« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

日清食品ビルで「FREEDOM」のビークル模型撮影してきた

平日に床屋に行くためにたまたま前を通った新宿の「日清食品ビル」
そこの1階の窓からアニメ『FREEDOM』(CMで放映中)に出てくるタケルが乗るビークルの1/1サイズのモックが飾ってあったのが見えた!
おおっメカだ。メカ。早速受け付けのお姉ーさんに写真の撮影許可をもらって、携帯でパシャリ・パシャリ。←俺ってミーハーだなぁ。w
(※携帯の写真なのであまり綺麗には映ってません。)
新宿の「日清食品ビル」
昔は“日清パワーステーション”というライブハウスが地下にあって、そこはキャパも小さく眼の前で唄ってくれて、日清だけあって(?)、飲み食いできる素敵な場所があったんだよなぁ。(今は閉鎖)
俺は「種ともこ」「忌野清志郎」はたまた「植木等」のライブへ行ったりしたなぁ。
「Tricycle Vehicle」(トライシクル ビークル)
サイズ:全長3,523x全幅2,486x全高1,259(m/m)
重量:345kg(地球重力下換算/2,090kg)
他人と同じビークルでは満足できないタケルが、廃棄さてれいたフレームに、規格外のサイズでビークルショップにあった真空下仕様の特殊エンジンを譲り受け、仲間の助けを借り組み上げたもの。
実はフレームもエンジンも現行型のビークルとは違い非常に珍しい。
ポテンシャルは高いが不安定で操縦は難しい。

(機体上の説明文より)

企業ビルの1Fなので当然打ち合わせをしている人も・・・


観光で平日(企業ビルなので週末はお休み)に新宿に寄った際は記念写真でもどうでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第1回オンナ試験

昨年の年末特番で「ロンドンハーツ3時間SP」で“第1回オンナ試験”というのがあった。

これは、20~40代の独身女性1000人に恋愛意識についていくつかの質問応答調査して、結果獲得票数の一番多いものを当てることでオンナ心の理解度が高いのは誰?と言う内容だった。
で、その質問と結果が以下のとおり
  • クリスマスに彼氏と一緒にいたい場所
    1位:257彼氏の家
    2位:162ディズニーランド
    3位:129自分の家
    4位:104イルミネーションが綺麗なところ
    5位:93高級ホテル
    6位:71ディズニーシー
    7位:66温泉
    8位:42お台場

  • 好きな男性のパーツは
    1位:257
    2位:169
    3位:160
    4位:117
    5位:65背中
    6位:55
    7位:39胸板
    8位:29二の腕

  • 彼氏との理想のスキンシップは?(4択)
    1位:401後ろから抱っこ
    2位:348頭をヨシヨシ
    3位:152腕枕
    4位:99キス

  • 結婚において相手に求めるモノは?
    1位:304経済力
    2位:182愛情
    3位:98安心感
    4位:84同じ価値観
    5位:66優しさ
    6位:59責任感
    7位:50家庭を大事にする
    8位:41将来設計

  • 男に思わずドキッとしてしまう瞬間は?(4択)
    1位:468真剣に仕事に取り組んでいる時
    2位:232車をバックしている時
    3位:179寝顔
    4位:137スポーツで汗をかいている時

  • 彼氏と初めて手をつなぐ時どれが理想?(4択)
    1位:470ノーマル
    2位:275貝殻つなぎ
    3位:172指2本
    4位:83手首

  • ファーストキスの理想のシチュエーションは?
    1位:329突然に引き寄せられて
    2位:135別れ際
    3位:98「目をつぶって」と言われ
    4位:90ギュッとされた後
    5位:70「キスしていい?」と聞かれて
    6位:68目と目が合った瞬間
    7位:42車の中で
    8位:31観覧車の中で

ま・どーでもいいような質問もあったり、同性でも「え〜っ」と納得のいかない答えもあるでしょう。
番組では参加していた男性芸能人(30名)で山根(アンガールズ)が7問中5問正解でトップでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピクサーの「WALL・E」のCGは好きっ

「マッハGoGoGo」のCGは自分的にウケがよくないけれど、ピクサー社の次回作「WALL・E」のCGは良いね〜。 これは日本で公開したら、映画館へ足を運んで見に行かねば

メカですよ。メカ。
「ショートサーキット」のジョニーを臭わせるキャラですが、実写でない分より人間臭く演出ができますね。
これも、2次産業としておもちゃが出るな。w

| | コメント (0) | トラックバック (2)

実写版「マッハGoGoGo」のCGがぁぁぁ嫌っ

今年早々日本では「ヤッターマン」のアニメが始まり、同作品の実写版映画も公開とタツノコプロの注目度が上がって来ましたが、個人的にはこのハリウッド製作の「マッハGoGoGo」の実写版に目が止まりましたよ。
特にキャストががんばってい似させているなぁと感心しきり。(剛のおとっつぁんしかり、ガキんちょのくりおとかチンパンジーの三平も)
元々向こうでも「SpeedRacer」として放映していたこともあってそこそこはお客が入るのでは?
しかーし、CGの使い方が「SpyKids」みたいなおもちゃっぽくて嫌だなぁ。やっぱ子供向けなのか???
あとは映画のキャラでレースゲームとかに展開しようとする魂胆がミエミエだな。
映画館へ足を運ぶか悩むなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

急激アップなアクセス件数


ブログの解析をたまにしてみる。
このブログは毎日のアクセス件数が大体平均200件ぐらいのものであるが、先週過去最大アクセス件数を記録したのであった。
うほ〜っ。こんなブログに500件でもすごいと思っているのに705件は我ながら驚いたわ。

今年に入って(正月休みを利用して)いろいろブログを更新してきたネタ()たちがかなり検索でヒットしたようだ。
訪問者がさほど多くないところを観ると、1人の人がアレコレクリックしているということだな。
さっと入ってさっと出て行く牛丼屋でなく、入っていくつか作品(ネタ)を見て帰っていくって言うことを示してくれているということかもね。

つーことはかなり皆さんパンドラネタに興味があるようですね。w

※ “パンドラ・バッテリー”は実際に秋葉原にて赤い色して「TOOL」と書かれた物が7000円~8000円で売っているけれど、それを買ってやっても面白くないからなー。

ま。今後も「(とりあえず)やってみた」なブログを目指してます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

カメラマン?! 68%


年明けて彼女を誘って、明治神宮(原宿)へ初詣。
原宿と言えば、前々から行ってみたかったところが「KDDI デザイン スタジオ」のビル。
発売前のau最新携帯らが一同に陳列されているビルですよ。
何つったって使っている携帯(=au)はIDOのころから数えて実に13年2ヶ月ものユーザですからね。興味津々だったのよ。
なので寄ってみた。

寒さしみる雨降る中、携帯(au W52T)にて撮影
ビルの中は、雨のせいか?閑散としてまして、動き回るには良い感じ。(混んでるのが嫌いなので)
中でのイベントで「顔ちぇき」みたいなのをやっていた。
これは自分の顔をデジカメでスキャンして、原宿で働く人の顔と照合してなんの職業(業界人)の傾向があるかという試み。面白そうなのでトライしてみた。

顔の照合結果はauだけあって、携帯にメールを送信してくれるのであった。
そしたら、カメラマンだった。

診断結果は下記の通り。
適合職業:カメラマン
適合率:68 %
あなたの顔はカメラマン!だからアイドルとも臆せずしゃべれるかもね…レンズ越しなら。意外とシャイってこと?

[カメラマン平均顔について]
カメラのレンズに隠れてなかなか顔自体は見る機会がないものだが、やはり職人としての面とアーティストとしての2面があるため、穏やかそうだが、口元に意志の強さが出ている。
==========================
KDDI DESIGNING STUDIO


はははカメラ小僧じゃないんだけれどなぁ~。w
確かにブログのネタに機器ばっかり被写体にアップ写真は撮っているけれど。w
68%っていうのもなんか中途半端な気がする・・・。(;´∀`)

同じカメラだけれど、ビデオカメラなら会社の先輩やら同期、親戚の結婚式の模様を取ったことは4組あるけれどなぁ。(あれって業者に頼むと15万もするんだと。高け~っ)
ちゃんと音楽入れて、テロップ付けたりと凝った編集して後日渡してあげてた。
これが結構好評でクライアント(御寮人たち)も納得。
そういった意味では当たっているのかも?!?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iMacにUSB Bluetoothを取り付けた

PowerBookを会社の先輩に譲ってもらって携帯からの写真をMacに取り込ませるには、Bluetooth通信を使って行っていた。
ワイヤレスってのは、何かと便利なので他のMacたちにも使いたくなった。
USBのBluetooth周辺機器も増えてきたがMacintosh対応を名うたっているのは少数。(´・ω・`)ショボーン
さらにOS X10.3に対応となるともうこれしかない。(OS X 10.4サポートだといくつかあるんだけどなぁ)
 →Pci社 「BT-MicroEDR2」
めちゃくちゃ小型で、値段も手ごろなので買ってみた。


iMacのキーボード脇のUSB差込口に差し込んでみる。
OS X 10.3でもすぐさまドライバー要らずで認識してくれるのはうれし~っ
早速、接続相手(携帯:W52T)を登録
W52T側もBluetooth起動しておいて、互いを認識すれば認識番号が発行されるのでそれを携帯に打ち込めば通信可能となる。
ペアリングができれば、後はもうちょちょいと携帯の写真をBluetooth経由でiMacへ転送~っ
以前買ったSONYのBluetoothマウスももちろん、何も問題なくつながりました。(Webブラウザーのスクロールが楽♪)

せっかくBluetoothを増設したので、Appleから出ているWirelessKeybordなんかも試してみたいと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FWを書換えたPSPでQUAKEを遊んでみた

前回DSが「R4」で自由にソフトが起動できるようになったので、試しにネットに上がっていたDS版「QUAKE」という往年のFPSを動かして遊んでみた。

PSPもF/Wを書換えて自由にソフトが起動できるようになったので、同様にPSP版「QUAKE」で遊んでみる。

PSPのQUAKEである
  PSP_Quake_1_v_1.0.zip
ファイルをインターネットで検索。
ダウンロードして解凍すると、さらに4つのZIPファイルが生まれる。

  1. PSP_Quake1_HW_KM(ハードウエアレンダリング、カネールプラグイン:"JoySens"必要)
    →PSP/GAME150へ置く
  2. PSP_Quake1_HW_UM(ハードウエアレンダリング)
    →PSP/GAMEへ置く
  3. PSP_Quake1_SW_KM(ソフトウエアレンダリング、カネールプラグイン:"JoySens"必要)
    →PSP/GAME150へ置く
  4. PSP_Quake1_SW_UM(ソフトウエアレンダリング)
    →PSP/GAMEへ置く
それぞれ違いがあるものの、4つも同じソフトは必要ないのでこの内の「PSP_Quake1_HW_UM」を採用しメモリースティックの/PSP/GAMEフォルダーにコピーした。
これだけでは遊べなく、起動すると「"gfx.wad"ファイルがない」とおこられるので、ゲームデータとして「¥id1フォルダー」が必要なので、前回DSのQUAKEのときのものをコピーした。

(QUAKEのid1フォルダーはDS,PSPにとどまらずOSX、Windows等でもそのまま使い回せるので、ソフトの設計思想がいいね〜。)



XMBでの「メモリースティック」→「QUAKE for PSP」選択で起動


キーの設定も前回のDSのQUAKEと同じに自分の好みに設定
海外ゲームだと[X]ボタンが決定、[○]ボタンがキャンセル的な意味で設計されているので、遊んでいてボタンの押し間違いが多々ある。(;´Д`)しゃーないか

【総論】
DSとPSPとでFPSゲームをプレイしてみたが、共通して言えることはポータブルだとFPS特有の“リアル感”が感じられないので、ポータブルにはFPSは向いていないなぁ。

ま〜これで、DS/PSPともにインターネットで上がっているプログラムを自由に起動できるようになった

| | コメント (0) | トラックバック (1)

俺もPandoraでPSPをダウングレードをしてみる(その3)

【初めに】
以後の文章は自分のやったことを書き留めておくためのもので、バッテリー分解・改造はとても危険なもの
なので以下の文章を指南と受け止めないで欲しいです
【実際にPSPのバッテリーをパンドラ化させてみる】
  1. 充電済みのバッテリーを分解しようとして、切り口を入れた時、白煙と変なにおいがバッテリからしてきたので (;@Д@) あわてて一旦やめた

  2. ゲームでバッテリーを使い切って、空にして、使い物にならなくしてから改めて分解。
    ケース・基板・リチューム電池に分けた。

  3. バッテリーとの接合部にワニ口クリップ線を付けて延長。
    キーボードの手垢落としで使ったスポンジ型クリーナーをリチュウムイオンバッテリーのサイズに切り取り、ダミーとして組み込んだ。
    これで仮組み立てバッテリー完成

