« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

【PSPから】メモリースティックは、いらない子【排除】(その2)

SDカード miniSDカード microSDカードと対応する機種を購入する都度、買ってきた。
今じゃmicroSDカードが主流でSDカードを使う機器がない。(;_;)
(あまりにもバッテリーの持ちが悪いのでd-snapは売っぱらったし。)
そう、今ではSDカードは机の奥にひっそりとした存在になってしまって、非常にもったいない。
なんか生き返らせる方法はないかと模索していた最中・・・。
そう、これらブログネタはこれからやるSDカード搭載PSP』のための伏線でした。笑
SDカード・ソケットはメモリースティック・アダプタを購入時に秋葉原の秋月でついでに買っておいた。
これと「microSDカード <->メモリースティック変換チップ」をアダプターから取り出して接続する。
これで部品はそろった。♪
まず脳内で描いた回路は

ところがVccはINS信号を感知してから出てくるのをテスターで知ったのであえなく没。 代案として考えたのが_

こっちの方が単純。では制作にとりかかろ〜っと。
まずはPSPから、メモリースティックのバスを引っ張りだす。
本来なら3ステートのデータバッファーかませてメモリースティック、SDカードの両デバイスを切替えて使うのが理想なのだが、それだと「メモリースティックはいらない子」にならない(ほんとは対応するのが面倒)ので、単純に信号線を引っ張りだしてメモリースティックは(わざと)使えなくした。
これら信号線をあの変換アダプターの心臓チップに取り付けるのであった。

こんな感じで配線を行う。(仮組状態)
はたして、これで動くのだろうか>つづく

| | コメント (8) | トラックバック (2)

【PSPから】メモリースティックは、いらない子【排除】(その1)

前回(SONY独自の規格)UMDをPSPから排除した
今回は(SONY独自の規格)メモリースティックを排除する

秋葉原の「三月兎」にて“microSD→メモリースティックPRO DUO”変換アダプタを880円で購入。
これは、microSDカードをメモリースティックPRO DUOとして使えるようにするアダプターである。

お店では同じ容量だとメモリースティックよりmicroSDカードの方が安くて、その差は約1000円ぐらいあって、これだと変換アダプタとmicroSDカードの組み合わせでも十分こっちの方が安いのであった。w
このアダプターが1つあれば、microSDが2個、3個と数が増えれば差はますます広がるばかり〜♪
だいたいメディアの種類があれこれ増えてその都度買うのは嫌だもんね。
もちろん、両者を合体させてPSPにて動作確認するもOK!!!でした。

結論:メモリースティックは、いらない子

ついエンジニア魂が沸々と中身を見たがるので、確認後割腹してみた
うひゃ〜。先頭にちいせーマイコン(ゲートアレイ?)が乗ってる(写真参照)。こいつが両者のアクセスプロトコルの違いを吸収しているのかぁ。
しかもそれをこの薄さで実現するとは実にアッパレ!感動すら覚える。
良い仕事、してますなぁ。
この変換エンジンチップ、使えるぞ。・・・つづく
(ー_ー)ニヤリ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

メモリースティックのCARD DETECT

『HRS社のSDカード・ソケット』のWebカタログを見て思ったのだが、このソケットには「CARD DETECT」なる信号ピンが出ている。
これはSDカードが刺さったかどうかを把握できる信号線である。
片や、『ALPS社のメモリースティック・ソケット』にはそんな信号線が出ていなかった。
不思議に思ってメモリースティックのピンアサインを調べてみたら・・・
Pin6の「INS」信号線がCARD DETECTの役割を果たしていて、CPUがこの信号がVSSレベルになったらカードが差込まれたと認識すれば良いのね。
納得。
(その他:Pin2の「BS」はバス・ステート信号で、名の通りバス状態を表すのに使われている。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ココフラッシュの56位と84位

以前ブログの解析でアクセス数が著しく向上したとネタで書いたが、それ以後もアクセス解析は続けていて、最近変なリンク先から飛んでくるのがあるなと感じてた。
んで、そのリンク先を見てみたら・・・。
「ココフラッシュ」の月間ランキングつー所からでした。
その順位たるや・・・56位と84位。
確かにこのネタばっかりアクセス数が多いなぁとは薄々感じていたんだけど、これが月間ランキングに載るほどとは・・・わはははっ。
いや〜驚きましたわ。

こんなこと、滅多にないだろうから記念にブログネタにさせてもらいました。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リコール最高〜♪

ジャングばっかり買っているとたまに良いことに出会う。
半開きのCyberShot P5を直して使っていたのにも関わらず、HardOffにてまたジャンクでCyberShot P10を買っちまったぁ。w
P5の320万画素に対してP10は500万画素。こいつが3150円で売られていたらぁそりゃ手を出すでしょ。(ACアダプター、電池、ソフトケース付き)
ジャンクの内容は「CCDがおかしい。(電源入るが写らない)」というもの。
お金を払って持ち帰った。
そもそもこの機種はいったいどんな評判だったかを調査するために「価格.com」にアクセスしてみた。
するとCyberShotP10のとある投稿にリコール話が。
どうやらこの機種、CCDに不良品がまぎれていてリコールがかかっていることが判明!
おお〜っまさにジャンクの症状と同じじゃん。これは利用しない手はないでしょ。
早速秋葉原のサービスセンターに持ち込んでみた。
めずらしく、その場で修理してくれた。♪
もちろん、リコール修理なので (保証書なんてなくても)修理代は無料〜♪♪
メーカみずから修理してくれているので気分は新品ですな。
う〜ん、似たようなデジカメが2台になってどう使い分けていいか悩む。
PCなら何台増えてもその都度役割分担を決めれるが、デジカメはなぁ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

宮本浩次が唄う「翳(かげ)りゆく部屋」

2月15日放映の「僕らの音楽」でエレカシの宮本浩次氏が出た。
まー知っている人は知っていると思うが、彼に話(対談)をさせてはいけない。
頭をかきむしり始めて、話がグダグダになってしまうのだー。w
案の定対談相手の“芥川賞受賞小説家の川未映子”と実りのある話はなかった。www

その中でもやっぱ歌はよかった〜♪
特にTVでの本邦初となる荒井由美の「翳りゆく部屋」を唄ったのは最高
TVのナレーションでは「宮本氏が泣きたいときによく聴く歌」だそうだ。
もちろんユーミンの曲も宮本節での唄だと彼の唄になっちゃうのよ。
これがまたまた、俺の体に彼の唄声が染みるのよ。なんつーか男の声が男に響くって感じでね。
もうジ〜ンですよジ〜ン。
チャプター打って、何回も繰り返し聴いてしまったわ。
インターネットで調べたら、この間出たアルバムに収録されている訳か。なるほど。

【YouTubeにあった“宮本浩次の「翳りゆく部屋」”(音だけ)】
この音源よりTV(「僕らの音楽」)で唄ったバージョンの方が息づかいとかがストレートに伝わって好き。


【ついでに“椎名林檎の唄う「翳りゆく部屋」”(音だけ)】
唄う人が違うとこうも変わってくる。(それだけ個性があるってことね。)
ほーんと両曲とも甲乙付けがたい。本歌がいいからね。

さぁYouTubeでこの曲が気にいったら、カラオケ屋で唄ってみよう〜♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログ4周年アンケート当選

何やら見知らぬ封書が@Niftyから届く。中を開けると「ココログ・ストラップ」と「QUOカード500円分」と1枚の紙切れが。 紙切れには_
お客様各位
日頃はアット・ニフティのご利用誠にありがとうございます。
さて、この度はアット・ニフティの「ココログ4周年記念アンケート」にお応えいただき、ありがとうございます。
抽選の結果、お客様にQUOカード500円分が当たりましたので、送付させていただきます。
これまた当選通知だったとは・・・ただココログのアンケートに答えたことすら覚えていない。w
抽選で300名に当選ということなので、ウン今年は幸先いいかも。
12/2付けで4周年かぁ。
これからも5,6・・年と続けていただきたい。もちこのブログも続くんで。
追記:関係ないけれど“アンケート”って「フランス語」だったのね。英語だと“Questionnaire”だって。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

microSD→SDカードコネクタを調査してみた

携帯やらDSの「R4」で活躍中のmicroSDカード。
PCでデータのやり取りするときには、たまにSDカードサイズの変換コネクタに入れて使っている。
このコネクタ、よく観るとたんなるピッチ変換器だと思ったら、信号線が1つ足りないじゃん。
ふ~ん興味が出たのでバラしてみた。
ついでにインターネットでピンアサインを調べた。
すると写真でもわかると思うが、3番のGNDが端折られていた。(microSDへつながっていない)
残りは綺麗にピッチ変換されてmicroSDカードの方へストレートにつながっていた。
ま~2つあるから1個なくても平気だけどね。
1:DAT23
2:CMD
3:GND
4:VDD
5:CLK
6:GND
7:DAT10
8:DAT31
9:DAT42


【訂正:2010/10/25】Bitcraft さんからの指摘でピン配の記述ミスを訂正(ProdManualSDCardv1.9.pdf)にて確認。

ま・それだけなんですけど。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

UMDドライブを剥ぎ取ったらPSPは動くのか?

その昔人間の御先祖様には尻尾が生えていて、それが使わなくなって退化していき最後には消えてしまったと聞く。
そう「使わないものは、消えていく運命」なのだ。
(初代)ジャンクPSPに故障して動かないUMDドライブなんてモノを搭載していても、無駄に「消費電力」やら、「重量」を食っているわけで、まったく不要な存在。
FWの書換でメモリースティックで自由にソフトが動く今、動かないUMDを搭載していてもしょうがないじゃん。

つーことで「UMDドライブを剥ぎ取ったらPSPは動くのか?」を実験してみた。



バラすのはもう何回目だろう。
手際もよくなったわ。w

結論:UMDドライブがなくてもメモリースティックから任意のソフトを動かせることがわかった。

これにより、UMDドライブが動かなくなった(初代)ジャンクPSPはUMDドライブユニットを剥ぎ取った状態で活用していきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

続x2:ジャンクPSP(8000円)

ジャンクPSPはFWのダウングレードメモリースティックで自由にプログラムを動かすことができた
そのせいか直したUMDドライブがスネちゃったようで、久々に動かしてみたらまた動かなくなっていた。
指を突っ込んでスピンドルモータをグリグリすると、固い。
こりゃだめだな。寿命と判定〜。

そんななか、HardOffでまた8000円でジャンクPSPが売っていたので、2台目を購入~♪。
(パンドラバッテリーで1個バッテリーを壊してしまったので、代わりにアキバで980円の超怪しいバッテリーも購入しておいた。)
今回のジャンクもやはりUMDが動かないようだ。

まずはPSPに耳をあてて電源を入れ、機械の動作音を聞く。
動作音から、スピンドルモータは回っている。フィードモータも動いている。どうやらフォーカスが入らないようだ。
さて分解すっか。

PUとメカが見えるぐらいまでバラして、その動きを見てみる。
レーザが光って(直視は駄目)フィードモータでPUを内周にぶつけてフォーカスONと・・・あら・・・動くじゃん。(;´∀`)。
組み立てなおしてもちゃんと動くようになってしまって、いったい今までの状態って何だったのぉ??
ほーんとPSPはよーわからんわ。

このようにUMD不良で買った2台目のジャンクPSPが動作してしまったので、初代ジャンクPSPはこのままUMDを使わず(スピンドルモータがイカれたので)メモステで遊ばしてもらいます
さてさて2台目ジャンクPSPもダウングレードしよーっと。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

【映画】アメリカンギャングスター

ボタ雪降りしきる中、彼女を誘って六本木のシネコンで「アメリカンギャングスター」を観た。
大好きなリドリースコット監督つーことで、観たかったのでした。

事実に基づいてなのでCGバリバリのアクションシーンなぞなく、全裸の女性たちらも映るし、SEXシーンもあったりとアカデミー賞には程遠いけれど、まー(渋い)大人の映画ですわ。
2時間30分の上映時間は長いとインターネットでも評されていたけれども、個人的にはそんな長さを感じさせない展開だったかなぁ。すんなりと観れたと。

それは「アメリカンギャングスター」ってことでデンゼル・ワシントン扮する黒人麻薬王の方を取り上げがちだが、あれば「(実は)警察の方が本当は“アメリカンギャングスター”なんだよ。」って言わなきゃならないので、ヤクザな警察官たちを印象付ける(登場時間を多くかける)必要があるのよね。
それとラッセルクロウの法律の勉強シーンも必要だし、これらはオチの持って行きかたに不可欠なものばかりなので、シーンを切って放映時間を短くすることはできないはず。
コレが長いと感じたら「ロード・オブ・ザ・リング」なんて観れませんぜ。w

あと、最後の字幕スタッフスクロールの後にも1シーンありますんで席を立たないほうが良いですよ。

上映時間の関係でプレミアスクリーンでの視聴。
ゆったりリクライニングシートで贅沢な環境で観れたので満足でした~。


その他WOWOWで観た映画ら
スーパーマン リターンズこれこそ長い。
たいしたオチもないくせいに。
マイアミ・バイスメジャーな役者が出ていないので、映画としてみたら損をしている感じ。
TVシリーズどまりな内容ですな。
ソウ3ソウ4がDVDで出る中、ソウ3を観ると「もうええわ」って思います。
観ていても希望とかないもんなぁ。(絶望だけ)
X-MEN:ファイナル ディシジョンシリーズなのでコレだけ観てもわからないです。
最後の字幕テロップの後にも1シーンがあります。
コレを観る限りまだまだ続くのね。全然ファイナルじゃねーじゃん。w
ウルトラヴァイオレット CGの使い方が間違っている作品。飽きるのに上映時間1時間30分が持たないよ~。
全然おもろない。
イルマーレ以前書いたが、時間モノの作品にハズレはないと。
こじんまりでハッピーエンドなのでカップル・デート映画ですな。
16ブロック綺麗にまとまっていて秀作。
やっぱブルースウイルスは刑事役が似合うわ。
サイレントノイズなんかリングっぽいけども、コレと言って印象に残らない映画。
DOOM/ドゥーム(特別版)敵が出てくるまで引っ張りすぎ。
そりゃこの年の最低映画に選ばれるわけだ。
元になったゲームは面白いんだけれどなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リア・ディゾンって日本限定じゃなかったの?!

隣国の動画サイトでリア・ディゾンの動画があった。
アメリカではグラビア(かなりきわどい)セクシー路線で売っていたのは知っていたけれどまさか隣国の動画サイトでそれを見かけるとは・・・。
だって日本(限定)だけで人気があって他では無名だと思ったんだよなぁ。
この動画だって、6名のセクシー女性のうちのたんなる1人としてしか扱われていないんだし。(しかも後ろの方でちょろっと)
それが、今じゃわざわざタイトル名の冠に名前が付いて出回る始末。w
えらい出世ですな。

なんか日本の影響がインターネット経由で他国に伝わっているのを実感したわ。

ちなみに、リア・ディゾンはやっぱスタイルがよかった。w

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »