃせー。
もっと大きなものかと思った。
ワクワクする気持ちを抑えて、まとまった時間の取れる週末を迎えるのを待ちました。
ps2_repear
早速取り付いている壊れたLA6508を針で一つ一つ足を持ち上げて、取ることに成功!
跡は手に入れたリペアパーツを半田で取り付けるだけ。
フレキのランドの部分を足のランドに会わせて、慎重にコテで半田を乗せて行きました。
取り付け終わっていても、何回も半田が付いているかどうかを光にさらして確認後、組み立て戻して電源を入れたところ、動かずあちゃ〜〜っ

再度バラして、半田の取り付け確認のためコテで丹念に当て直して、もう一回動かしてみた。
ソフトは俺が持っている唯一のPS2ソフトICO」。(もちろんエンディングまで行きましたよ)
ps2_complete
スイッチON!。・・・・ぐぃぃい〜ん
ほほほ見事動きました!うれしかったんで、エンディングを見たにもかかわらず、最初っからちょっと遊んじゃいましたわ。

今回「本体とパーツ代」締めて(3150円+2500円)計5650円で静音PS2を手に入れたことになりました。
これだから、ジャンクは止めらね〜っス。
上に書いたように、1枚しかPS2ソフト持っていないので、なんか買ってみるかなぁ。(っても欲しいものないし・・・)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

PS2 修復計画(その2)

blackjack前回の続き。(注)だんだん内容が濃くなってくるので、女性はこの後は読まないでもいいです。(笑)

さて、バラしたPS2の基盤を眺めていると、所々にハンダ跡を発見。その数十数カ所。
はは~ん。どうやら前の持ち主は、MODチップを付けていたみたいだな。そのハンダの場所も、インターネットで流れている取り付け位置と一致してたし。(笑)
遊んでいて、ある日突然動かなくなっったんでMODチップを外してリサイクルショップに売っぱらっただろうと想像がつく。
ってことは、どこかハンダブリッジしている所があるんでは?と、ハンダが付いていた箇所をいろいろ“ハンダ吸取り線”で取ってみたんだが、効果はなかった。

さらにインターネットで調べる、このSCPH-50000の型番は“突然死”するのが有名みたい。
また、その対処法も出ていた。la6508それは

基盤上の「LA6508」というICの電源足を浮かせて(元々+12V入っていた)+5Vの電源を代わりに足し込む
という技であった。
この方法を信じて、電源に+5Vを突っ込んで(写真右)組み立て直して起動してみたら・・・あちゃ〜っ。動作変わらずでした。この方法じゃ俺のPS2は動かないようだ。

でもまだ諦めず、ほかの方法を探ってみる。>また続く

| | コメント (2) | トラックバック (0)

PS2 修復計画(その1)

PS2_3150毎度のことだが、リサイクルショップ“HardOFF”にて、今回PS2(SCPH-50000)ジャンク品3150円(税込)で売られていたのをゲットしてみた。(左写真)
ジャンクとしての内容は「電源が入るも、CD/DVDかかりません」て書いてあった。
この文章に、むずむずと、沸き立つ気持ちが抑えられなかったわ。(あぁエンジニアの血が・・)
まあ、失敗しても3000円ぐらいならいいかと。思い購入しわたけです。

PS2も年代ごと、値段が変わるごとにちょっとづつ中身も変わっていて、このSCPH-50000という型番は冷却ファンが静か(それまでのPS2は中の冷却ファンがうるさくてDVDの鑑賞に耐えれなかったりしていた)なので、直して動きゃ儲けモンです。

早速家に帰って電源を入れてみたら、店の言い分通りCD/DVDが認識できませんでした。
ということで、分解。<基本ですね。
PS2_CD_ROLL脇から眺めてみるとCD/DVD共々レーザは光っていました。また、手でDiscをまわしてやると加速して行くので、どうやらサーボが動けば直りそう。
実際CDはたまにかかるし。(右写真)PS1のゲームも動いた。
CDはそんなに回さないからかかるのかな?

ということで次回「PS2 修復計画(その2)」に続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

¥200ゲーム「DINO CRISIS2」 終了

Dino_Crisis前回のゲームをあの日からやり続け、エンディングまで見れました。
社会人ともなると、時間がなかなかとれないので効率よく進めようと「攻略サイト」をYahooで検索して見つけ出し、そのフローにそって実際のゲーム進行をしたのでそれほど苦労せず終われました。
端から見れば「攻略見ながらなんて・・」って思われるかもしれないけれど、本人的には終わらないままほったからかしにせずにエンディングを迎えられたので満足っ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新品PSソフト¥200(税込)

Dino_Crisis正月特価なのであろうか、それともプレイステーション(2じゃないよ)で遊んでいる人はもういないのか?
Sofmapで新品のプレステ(2じゃないよ)ソフト「DINO CRISIS2」が税込みで200円で売られていたんですわ。
中古ならまだしも、新品が。
今時携帯電話のゲームだって、一回ダウンロードすれば315円かかる時代なのに。
いや〜あまりの安さに思わず買ってしまいましたがな。

いま、必死に遊んでいます。(前回作った自作液晶TVに映して)
メジャータイトルだけあって面白いですねぇ。
しかし200円は安い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1分58秒

reno_divorce遅ればせながら「新年あけましておめでとうございます

さて、タイトルの「1分58秒」って何の数字かといいますと、昨年(平成16年)の離婚:平均発生間隔です。
つまり、約2分に1件の割合でがんがんと離婚し続けているわけですわ。
この時間、ま~K-1とかプライドとかの格闘技じゃあるまいし、瞬殺ですな。
また、その逆で結婚:平均発生間隔はといいますと「44秒」となっており、離婚の倍以上の速さでしていますね。

この情報は厚生労働省が発表している『平成16年 人口動態統計の年間推計』に記載されています。
この資料は、この他にも「アメリカは離婚率が高く、離婚率が低いのはイタリア」とか、「婚姻がのグラフと出生のグラフの傾向は似ている」とか見ていて「へぇ~」と感心するばかりの情報になっています。

このブログの読者に人も、この数に含まれないようにしたいものですね。(あっ婚姻は別ね)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »