« 景品もW杯(ピエロハット) | トップページ | NHK教育 (萌え)スペイン語講座 »

ナンバーポータビリティーで移動する人たち考

週刊アスキー(6/13発行)の記事で
 11月に執行される携帯電話の「ナンバーポータビリティ」についてのアンケート結果が載っていた。
  • Q:ナンバーポータビリティで移行するならどのキャリアか
    au→DoCoMo 35.5%
    Vodafone→DoCoMo 23.7%
    DoCoMo→au 17.2%
    Vodafone→au 12.3%
    DoCoMo→Vodafone 6.5%
    au→Vodafone 4.8%
でもこの結果、どんな人を対象にしたアンケートか書いていない。
“DoCoMoの一人勝ち?”って一瞬思えるけれど、これは割合であって実際の数じゃないから、自分流に考えてみた。

2006年4月現在のシェア(契約数)比率で考えれば
DoCoMo 51,397,400(53%)
au+ツーカー 25,652,200(26%)
Vodafone 15,222,500(16%)
WILLCOM(PHS) 3,970,600(4%)
NTT DoCoMo(PHS) 7,34,600(1%)
ASTEL(PHS) 28,100(0%)
電気通信事業者協会で公表)
となっているので、二つの表から契約数比で考えると最初の表は_
au→DoCoMo 25,652,200x35.5% =9,106,531
Vodafone→DoCoMo 15,222,500x23.7% =3,607,733
DoCoMo→au 51,397,400x17.2% =8,840,353
Vodafone→au 15,222,500x12.3% =1,872,368
DoCoMo→Vodafone 51,397,400x 6.5% =3,340,831
au→Vodafone 25,652,200x 4.8% = 1,231,306
と面白い結果に化けるわけですよ。
各キャリア毎の“行って帰っての差”を計算してみれば純増人が出せるので
DoCoMo 対au +266178
対Vodafone +266902
計 +533,080
au 対DoCoMo -266178
対Vodafone +641062
計 +374,884
Vodafone 対DoCoMo -266902
対au -641062
計 -907,964
となりました。
これでは、Vodafoneは苦戦ですかね。10月1日からSoftBankに社名も変わることですし、これによってのネームブランドがプラスと働くか、マイナスと働くか見ものですわ。
auはシェアの比率から言えばがんばっている感じがします。
うちは家族割引とか、長期割引(現在で183ヶ月利用中)ですごいのでいまさら移動することすら眼中にないです。

|

« 景品もW杯(ピエロハット) | トップページ | NHK教育 (萌え)スペイン語講座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナンバーポータビリティーで移動する人たち考:

« 景品もW杯(ピエロハット) | トップページ | NHK教育 (萌え)スペイン語講座 »