« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

iMacG5の熱対策をしてみた。(その3)

■iMacG5の背面板をつくる。(ファン取り付け編)
前回熱暴走iMacG5専用の「ファンの取り付け可能自作背面板」へ必要な穴を空けた
これに今回は実際にファンを取り付けてみる。
前回必要な穴はあけたので、仮組み立てしてみた。
ふむふむ。突貫で作った割にはいい感じ。(自己満足)
ファンの空気の流れの経路を「外の空気を本体中に送り込む」になるような回転にした。(自動車のラジエータの強制空冷みたいなもん?!)
そのため埃が中に入るのは必須なので、ファンに対してフィルターをかますことにした。
また、振動を押さえるためシリコンゴムを背面板と挟み込むように取り付けるようにもしてみた。
ファン電源は見た目を重視すると、やっぱり内部から取りたい
従来からある本体の電源ケーブルには傷を付けないようにしたかったので、別途eSATA の電源延長コードを購入。
そのコードを本体→HDDの接続の間にかませて、そこからファン用の電源をとることにした。
よし、これでファンの電源確保は成功〜♪

熱暴走対策ができた39000円ののiMacG5(2GHz)は実際に動かしてみても、ファンのおかげで熱暴走することなく快適に動くことを確認できた。

無駄に光るw(゚∀゚)〜♪
これで完成と思いきや・・・。iMacG5には足(床から浮かすため)が必要なのであった。
というのも、iMacG5の下部は「G5印のヒートシンクへの空気の吸入口部」があり、さらに「左右のスピーカー」もある。これを塞ぐわけにはいかない。

よって次回は特殊(自作)背面板用の足を作る。(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

iMacG5の熱対策をしてみた。(その2)

■iMacG5の背面板をつくる。(穴をあける編)
熱暴走のiMacG5対策として「ファンが取り付けられる背面を作る」アイデアが浮かんでも、どうやってやるかの方法を脳内で模索していた。(いかに短期間で仕上げるか)
iMacG5とにらめっこをして、ふと以前液晶モニタの転倒防止用に板を自作したネタを思い出した。
そっかアクリル板なら加工のノウハウもあるし、これでイケるんじゃねーの?!
つ〜ことで、東急ハンズでアクリル板を購入。背面板の作成に取りかかることにした。
買ってきたアクリル板をiMacG5の大きさにプラカッターで切る。
お次ぎに背面にある拡張ポートを外に出すための穴をプラカッターで切り抜いた。
各角をドリルで空けて、四隅の穴を定規で結び、プラカッターでけがいて最後はパキッを割る。
本来なら各ポート毎に細かく穴を空けるのだろうけれど、面倒くさいので一気に矩形の穴を1つ空けることでごまかすことにした。(;´∀`)
アクリル板の保護紙をはがして、iMacG5の上にに乗せてみた。

なんか標本箱のような感じ。爆

本来ならiMacG5本体の四隅はRが付いているので、それに合わせて背面板にもRを付けるといいんだろうけれど、面倒くさいのでこのままにする。w (透明色だからそんなに目立たないし)
この状態で電源コードを挿すための穴のアタリをつけ、ドリルとプラカッターで穴を空ける。
メインである背面板に取り付けるファンの位置合わせ
G5印のヒートシンクはもとより、まんべんなく空気が当たるようなファンの取り付け場所を探し出してメンディングテープで止め、油性サインペンで穴を空けるアタリを付ける。(こうゆうときに透明なのが役に立つ)
ファン(80cmx80cm)は黒い色のヤツでなく、(Macだけに)見た目の良さも考えてアクリル板に合わせてクリア色なヤツにした
その他にもいろいろ穴をあけて結局
  • 拡張ポート部分
  • 電源コード差し込み口
  • ファン
  • 空気排出口(上部)
  • 空気排出口(中部)
の5カ所に穴を空けた。
つぎはファンの取り付けといきまっしょい。(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ブログ、5年目突入

