« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2000円でiMAC DV

普段お絵描きをしているMacはiMac350MHzってやつで、これを改造して400MHzにクロックアップして使っております。
ネットとかブログに載せる程度のお絵描きなんざ、こんなマシンパワーで十分ですわ。
で本日休みだったのでぶらっと「HardOff」に行ったら、ジャンクの棚に『電源入らず。iMacDV400MHz RAM64M パーツ取りにどうぞ』と書いたタグが目に飛び込んだ。
値段は3150円(税込)。
状態を把握するため本体の中をのぞくとタグに書いてあったRAMが入っていない。そのことを店員に告げると2100円(税込)でいいと。
この安さなら!ということで速攻で買っちゃいました。
たかだか64MのRAMが入っていないだけで1000円も引いてくれるなんて、そっちの方がどんなに特か。と同時に「HardOff」のジャンクの値付けのいい加減さがわかりますな。
imac0
今使っている改造iMac。モニター取っ払って外付け液晶で駆動。(ちなみに電源はMicroATXの電源を流用)
imac1
今回手に入れた2100円のジャンクiMacDV。必要なのはマザーボードだけ。
帰ってさっそくばらす。マザーボードさえ手に入れば後はどうでもよかったのでね。
さすがジャンクだけあって筐体にヒビがあるわ、ゆするとカラカラ音がするわ、結構なジャンクでした。
そのカラカラの正体はマザーボードのどこかに付いていたチップの電解コン(!)で慌てて取れていた場所を探してハンダ付け。ついでに500MHzまでクロックアップも。
その甲斐あって、一発で動きました!
2100円で400→500MHzにアップできたし、DV端子も付いたので良い買い物でした。
試験運転も兼ねてこの記事を今日出来上がったiMacで書いております。
(500MHzになったから、iChatも動くようになる〜♪)
imac2
マザーボードを乗せ代えて電源入れたところ。
imac4
確かに500MHzになっている。
問題は残った残骸をどう始末するかなんだよなぁ。最近は粗大ゴミはお金がかかるからなぁ・・。imac3
マザーボードを抜き取られた残骸

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Macで“プレイやん”音・映データ作成

playan_set“プレイやん”の音声左右入換え品の新規購入以後さわっていなかったので、秋葉原に行って「SDカード512MB」とそれをPCで読み書きするための「USB SDカード リーダ/ライタ」を購入。(それぞれ「あきばお〜」で¥4799、¥780(税込))
手持ちのMacで、iTuneのラジオから録音したMP3データファイルをSDカードのルートディレクトリにコピー。
“プレイやん”で問題なく再生できた。

これだけでは、普通に売られているシリコンオーディオの方が安くてお手軽ではないか。
そこで“プレイやん”のもう一つのウリである動画の再生を試してみる。

“プレイやん”の動画は『SD-Video形式のASFファイル』を対象としている。(ビットレートにもよるが30分の動画で51MB程度。今回512MBのSDカードなので約300分記録できるかな。)
一方MacはMOVファイル(QuickTime)が主流。お互い互換がないから、データの変換をしなければならない。
Windowsなどは結構ツールがそろっているけれどMacとなると・・と探してみた結果_。
"ffmpeg"というエンジンさえあればできることがわかった。ソースが公開されているのでLinux,Mac,Windowsと各マシンで動く上記エンジンを作って使えば良いと。
(ちなみにWindowsで有名な変換ソフト「携帯動画変換君」もこのエンジンを使っていた。)







◆“ffmpeg”インストール
“ffmpeg”のサイトからソースをダウンロード。
Macの「アプリケーション」ー「ユーティリティ」から「ターミナル」を立ち上げ、ソースのあるフォルダーまで移動
ffmpeg1
"./configure"で環境ととのえ"make"。
ffmpeg2
"sudo make install"でインストール。
ffmpeg3
"/usr/local/bin"に"ffmpeg"が入る。
これでコマンドが通るようになった。
◆“ffmpeg”でデータ変換
ffmpeg4

元となる映像データがあるフォルダーに移動。
「携帯動画変換君」で用いられていたコマンドオプションを真似るてデータコンバートをする。
できたASFファイルをSDカードへ移して“プレイやん”で視聴する。
変換エンジンである"ffmpeg"は、元映像ファイルのデータフォーマットを良く選ぶようで、いろいろ試したがMPEGファイルでの変換が一番問題なく視聴できた。(変換できた)
後はできたり、できなかったり不安定。
「携帯動画変換君」でも同じ動きなので、このような場合元映像データがffmpegの仕様外と思って、諦めた。

釈然としないので、もうちょい調べてみる。
もともと『SD-Videoフォーマット』ってどんなんだ?