  4. 空のリチュームイオンバッテリーでは後々起動できないので、何度も接続に間違いが無いことを(絶対にショート、±極性に気をつけて)確認してワニ口クリップを接続&充電をする。

  5. 充電し終わったら、ワニ口を外し、一旦リチュウムイオンバッテリーは端子部分にテープを貼って絶縁。絶対ショートしないように一旦保管。
    次に基板の改造に取り掛かる。
    仮組み立てバッテリーを再度バラし、基板上のE2PROMの4PINを浮かす。

    これでパンドラバッテリーができたのでまた組み立てる。

  6. パンドラバッテリー・マジックメモリースティックを組み込んだPSPに、端子部分のテープを気を付けて(絶対ショートさせない)剥がし、充電されたバッテリーを再びつなげる。
    つなげたと同時にPSPの電源が入り、メモリースティックへのアクセスランプがひかり、画面にメニューが表示された。つまり起動ができたわけだ。
    以後はメニューに沿って[X]ボタン押下でバージョン1.50へグレードダウンを試みる。

  7. 作業が終わったリチュウムイオンバッテリーは端子部分にテープを貼って絶縁
    絶対ショートしないようにした。(ココ大切!
【まとめ】
これで、バージョン3.50→1.50へダウングレードができた。

これからは任意のファイルが起動できることになる。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

俺もPandoraでPSPをダウングレードをしてみる(その2)

【マジック・メモリースティックを作る】
パンドラバッテリーを作る前に、起動時に読み込むプログラムを含んだメモリースティック(=マジック・メモリースティック)の作成に先に取り掛かることにする。

PSPはPCとのUSB接続でメモリースティックの読書きができるので、DSみたいにいちいちmicroSDを付けたり外したりしなくていいのは楽だなぁ。

インターネットで調べると、基本的には
  • 14362_pandora.zip(パンドラの基本ファーム集)
    1. パンドラバッテリーを作るファーム
      →「Pandra's Battery Creator
      俺の場合はハード(バッテリー内基板のE2PROM)を直接いじるので不要
    2. パンドラバッテリーで起動時にメモリースティックからデータを読み込むためのインストーラ
      →「Pandra's Battery Firm.installer
    等もろもろ
  • Firmware 1.50のEBOOT.PBP(DATAUP.PBPにリネームでルートに置く)

があればマジック・メモリースティックができる模様。
(実際の上記ファイルを使ってのマジック・メモリースティック作成の詳細は、いろんなサイトで解説されているのでここでは省略。)
早々に問題発生〜。
メモリースティックからのインストーラを作るファームを起動させるのにもPSPがバージョン1.50でなければ駄目じゃんかよぉ~(;´Д`)!!
1.50にしたいのに、1.50がなければ作れないのか????

・・・バッテリーのE2PROMにアクセスする(a)のファームと違って、(b)のインストーラのファームは単純にPCとメモリースティックだけの問題でしょ。
なんか回避方法があるはず・・・

つーことでインターネットで探したら、ありました!自動で作ってくれるソフトが。↓
  • Pandora_s_Jigstick___Magic_Memory_Card_Installer.exe
さっそくダウンロード。
よぉーし。これでPSPがバージョン1.50でなくてもインストーラがメモリースティックにできる!!
  1. を起動

  2. 「Next>」で続けて行き、ここで対象となるメモリースティックのドライブを指定する

  3. メモリースティックへの書き込みが開始→完了

  4. 3)で、msipl.bin”やら“kd”ができたので、これでようやっと“msinst.exe”が使えるっ。(゚∀゚)

よしよし。マジック・メモリースティックができた
あとは、パンドラバッテリーを作れば、マジック・メモリースティックを起動できるわ。
んじゃ、作るとするかな>つづく

| | コメント (0) | トラックバック (2)

俺もPandoraでPSPをダウングレードをしてみる(その1)

「R4」のDSもそうだが、ゲーム機で任意のファイルを起動できるようにするために世界中があの手この手を考えている。
PSPもそのターゲットになっていて、穴が見つかって勝手なアプリが出回るとSONYが必死になってバージョンアップと称して穴を潰していっている追いかけっこ状態。

