« 中国(北京)出張〜初め〜 | トップページ | 中国(北京)出張 ~北京から~ »

映画「ミスティック・リバー」

sean_penn本作品で、
  「ショーン・ペンがアカデミー主演男優賞」
  「ティム・ロビンスがアカデミー助演男優賞」
を取ったんで期待も大きいです。(監督:クリント・イーストウッド)
上記賞を取るぐらいだから役者的には非常に豪華でして、それぞれの気持ちの葛藤をうまく演技していて、受賞するのもわかりますね。が、作品的にはちょっとしこりが残りました。
インターネットの批評を観ると、市販DVD(2枚組)の2枚目のおまけディスクを観ると、このしこりもなくなるような書き込みもあるだけに、DVDでの鑑賞もありなのかな。

作品の感想ではないのですが、この映画でショーン・ペンがなぜかロバート・デニーロに見えてしまうことがしばしあって面白かったです。また幼なじみなのにティム・ロビンスだけがやけに老けていたので、そうとうアノ事件で悩んでいたんだなぁと。(笑)

|

« 中国(北京)出張〜初め〜 | トップページ | 中国(北京)出張 ~北京から~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ミスティック・リバー」:

« 中国(北京)出張〜初め〜 | トップページ | 中国(北京)出張 ~北京から~ »