« iPodのブレッドボード作成(シリアル通信させてみる) | トップページ | 【映画】エヴァンゲリヲン新劇場版:序 »

Felicaの落とし穴


夏ごろから調子が悪かったW52T。
スライドタイプの携帯で、閉じるときに電源が落ちることがあった。
頻度はそれほど高くなかったので、気が付いたらその都度電源ボタンを押して機動させていたのであるが、なんせ閉じたときにOFFになるので、待機の時の受信が行えないのは痛かった。
この問題が日増しに頻度が上がってきて、ココ最近はとうとう確実に落ちるようになった。(多分“カシャン”という開閉のショックでイッちゃうんだと思われる)
auショップに持っていっても店員を目のに確実に落ちることを実演説明できるので、早速auショップへ修理に出した。
修理は10日ぐらいで終えるとのことでそれまでの間の代用機がきた。>W51K
ほ~一応ワンセグが映るのね。
代用機への移行作業の際ここで面倒なことが発覚。
修理に出す前にFelicaサービス(nanaco)を使っていたため、nanacoの今までの蓄積ポイントを一旦サーバへ退避(移動)させて代替機に再度下ろしてこなければ代用機で引き続き利用できないんだと。
しゃーないけど、そうしないと修理に出せないので、サーバへ移動。
サーバへのアップ作業はデータの通信に数分を要した。

auの店員さんも言ってが「Felica利用のお財布サービスをいろいろ申し込んでいる人は、各々の会社のサーバへ退避させるので、相当の時間を要する」と。
確かに、本人確認が要らないFelicaだけに修理に手放して誰かに使われようものなら責任問題が発生するから、この作業意味がわからないことは無いんだけれど、便利な反面、こうゆうことはなかなか報道されないモンですなぁ。


【追記:後日談】1週間程度で修理から帰ってきました。買って半年。保障があるので修理費無料。そこまではいい。
早速nanacoを退避していたサーバから元の携帯に戻そうとすると、もうアプリが動かないので一旦消去して新しいnanacoアプリをダウンロードしなければならないんだと。(´・ω・`)
このアプリ、500KB弱あって、W定額な俺だと約200円そのためにパケット代がかかるわけだ。
これが定額ライトだと約300円、何も無しだと800円もパケット代がかかるのよ。
だから何社もお財布サービスを契約していたらその分の新ダウンロード代がかかるわけだからそれを考えると・・・
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
あ~怖い怖い。(真夏の怪談かっ

|

« iPodのブレッドボード作成(シリアル通信させてみる) | トップページ | 【映画】エヴァンゲリヲン新劇場版:序 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Felicaの落とし穴:

« iPodのブレッドボード作成(シリアル通信させてみる) | トップページ | 【映画】エヴァンゲリヲン新劇場版:序 »