それも昨年に「Pandora'sバッテリーの方法」が見つかって追いかけっこも収束を迎えた模様。

PSPのファームでバージョン1.50が任意のファイル実行をするのにおいしいバージョンらしい。
ジャンクで買ったPSPはあれからいろいろバージョンアップを繰り返し、(バージョンが高くないとゲームが遊べないのでアップせざるを得ない。)既にバージョン3.50
これだともう穴がふさがれたバージョンで任意のファイルが起動できない。
なのでこの「Pandra'sバッテリーの方法」を使って俺も3.50→1.50のバージョンダウンを試みる。

【Pandra'sバッテリーのしくみ】
PSPのバッテリーにはE2PROMが乗っかっていてPSPは起動時のそこのとある値をみてサービスモードに入る仕様になることが見つかって、それを利用してPSPを乗っ取ってやる手法。

左がが通常のE2PROMのダンプリスト、右がPandra'sバッテリーのダンプリスト。
アドレス:[0x0E],[0x0F],[0x12],[0x13]の4つが
"0xFF"の値に変わっているのがわかる。
この4箇所を何とかして0xFFに人為的に起こせればいいわけなのだが・・・。
んで、これのバッテリーを作るのにPSPがバージョン1.50になっている必要があるんだと?!。
(゚Д゚)ハァ? いやいやいやバージョン1.50にするのにこのバッテリーを作るのよ?!?!
これじゃ、卵が先か鶏が先かの世界じゃんか~ (;´Д`)アホか
インターネットで出回っている正当法だと、今の俺の環境では何もできないから、この際バッテリーをバラして、内のE2PROMの値を配線で変えてやろうかと考えた。
で、インターネットで情報を得ていたら、いや~世の中うまいことを考える人がいるもんだ・・・
  • 要はPSPがバッテリーのE2PROMへリードアクセスした時に0xFF(つまりオール1)が返ればいいんだろと。
    んなら、E2PROMを殺してしまえ。(E2PROMへリードアクセスすればなんでもかんでもオール1が返ってくる)
という方法が挙がっていた。
具体的には
 「E2PROMの5PIN(GND)を切ったり」
 「E2PROMの信号をショートさせたり」
する方法であった。

んでも、この方法は俺的にはスマートではないなぁ。
やっぱりデータバスはPullUPされているんだから、単純に4PIN(Data OUT)を上げておけばいいんじゃないの?!。
(さすればData OUTがオールHi状態になるんだし)

つーことで、この方法でPandora'sバッテリーを作ってみる。>つづく

| | コメント (0) | トラックバック (1)

中古iBookのキーボードの手垢除去してみた



最近は画面が付いて、場所をとらないノート型PC(or Mac)を中古でよく買うようにしている。
まだ買うんかいぃぃ(;´Д`))
中古PCなので前使用者の使用感を払拭するのは難しい。
普通お店でそんな古くささを取り除くために、適度に磨いてくれているくれているのだが、それでもお店が手間隙かけて磨くのさえアホくさいPCはなんかは放置状態なので汚い。
キーボードなんてポテチ食いながら打ったりしているだろうし、特に目立つかんね。

で特にノートPCであると、キーボードのキーを全部外して洗濯機でガラガラ洗うっていう荒業が使えないからなんらかしらの清掃方法を考えなきゃならない。
で単純にチマチマ1つ1つ磨いていくわけですよ。


「Jマート」で78円
で何を使ったかと言えば、100円ショップとかディスカウントショップで売っていた「スポンジ型クリーナ」です。

これをカッターで適当なサイコロのサイズに切ってピンセットで1つ1つキュキュと磨くわけです。
(水をちょいとつけて。ほんとにちょい。指でつぶしても水滴が出てこない程度の。なんせ電子機器に水は禁物なので。)

キー上の印刷を消さないように注意しながら磨きました。
(別に普段キーボードは見ないで打っているので消えてもいいのですけれどね。)

われながらほーんと地味な作業だわ。

90近いキーを磨いた結果きれいに。
ふぅ。これで満足。

一番上(磨く前)との比較がわかるかなぁ・・・。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

Mac miniクロックアップ(1.42GHz→1.58GHz)

