« 映画「ロボッツ」 | トップページ | 映画「STARWARS エピソード3」 »

映画「CASSHERN」

casshern以前WOWOWでやっていたのをDVDレコにてようやく観た。
原作モノは、「原作に忠実」と「作者のアレンジしたもの」に分かれますが、この「キャシャーン」は後者でした。「完全悪」も片側から観たら「正義」なわけで、その辺の矛盾を問いだす作品ですね。
紀里谷(宇多田の旦那)さんが「監督・脚本・編集」と携わっていて、この人は作品を作るにあたっては完全主義なんだろうなと思いました。

2時間で物語を終わらせると言う制約があるので、序盤が緩やかに対して対決ムードが高まると急展開して行きます。個人的にはもっとアクションシーンが観たかったかなぁ。
展開が急なだけに、オリジナルヒューマンの村が描ききれていなかった(唐突に出てくる)展開は苦しいかな。
なので見終わっても「ふーん」って言うのが感想です。

本編では椎名林檎の曲がかかったり(中途半端にフェードアウト)、GLAYのメンバーとか脇で出ていた(特別出演?)りしてモブシーンでは脇の方に目が行ってしまったなぁ。



その他に「東京ゴッドファーザーズ」も観ました。
こっちの方は脚本がしっかりしていて、エピソードエピソードを前やら後ろにとリンクさせて、演劇を観ているようでした。
その辺は国内で賞をいろいろ取るだけのことはあるなと。絵も線が多いのに丁寧に動かしていたし。アニメーションの質は高かったです。
(エンドロールのスタッフたちにアジア人の名前を多くみました。彼らもずいぶんと腕が上がっているということですね。)

|

« 映画「ロボッツ」 | トップページ | 映画「STARWARS エピソード3」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「CASSHERN」:

« 映画「ロボッツ」 | トップページ | 映画「STARWARS エピソード3」 »