« 女性の喫煙は異性に敬遠 | トップページ | 検索ちゃん »

HSP3で3Dゲーム作る(その7)

前回の作品を会社の後輩にやらせてみた。
で感想を聞いてみると「やっていて酔う」と。これは「3D酔い」にかかった模様。

3D酔い」は3Dゲームの代表作、FPS(※)のゲームをやったときに“のめりこめるかどうか”の分かれ道になる生理現象ではないか。
つーことは、前回作ったゲームは「3Dゲーム」としてひとつの成功だと評価したいですな。

(※:First Person Shooter=一人称シューティング)

さて、前回リリースしたものは「爆弾」と「柱」をランダムで作っていた。
パターンが出来上がっていると、デバッグをしていて配置を覚えてしまい、やっていて飽きるのを避けるためである。

実はこの「ランダムでマップを作る方法」は実際に手を抜いた部分があって、「爆弾の周辺に柱が囲むように置かれたりする」可能性があり、そうなったら絶対爆弾回収が不可能になるときがある。
実際にその場面にも遭遇したこともある。 本来なら、そうならないように処理を組むんだけれど面倒くさいから行わなかった。(;´Д`)
そんな反省点もあって、次回作のためにまず手始めに「マップエディター」(右図参照)を作りました~。

これでて、今度のゲームの素材作りに貢献するであろう。
255個のキャラクターを32x32マスの中に自由に配置することができる。
これはBorlandC++で作った。

|

« 女性の喫煙は異性に敬遠 | トップページ | 検索ちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HSP3で3Dゲーム作る(その7):

» HSP3で3Dゲーム作る(その8) [じむの(とりあえず)やってみたの巻]
果たしてどこまで評価がいくのか楽しみ♪ 久々にこのネタ登場。 今年の頭にHSPと [続きを読む]

受信: 2006/08/14 21:35

« 女性の喫煙は異性に敬遠 | トップページ | 検索ちゃん »