« かじおっく その2 | トップページ | 森永「焼きプリン」 »

メタルギア1・2・3

metal_gearMSX時代から「メタルギア」をやっていたのでその面白さは知っていた。
会社の後輩から以前借りた「PS版メタルギア」をやったのをきっかけに、すかさず続けざまに「メタルギア2」(新品)を1680円、「メタルギア3」(中古)を2980円で購入して、先月のGWから暇を見つけては、ずーーーーーーっとやっていた。
いつものように時間が惜しいので攻略サイトをWeb上で見つけ出し、ボス戦は要所要所できっちりカタを付けて今月頭にようやっと終わったぁ〜。
この間、休日のときなんかは朝の5時までやってたから、窓が明るくってその後寝付けなかったり、結構生活リズムがおかしかったとです。>ヘロヘロ

このゲームに言える事だが、感想として「間に入るCGが長い」。とにかく長い。でも飛ばすと物語がよくわからなくなる。よく「ふ~っ。ようやっとこの戦闘が終わった。(ここでセーブしたし)ちょっと次の戦闘がどんなもんか確認してから寝ようっと」と思ってたら、お次はCGが延々始まっちゃって電源切るわけにも行かず、思った時間に寝れなかったことがしばしば・・・。(この気持ち、やったことがある人にしかわかんないだろうなぁ)
製作の小島監督は映画をゲームという形でなんとかして創ってやろうと思ったんでしょうね。「3」は特にその意識が強く感じます。
「3」はジャングル戦ということで今までのレーダ画面がないので、すぐに見つかって袋だたきだった。やっぱり建物の中での戦いがいいなぁ。

|

« かじおっく その2 | トップページ | 森永「焼きプリン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メタルギア1・2・3:

« かじおっく その2 | トップページ | 森永「焼きプリン」 »