« 電柱でござる | トップページ | Yahooでエヴァ特集 »

映画「ショーン・オブ・ザ・デッド」

ゾンビもののコメディー作品。もうおかしくって笑えました
ちゃんと伏線がいっぱい貼ってあって、オチもちゃんとあるし。
Mr.ビーンやらモンティーパイソンに代表される英国コメディーが好きならぜひ観てほしいですね。あとはシティーボーイズやらケラ作の演劇が好きな人もイケると思います。
Queen好きな人もいいかも。(っひひひ。)
とにかくDVDに撮って保存っていう感じではないんだけれど、いろいろな人に「おかしいよぉコレっ」と薦めたい作品。
■そのほか見た作品
シークレット・ウインドウ ジョニー・ディップ主演のスティーブン・キングの原作作品。
これだけスティーブン・キング原作の作品を見ていたりすると、最初の方で物語がわかってしまった。
期待していていただけに、がっかりでした。
オペラ座の怪人 だめだ、俺にはオペラが向いていない。
映画館でこの作品を観たら間違いなく寝れます。
Ray/レイ オペラと違ってこっちならOK。2時間30分の長い作品だけど、ダレることなく観れました。
2005年(第77回)アカデミー賞の音響賞・主演男優賞を受賞したのも納得がいきますね。
作品賞を採った「ミリオン・ダラー・ベイビー」よりこっちの方がいいと個人的に思った。
採れなかったのは、話の内容に「女」と「クスリ」が絡んでいたからかなぁ。
ミリオン・ダラー・ベイビー 北京出張の行き飛行機でラスト15分まで観ていたので、見落としていた大事な最後だけ観る事にした。
上でも書いたが、作品賞を採るほどの作品かといえば、チト疑問。

|

« 電柱でござる | トップページ | Yahooでエヴァ特集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ショーン・オブ・ザ・デッド」:

« 電柱でござる | トップページ | Yahooでエヴァ特集 »