« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

PowerBookG4のゴム足を取り付けてみた。


裏のゴム足が無いと、外で使うときに裏の擦り傷が気になる。
先輩から3万円で譲ってもらったPowerBookG4は裏の四隅のゴム足が取れていた。

12x2個入りで490円。
こんなに要りません。(;´∀`)
新宿の東急ハンズへ行く機会があったので、こいつに合うゴム足(Φ5)を購入。

また使っているうちに取れちゃうんだろうなぁ。
手で取り付けると、手についたゴミで粘着力が弱くなりそうなのでピンセットで取り付けてみた。
一応下腹を擦ることがなくなったので、これで良しとする。
(もし取れてもまだまだ余剰分がいっぱいあるし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関心SIMロック解除治具

来月SoftBankから発売されるiPhone絡みでちょっとヤフオクの携帯電話コーナをネットサーフィンしていたら、面白い出品に出会った。

携帯のFlashROMを書換えないでSIMロックフリー化する治具である。
その方法たるや、うひょ〜っ(゚∀゚)ってな手口で感心しきり。

この治具、どうやら既存のSIMに貼付けて使うようだ。
そのとき、IC部分が出っ張って浮くのでSIMに切り欠きを入れてやるとかなり強引な手口。w いいな〜笑

写真から推理してみると_
『携帯電話起動時の“携帯電話がSIMのチェックを行うとき”に貼付けているICが何やら代わりに認証コードを吐き出し、チェックを突破する気がする。突破してしまえば、以後はこのSIMでの通話が可能となると。』
ってところかな。
そんな方法だからいろいろな機種に対応できるんだろうなぁ。(あくまで俺の推測)

auは認証チェックが厳しいので、対象機種は旧iPhoneやらDocomoとSoftBankの携帯電話。
(俺はauユーザなのでこの治具には無縁です。(゚∀゚))

さすが中国ですなぁ。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイクルポートを建ててみた

建てたと言っても自分ではなく、左官屋さんですけど。(;´∀`)

ボーナスが出たので、ちょっと大きめな買い物をしてみた。
家の物干は二階のベランダでしかないため、1階に住む親が「洗濯物を干す・取り込む」のにいちいち階段を使わなければならないため、1階にも物干が必要になっていた。
また、自転車が雨ざらしだったのでこれらを解決すべく「カーポート」ならぬ「サイクルポート」を建ててみることにした。
さて、問題はどうやって発注してみるか。

新聞のチラシで「家のリフォーム関係」のものをよく見るが、一瞬安く思えるも掲載価格は設置の人件費を除いたものであるため総額がいまいちよくわからない。
ネットでもあれこれ調べてみて、「トステム オンライン ショップ」つーのを見つけた。
ここだと、人件費を込む(簡易だけれど)見積もりが出てくる。
それに商品の取付け工事もトステムの施工スタッフが対応、取付け工事にもメーカー保証が付く“メーカー責任施工”が特長となっていた。
“施工スタッフ”っていっても俺んちの近くにいる孫請けぐらいの人になるんだろうけれど、保証が付くって言うんだから(こうゆうのに弱いねぇ(;´∀`))ここにしてみた。
    1)ネットで簡易見積→設置現場での正式見積もり依頼
    2)現場での正式見積もり→正式な見積もり金額と工事日が決定
    3)実際の工事
という手順だ。


見積もりと実際の設置には依頼主(つまり俺)が立ち会わなければならないため、(平日会社なもんで)必然と土曜日となる。
でも考えることは皆同じで、週末の土曜日は混んでいるのため「見積もりで2週間」、「設置の工事日に2週間」待たされた。
(この辺は新聞チラシの街のリフォーム業者の方が小回りが利く分いいかも。)

工事日当日、午前中に1台のバンで左官屋さんが1人やってきて、午前中だけで完成しちまった。

これから梅雨→台風シーズン。
下にあれば親も雨で洗濯物を畳み込むのも苦にならないはず。
満足することでしょう。

<<見積書>>

1.「カーブポートシグマⅢ ミニ 片側支持タイプ
 ・シャイングレー
 ・[熱線吸収タイプ]ブルースモークマット調
 ・1801mm
 ・2862mm (自転車5台)
 ・1800mm (標準柱)
 ・コンクリート・アスファルト

 ■オプション 収納式物干し 標準 (2本入り)
 価格:142,500円 × 数量:1 = 合計:142,500円

2.カーポート 現場対応工事
 価格:7,600円 × 数量:1 = 合計:7,600円

3.カーポート 残土処理費
 価格:15,100円 × 数量:1 = 合計:15,100円

4.ご利用レポートでお得なキャンペーン(※)
 価格:-10,000円 × 数量:1 = 合計:-10,000円

【お買上金額】
 商品金額合計:  155,200円
 注文金額合計:  155,200円

【お支払方法】 クレジット決済

※:15万を超える金額だと、キャンペーンとかで、「デジカメで完成前後の写真」と「ちょっとしたWebアンケートを答えて」1万円引きとなった。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

Wii Modチップ間違えた。(;´∀`)

北京土産は「PSPの透明ケース」の他に「Wii Modチップ(=D2Cpro)」を買っていたので、今週末取り付けてみることにする。

まずはWiiを割腹して、ドライブのICを見てみると・・・


「あ・・・D2Cじゃない・・・」
そう、ICのバージョンが「D2B」でした。(;´∀`)
買うときも中国の店員に「チップのバージョンは?」って聞かれて、(なんだかわからなかったから)答えに困って「比較的新しいヤツ」って曖昧に答えてしまったのが敗因。orz
つーことで、このModチップはジャンク箱行き。
ま・いいや。いつか日の目を見ることでしょう。(゚∀゚)



ではD2BバージョンのModチップとなると自作チップなのね。
今度はチップを作る計画を練らねば。
んでもテンションがそこまで上がらない今日この頃。
・・せっかく割腹したので、D2B用自作Modチップを乗せるための配線だけ先にしておきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

PSPの筐体を透明にしてみた。

北京土産に200元払って「PSP透明ケース」を買ったので、例のSDカード対応PSPの筐体として入れ替えてみた。

今から透明ケースに鞍替え。この透明ケース、「中関村」のお店を何十件も回ってようやく手に入れた(しかも在庫がこれだけ)代物。

途中経過
箱を開けると、筐体だけじゃなく正面のボタンたちも全て透明で別パーツとして付属していた。
よって組み立てるにあたって元の筐体からネジ類等の金属パーツをリサイクルすると組み立て上がる仕組みであった。
あとは2つ並べて順番よくバラして、もう一方の透明ケースへと移植していくだけ。

ふぅ。こんな感じで出来上がりました〜♪
透明だけに、裏面のUMDドライブを取っ払っているのがよくわかりますねぇ。(SDカードが見える)

しか〜し、中国クオリティ。ボタンの位置が若干ずれている模様。

なんせ強くボタンを押さないとキーが効かない!!!

あちゃ〜(;´Д`)

これではゲーム機としては向いていないので、この透明筐体PSPはこのまま“MP4ビューア”に成り下がりそう?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

財布が壊れたのでスヌーピ柄財布にしてみた。

4年ぐらい前の財布が劣化で(小銭入れの底の布部分が薄いため)穴が開き小銭が財布の中に入り込む状況になってしまった。
残念ながら、この財布には見切りをつけて新しい財布を買うことにした。
皮の財布しか眼中に無いため、新宿で床屋に行った帰りに東急ハンズにて代わりの財布を物色。(予算は1万)
数点まで絞り込んだが、どれも普通感があっていまいち。
もっと面白いのが良いな〜。
結局別の棚にあったスヌーピー柄(ウケを狙って)の財布にしてみた。(6195円税込)
絵柄がプリントでなく、まんべんなく押し当ててあるので面白いところが気に入った。 でも横にポケットが多いので、分厚くなってしまうのが難点。(;´∀`)
これも4年ぐらいもってもらいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【北京市の】中関村へ行ってきた【アキバ】

今回の北京出張のオフ計画では、観光として「鳥の巣」見学の他に「中関村」へ行くこともあった。
ここは北京市内のアキバと言われているところ。周りにはIT系の企業も立ち並ぶ地域なのであった。

お店が18:00で閉まってしまうということで、オフの時間を見計らって、R4を3個買ってくれたスタッフを道案内として連れ出し、急いで現地に直行。

アキバと違うのは_
  1)でかいビルが数個建っていてそこに小さい(※)お店がひしめいている。
    ※:各店舗は2畳〜4畳ぐらいの大きさ。
    デパ地下みたいなイメージ。これが各フロアーひしめき合ってる。
  2)店舗が小さいため、陳列の品物は少ない(値札も無しがほとんど)
    しかも各店舗がひしめき合っているので、陳列商品がカブりまくり
  3)どうやって買い物をするかと言えば、欲しい物を店員に言う。
    値段が折り合えば、店員は消えてどこからか商品を持ってくる。(あやしさ満点w)
  4)日本では陳列してある品物が全てだが向こうでは欲しい物を各店舗で聞きまくる。
    そのためおせっかいなヤツが多く。店に近づく物ならば何を買いにきたかやたら話しかけてくる。
    日本みたいにゆっくりウインドゥショッピングができない。(;´Д`)
似ている点は、女の数が少ない。w

欲しい物がゲーム系なものだったので、ゲームショップを巡り回った。
ゲームショップの店内はだいたいが店でゲームを遊んでいる。
が、服装がみな同じっぽいので誰が
  「定員」
  「お客」
  「常連のたむろ」
なのかが分からない。(;´∀`)

そんななか、スタッフとお店を回り自分のお土産に
  1)WillのMODチップ・・・100元(約1500円)
  2)PSP透明ケース・・・・200元(約3000円)
を買いました。
これらの工作記事記録はまたの機会に〜♪

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »