« 棟上完了 | トップページ | 映画「ターミナル」 »

映画「サマータイムマシン・ブルース」

今回は集中的に邦画を観まくった。

「サマータイムマシン・ブルース」は期待を裏切らない面白さでした。
“時間モノには外れが無い”と自分では思っていて、今回もその思いが証明された形でした。

小物のこだわりはさすが本広克行監督ならでは。
レンタル屋で見かけたら、借りてみてはどうでしょうか。





■その他観た映画
亡国のイージススティーブン・セガールの「沈黙シリーズ」かと思うような内容。
邦画にしてはようがんばった方でした。
逆境ナインギャグなので、特にコメントなし。
リンダ リンダ リンダ女子高生バンド青春モノ。
題名どおりブルーハーツですよ。もうリアルタイムのストライクゾーンでしたからね~。横浜アリーナへコンサートにも行ったので思い出深いかな。
単純明快なストーリーはいいのだが、展開の間が長くてどうしても待てなくてスキップしながら観てました。

|

« 棟上完了 | トップページ | 映画「ターミナル」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「サマータイムマシン・ブルース」:

« 棟上完了 | トップページ | 映画「ターミナル」 »