  ■ ビデオ:ISO-MPEG4
  ■ オーディオ:G.726 32kbps, 8kHz, Mono
  ■ ビットレート (音声分を含む)
     ・ スーパーファイン:約1050kbps
     ・ ファイン:約430kbps
     ・ ノーマル:約300kbps
     ・ エコノミー:約100kbps
  ■ 画面サイズ
     ・ スーパーファイン/ファイン:320×240(QVGA)
     ・ ノーマル/エコノミー:176×144(QCIF)
これを満たしていればいいのか。
うーんもうちょっと、コマンドのオプションを変えてみるかな・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

会社から図書カード1万円もろた。参考書購入





会社から、社員全員に1万円の図書カードが配布された。(太っ腹)、早速新宿の紀伊国屋で普段買えないような本を購入した。
「はじめてのFedora Core 3」 SOFTBANK社
Linuxの勉強ということで、自宅の余ったPCにインストールするため買ってみた。
以前“Fedora Core 2”を同PCへインストールしてみてたのだが、あまり使い勝手というか、動作がとろかったのでお蔵入りしていた。
今回バージョンも代わったことで再度挑戦してみた。
ブラウザも“Firefox”に代わったせいか結構サクサク動くので、お蔵入りのPCも復活の兆し。
「HSPでつくる簡単3Dゲーム」 工学社
他に何かないかと物色していて、目に止まった本。
“HSP”というオリジナルの言語を使ってゲームを創ろうという内容で、パラパラとめくって面白そうなので買ってみた。
これをつかって、ゲームを創ってみようかな。ただし時間を見つけてはチョボチョボととりかかるんでどれだけ日数がかかるかわからないけど。
「監督不行届」 安野モモコ
朝日新聞で紹介されて、興味津々。読んでみたかったんですわ。で、この機会に買ってみました。(あたりまえだが、図書カードは漫画も買えるからね)
庵野監督は「DAICON Ⅳ」OPの東京の上映会でたびたび赤井さん(※)とか、武田・岡田さんたちと見かけたことがあるんでその容姿を知っているだけに笑えますな。

※:そんとき赤井さんからもらったサイン→

まだ、大分残金があるんで買い応えがあります〜。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

映画「閉ざされた森」

travolta原題「BASIC 」。
軍隊推理もの。主人公(ジョン・トラボルタ)が賢いんだかバカなんだかようわからん役です。<そこがねらいなんだけど
しかし原題と違って中身は複雑で実にややこしいです。見終わって風呂場に入って湯船につかりながら天井を観て、話を整理して考えていました。
豪雨の中の暗い森では、軍人の迷彩コスチュームで誰が誰だか見分けがつかねーよ。推理で肝心の名前と人物像が一致しなかったのよ。
といっても内容はなかなかひねっていて、及第点をあげましょう。






その他観た作品
『チャーリーと14人のキッズ』コメディの王道をいく筋書きですな。
なんか別にエディ・マーフィーでなくてもいいような気がする。
お子さんといっしょに家族で見る映画でしょう。
俺はあのトレッキーの人が好きだ。話が合うぞきっと。
『リーグ・オブ・レジェンド
時空を超えた戦い』
ショボイぞ特撮が。CGミエミエ。
話も対したことない。
観るの止めましょう。
ジョニー・イングリッシュイギリスのコメディーの方は好きですね。あのシニカルさ。今は亡きピータ・セラーズの出演作品は全て笑えるもんなぁ。
主演のローワン・アトキンソン(むしろMr.ビーンっていったほうがわかってもらえると思う。)が出ているのだから、笑えないわけがない。
笑わさせてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今とっても熱いマンガ「NANA」現象

nana先週は、仕事の〆切があって遅れていたため土日も会社に出勤。
何気に自分の実験室のTVに写っていた
 日本テレビ「@サプリッ!」という番組で、
 「ヒガシと学ぼう プリッ!プリッ!総研」というコーナーがあって、
 そこで今回は日本のマンガの特集をやっていた。