年末アキバのSOFMAPで購入した「ワケありのMac mini」だけれど、なにがワケありだったのかといえば_
  • 電話端子の金線部分が1本曲がっている(右図参照)
というだけのもの。(こんな理由で383000円の品物に格下げされていた。)
こんなのピンセットで元に戻せるし、どうせ電話なんかつなげないし。俺にとって全然OKっしょ。
さらにこの日は週末SOFMAP会員だと3000円引きになるため、35300円ということでの衝動買いでした。(オークションならまだしも、現時点ではなかなか1.42GHzの品物はこの値段では店頭に並ばない)
インターネットでMac miniの割腹の仕方を見て、ドンキで「Y型皮スキ(※)」っていう工具を400円で購入。
(※:金属できた三味線のバチみたい。)
これをminiの底の隙間に突っ込んで爪を浮かし、てこの原理でフタを強制に取って、中が見えた。

【クロックアップ(1.42GHz→1.58GHz)】
元が1.42GHzで、PLLの設定の最大が1.58GHz。クロック増分は10%のUPになるので、ま~問題ないでしょう。(作業は抵抗ひとつ取るだけ)
ネットで多くの人がこの改造で問題なく動かしていえるようだし、作業開始~。

つーことで、見事1.58GHzに代わり、我が家で一番早いMacとなりました。(でも早くなった実感わかないなぁ。(;´∀`)10%Upだからね
気分を良くして、ついでにminiにはOSにLeopardを購入してインストールした。
Leopard、「ことえり」がようやくまともに変換してくれるようになったのでそこだけうれしい実感♪。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「R4」使ってDSでQUAKEを遊んでみた

「R4」での画像ファイルの再生は使い物になりそうに無いので、「R4」でのDSソフト(xxxx.NDS)プログラムの実行機能を試してみる
「QUAKE」」という往年のFPSゲームがDSで動くソフトとしてインターネットで公開されていたのでこれで試してみる。
【実行ファイルあつめ】
  1. インターネットで公開されていたDS動作の「QUAKE」実行ファイル。
      →quakeds_271007_r3.zip
    を解凍した・・・
      ・\data
      ・QuakeDS.nds
    のフォルダーとファイルを使う。
  2. んが上記ファイルだけでは動かず、他に“PAK0”つーファイルがいるらしい。
    これはDOS版の「QUAKE」(サンプル)を開発元のid社のサイトからダウンロード。
    で、わざわざPCへDOS窓を使ってインストールして、目的のファイル
       ・\ID1\PAK0
    のフォルダーごと抜き出す。
これらをmicroSDのルートにコピーした。
(※サイトには“「DLDI」つーファイルも使う”って書いてあったがなくても動いたので無視)
【始める前にゲーム設定】

DSを起動して、メニューから“QuakeDS.nds”にカーソルを合わせて[A]ボタンで実行。
すると、「QUAKE」が立ち上がりました。
ゲームを始める前に[START]でメニューを呼び出し、[OPTION]でいろいろと設定をする。
  1. キー設定
    「CUSTOMIZE CONTROLE」で[SELECT]押下。
    それぞれの意味をどのボタンに定義付けるか決める。
    それぞれの意味で[SELECT]押下、定義したいボタンを押せばそれが反映される。
    俺は・・・
    ATTACK[A]ボタン
    CHANGE WEAPON[X]ボタン
    JUMP/SWIM UP[B]ボタン
    LOOK UP[R]ボタン
    LOOK DOWN[L]ボタン
    ON-SCREEN KEYB[Y]ボタン
    辺りに定義をした。
  2. タッチキーパッド
    「GO TO CONSOLE」で[SELECT]押下すれば、タッチキーパッドが出る。
    (キー設定で[Y]でも出るようにはしているけど)

  3. 画面明るさ
    「BRIGHTNESS」を最大値にしてとにかく明るくした。
    (ただでさえ暗めのダンジョン、明るくしないとよく見えない(;´Д`))

  4. 設定保存
    「SAVE SETTING」押下でいままでの設定を保存。
【んでは遊びましょ~♪】
あとは、「NEW GAME」で遊ぶだけ。

これでxxxxx.NDSファイルがあれば、「R4」を使って無料でDS上でゲームができるわけだ。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年のご挨拶

せっかくプログラムを作ったから利用してみた。笑

新年のご挨拶。

いつもこのBlogを観てくださっている皆様、昨年度同様今年も相変わらず、ゲームやらPCやらの自分の興味のあることばっかり追ってみたいと思ってます。


あと、年賀状をくれた方々。
今必死で年賀状の返信を描いております。
当然1枚1枚画面いっぱいにマーカーを使って手描きイラストを描いたりしているので、ちょっと遅れますけれど許してちょ。





←せっかく表示ソフトを作ったので活用させてみた。笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »