« 俺もPandoraでPSPをダウングレードをしてみる(その3) | トップページ | iMacにUSB Bluetoothを取り付けた »

FWを書換えたPSPでQUAKEを遊んでみた

前回DSが「R4」で自由にソフトが起動できるようになったので、試しにネットに上がっていたDS版「QUAKE」という往年のFPSを動かして遊んでみた。

PSPもF/Wを書換えて自由にソフトが起動できるようになったので、同様にPSP版「QUAKE」で遊んでみる。

PSPのQUAKEである
  PSP_Quake_1_v_1.0.zip
ファイルをインターネットで検索。
ダウンロードして解凍すると、さらに4つのZIPファイルが生まれる。

  1. PSP_Quake1_HW_KM(ハードウエアレンダリング、カネールプラグイン:"JoySens"必要)
    →PSP/GAME150へ置く
  2. PSP_Quake1_HW_UM(ハードウエアレンダリング)
    →PSP/GAMEへ置く
  3. PSP_Quake1_SW_KM(ソフトウエアレンダリング、カネールプラグイン:"JoySens"必要)
    →PSP/GAME150へ置く
  4. PSP_Quake1_SW_UM(ソフトウエアレンダリング)
    →PSP/GAMEへ置く
それぞれ違いがあるものの、4つも同じソフトは必要ないのでこの内の「PSP_Quake1_HW_UM」を採用しメモリースティックの/PSP/GAMEフォルダーにコピーした。
これだけでは遊べなく、起動すると「"gfx.wad"ファイルがない」とおこられるので、ゲームデータとして「¥id1フォルダー」が必要なので、前回DSのQUAKEのときのものをコピーした。

(QUAKEのid1フォルダーはDS,PSPにとどまらずOSX、Windows等でもそのまま使い回せるので、ソフトの設計思想がいいね〜。)



XMBでの「メモリースティック」→「QUAKE for PSP」選択で起動


キーの設定も前回のDSのQUAKEと同じに自分の好みに設定
海外ゲームだと[X]ボタンが決定、[○]ボタンがキャンセル的な意味で設計されているので、遊んでいてボタンの押し間違いが多々ある。(;´Д`)しゃーないか

【総論】
DSとPSPとでFPSゲームをプレイしてみたが、共通して言えることはポータブルだとFPS特有の“リアル感”が感じられないので、ポータブルにはFPSは向いていないなぁ。

ま〜これで、DS/PSPともにインターネットで上がっているプログラムを自由に起動できるようになった

|

« 俺もPandoraでPSPをダウングレードをしてみる(その3) | トップページ | iMacにUSB Bluetoothを取り付けた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FWを書換えたPSPでQUAKEを遊んでみた:

» UMDドライブを剥ぎ取ったらPSPは動くのか? [じむの(とりあえず)やってみたの巻]
その昔人間の御先祖様には尻尾が生えていて、それが使わなくなって退化していき最後に [続きを読む]

受信: 2008/02/13 23:15

« 俺もPandoraでPSPをダウングレードをしてみる(その3) | トップページ | iMacにUSB Bluetoothを取り付けた »