« Macで“プレイやん”音・映データ作成 | トップページ | 映画「クレヨンしんちゃん・・・」 »

2000円でiMAC DV

普段お絵描きをしているMacはiMac350MHzってやつで、これを改造して400MHzにクロックアップして使っております。
ネットとかブログに載せる程度のお絵描きなんざ、こんなマシンパワーで十分ですわ。
で本日休みだったのでぶらっと「HardOff」に行ったら、ジャンクの棚に『電源入らず。iMacDV400MHz RAM64M パーツ取りにどうぞ』と書いたタグが目に飛び込んだ。
値段は3150円(税込)。
状態を把握するため本体の中をのぞくとタグに書いてあったRAMが入っていない。そのことを店員に告げると2100円(税込)でいいと。
この安さなら!ということで速攻で買っちゃいました。
たかだか64MのRAMが入っていないだけで1000円も引いてくれるなんて、そっちの方がどんなに特か。と同時に「HardOff」のジャンクの値付けのいい加減さがわかりますな。
imac0
今使っている改造iMac。モニター取っ払って外付け液晶で駆動。(ちなみに電源はMicroATXの電源を流用)
imac1
今回手に入れた2100円のジャンクiMacDV。必要なのはマザーボードだけ。
帰ってさっそくばらす。マザーボードさえ手に入れば後はどうでもよかったのでね。
さすがジャンクだけあって筐体にヒビがあるわ、ゆするとカラカラ音がするわ、結構なジャンクでした。
そのカラカラの正体はマザーボードのどこかに付いていたチップの電解コン(!)で慌てて取れていた場所を探してハンダ付け。ついでに500MHzまでクロックアップも。
その甲斐あって、一発で動きました!
2100円で400→500MHzにアップできたし、DV端子も付いたので良い買い物でした。
試験運転も兼ねてこの記事を今日出来上がったiMacで書いております。
(500MHzになったから、iChatも動くようになる〜♪)
imac2
マザーボードを乗せ代えて電源入れたところ。
imac4
確かに500MHzになっている。
問題は残った残骸をどう始末するかなんだよなぁ。最近は粗大ゴミはお金がかかるからなぁ・・。imac3
マザーボードを抜き取られた残骸

|

« Macで“プレイやん”音・映データ作成 | トップページ | 映画「クレヨンしんちゃん・・・」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2000円でiMAC DV:

» AirMacトリロジー(第二部:iMacDV編) [じむの(とりあえず)やってみたの巻]
前回「WLI-PCM-L11」がAirMac互換カードとして使えることがわかった [続きを読む]

受信: 2006/08/23 00:44

« Macで“プレイやん”音・映データ作成 | トップページ | 映画「クレヨンしんちゃん・・・」 »