« 電気工事士 | トップページ | 暑いときには“氷結ボトル”(セブンイレブン) »

映画「ハウルの動く城」

遅ればせながらDVDレコで撮っていたのを観ましたよ。
32%の視聴率。ジブリアニメは強いですよね~。

で、感想ですが「ソフィー(主人公の少女18歳)は賠償さんでよかったのだろうか?」です。
この作品で泣くシーンが2回あるのですが・・・うまくないです。わざとらしいというかそこだけ際立っちゃいました。
確かに18歳<->90歳の年齢を行き来するためにそれなりの声優さんつーか力量を問われたと思うのですが、どうしてもあの泣くシーンがなじめませんでした。

朝日新聞の投稿欄でも「声優に俳優を使うのはどうかと・・」いう記事が載っていまして、名指しでは無いものの俺と似たような感想を受けた人もいたんだと思いましたね。
カルシファー(火:我修院)とか最後にしゃべるカブ(カカシ:大泉洋)なんかは最後のテロップが流れるまで気が付かないので全てを否定するつもりは無いのですが、これから公開される(既に“おすぎ”に散々コケにされている)「ゲド戦記」も俳優さんを多々起用しているだけに、どうなることでしょう。

|

« 電気工事士 | トップページ | 暑いときには“氷結ボトル”(セブンイレブン) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ハウルの動く城」:

» 『ハウルの動く城』 (宮崎駿)を見ました。 [ばくさんのかばんと旅ノート。]
「ハウルの動く城」を見ました。   実は映画館でではなくて、初公開した21日のテレビです。     自分も宮崎アニメは好きで、いままでの作品はだいたい見ています。   この映画については、他のブログを見ても、いままでの宮崎アニメと比べていろいろ賛否が... [続きを読む]

受信: 2006/07/28 22:32

« 電気工事士 | トップページ | 暑いときには“氷結ボトル”(セブンイレブン) »