普通TV番組の1コーナーなんてーのは大体10分~15分程度なんだけれど、このコーナーは30分と結構長め。
その甲斐あってか、充実した内容でした。思わず録画ボタンを押して永久保存としてDVDに焼いてしまった。(職場でなんつーことを・・)

■マンガの年間売上数は13億8421万冊で、国民一人あたり10冊の購入にあたると。
■「ONE PIECE(ワンピース)」27巻は、初版だけで263万部を売り上げた。(=歴代最高記録)
  印税が10%だとすると¥410x10%x263万=1億越えですよ。
  これが27巻もあるということは・・・もう宝くじなんかばかばかしいか良くわかる。
■「NANA」12巻は初版だけで170万部(=これまた少女漫画では最高記録)

で、この「NANA」って言うマンガを後半で取り上げていて、現在すごい現象で盛り上がっていて、コンピアルバムは出るわ秋には映画になるわと報じられていました。

以前ブログでアメリカでも「ショージョマンガ」と外人が言うようになったように、新たに6月には「Shojo Beat」っていう雑誌が創刊され、それにこの「NANA」も連載されるとのこと。「NANA」は抑えておかねばね。

そういや今いっしょに働いている中国人も「ドラゴンボール」が好きだといってました。
マンガは日本の文化ですな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

働く女性の4割「借金」

debt古い話になってしまうけれど、2月末の朝日新聞で「働く女性の4割が『借金』という見出しの記事があった。
これは20~30代前半の働く女性を対象に、情報誌「ケイコとマナブ」が電子メールで行ったアンケートの結果。
買い物や携帯通話料金をクレジットカードで払った結果、その分の借金があるんだと。
だから、不足分をオークションやらチャットで稼ぐってわけか。(笑)

携帯なんて、俺なんか月3000円超えないんだけれどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイヤキヤイタ

taiyaki朝、朝食を買うために寄っているコンビニ
レジの脇にあるタイヤキを発見。
95円(税込)とな。
会社に電子レンジがあるので、買ってみました。
で、3時のおやつにチンして食べたところ・・うま~
結構売れ行きがあるらしく、次の日にはレジの脇にはありませんでした。

冬場はタイヤキが無性にうまいですわ。(はあと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【左右入換】プレイやん

任天堂携帯ゲーム機GBA SP/DSをマルチプレイヤーにするカートリッジ“プレイやん”の不具合(音声左右が逆)が見つかり、カートリッジの無償交換するサービスが始まって、この時ぞとばかりにあえて新規(Web Online販売のみ)で買ってみた
今朝届いて早速電源も入れずにバラし中身を観ました。(カートリッジを止めている3カ所のねじはYの字なので、特殊工具で)
play_yan
んで、肝心のヘッドフォン端子は左右をジャンパー線で入れ替えているだけでした。とほほ。
まだ新規に基盤を起こすまでには至っていないようです。
cross_phone

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ROBO-ONE (ロボー1)

ROBO_ONE自作ロボットたちが、8角形のリングの上でド突き合う格闘戦。それが“ROBO-ONE"。
その存在はネットで前から知っていたけれど静止画の写真がメイン。実際の動いている所はそのネットにあがっている小さな動画程度であった。
が最近、日テレで日曜夜8時〜「ワールドレコーズ!!」なる番組の1コーナー「ロボットバトル」で取り上げられ、実際の戦いっぷりを観た。

すごいねぇ。あれだけ機敏に動けるなんて。(しかも倒れない)
キットもネット市販されていて(13万)完成写真を観たら17個のサーボモータで構成されているのね。(左上図)
上記のTV番組で裾野が広がったな。その甲斐あってかサンライズ作品のロボットの版権が許可されて作って参加させてもよくなったし。

2月27日放映された佐藤江梨子操縦の「キューティーハニー」は良く出来ていたわ。
普通不格好なロボットを、あそこまでスタイルを保つのには苦労したんだろうなー。
何はともあれ、面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「20世紀少年」(18巻)

manjyohme17巻以後楽しみにしておりました。
「TSUTAYA」に寄ったら、2月28日発売ということで発売日に買ってきましたよ。18巻を。
次の日、通勤の車中で早速観てあっという間に読破、面白れーっ
そろそろ話も佳境かと思いきや、また謎が増えしまって・・・。
これからは万丈目がキーパーソンですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »