« ¥200ゲーム「DINO CRISIS2」 終了 | トップページ | PS2 修復計画(その2) »

PS2 修復計画(その1)

PS2_3150毎度のことだが、リサイクルショップ“HardOFF”にて、今回PS2(SCPH-50000)ジャンク品3150円(税込)で売られていたのをゲットしてみた。(左写真)
ジャンクとしての内容は「電源が入るも、CD/DVDかかりません」て書いてあった。
この文章に、むずむずと、沸き立つ気持ちが抑えられなかったわ。(あぁエンジニアの血が・・)
まあ、失敗しても3000円ぐらいならいいかと。思い購入しわたけです。

PS2も年代ごと、値段が変わるごとにちょっとづつ中身も変わっていて、このSCPH-50000という型番は冷却ファンが静か(それまでのPS2は中の冷却ファンがうるさくてDVDの鑑賞に耐えれなかったりしていた)なので、直して動きゃ儲けモンです。

早速家に帰って電源を入れてみたら、店の言い分通りCD/DVDが認識できませんでした。
ということで、分解。<基本ですね。
PS2_CD_ROLL脇から眺めてみるとCD/DVD共々レーザは光っていました。また、手でDiscをまわしてやると加速して行くので、どうやらサーボが動けば直りそう。
実際CDはたまにかかるし。(右写真)PS1のゲームも動いた。
CDはそんなに回さないからかかるのかな?

ということで次回「PS2 修復計画(その2)」に続く。

|

« ¥200ゲーム「DINO CRISIS2」 終了 | トップページ | PS2 修復計画(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PS2 修復計画(その1):

« ¥200ゲーム「DINO CRISIS2」 終了 | トップページ | PS2 修復計画(その2) »