2004年9月にこのブログを書き始めて、19日で5年目に突入した
今までの4年間で記事数が500件なので、平均125件/年ですか。
実に3日に1件ネタを書いている計算となるのかぁ〜。
はぁ〜我ながら(あきれるほど)よく書いているなぁ。驚いた。w
特に今年に入って書いたネタたち等がどうやらいろいろな検索サイトに引っかかってくれているようで、1月1日の元旦こそ今までの平均アクセス数だったのに、それ以後あれよあれよと右肩上がり続けて、今では3倍近いのアクセス数になった。
(;´∀`)うひゃ〜
その結果、9月に入った今では毎日平均500件ぐらいのアクセス数になっている。(最高は800件/日)
個人的にはこれって異常な気がする。
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
自己満足なこんなブログでもずぅーーーと継続して書いていると、いろんなことが起きるもので、このブログを見て俺を気に入ってくれた人が、今は婚約者になったりして(*゚ー゚)、ま〜書き続けるもんですねぇ。w

まだまだブログネタはいっぱいあるので、これからも書き続きます。www
(つーか最近XBOX360で遊んでいるFPSゲームたちにハマって書く時間が取れなくなってきた(;´∀`)ヤバっ)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

iMacG5の熱対策をしてみた。(その1)

39000円で購入したジャンクiMacG5は、熱暴走が不安定要素であることはわかった。
なので、熱対策を考えてみる。
バラしてみてわかったことはiMacG5の空冷は主に2カ所あって、
  • “G5”と書かれたヒートシンクを底面から空気を取り入れて外に吐き出す部分
  • 中のこもった空気を上部から吐き出す部分
である。
このうち1.の空冷設計が問題だとわかった。
それはインターネットで同様な悩みを抱えている人が取っていた対策記事を見て確信した。

確かにG5のCPUは冷却にシビアなようで(;´Д`)、G5を使ったディスクトップ型Macintoshもかなり冷却に力を入れた設計になっていたもんね。
んで、以後AppleはIBM社の同CPUに見切りをつけ、MacintoshのCPUにはIntel社のものを採用して行くわけか。

インターネットで同様の悩みを抱えていた人の熱対策記事では底部のファンのカバーを外すもので、より多くの空気を流すことで対策を行ったみたいだった。
が、その策を俺も施してみたが改善が見られず。(;´Д`)

そこで、代替えとしてより多くの容量を送り込むためのファンを取り付けて実験をしてみた。
 →改善されず(;´Д`)

さらにプラ板でカバーを作り、送り風を外に洩れなくヒートシンクに流れるようにしてみた。
 →改善されず。。・゚・(ノД`)・゚・。
“G5”のヒートシンク部分に強制的に風を当てれば安定した動作になるのは分かっているだけに、歯がゆい状態。
そんな中、海外のサイトでiMacG5の背面にファンを取り付けている写真を発見。
しかし、これを真似しようとすると背面の金属の部分も切り取る加工作業が待っている。
さすがにそこまではしたくない。
つーことで、ファンを取り付けられる背面を作ることにした。w
>つづく

| | コメント (0) | トラックバック (1)

【ジャンク】熱暴走のiMacG5を買ってみた。【39000円】

秋葉原で買い物をしている途中、ジャンク屋さんによったら、iMacG5の値札に“50000円”と取り消し線があって、39000円に改訂されていた。
ほうほう。スペックを見ると、G5の2GHzとな。満足に動きさえすれば中古で10万ぐらいする品物。
値札の脇の注意書きには「セットアップ中に固まる」と書いてある。
なるほど。一応起動はするみたいだ。
店員さんに詳細を聞くと、工場でインストールしてみたら途中で泊まってしまったのでジャンク扱いにしたとのこと。
そのとき俺の欲望スイッチが入った〜♪(これは直せるな ( ̄ー ̄)ニヤリ)

いままでiMacG3,iMacG4と買ってきたので、当然G5も買わな手はないな。
それに箱も、キーボードもマウスも付属品もそろっていたので、13kgもするけれど持って帰りましたよ。(;´∀`)。
固まる原因は「熱暴走」なので、こもらないように筐体の後ろを外してインストールしてみた。
結果、やはり途中で固まる。
後ろを開けた状態で、クリップ扇風機を置いて、強制空冷させてみると最後までインストールすることができた
もう原因は「熱暴走」で決定!!!〜
扇風機を置いての使用は効率が悪いので、次回はiMac G5の冷却を考える

| | コメント (2) | トラックバック (1)

RD-S600を2台購入(3万円x2)


600GBのデジタルDVD/HDDレコーダが買える機会があって、しかも3万円ということでとっさに2台購入〜。 週末に無事届いた。

2台中1台は先日誕生日だった彼女へプレゼント。
彼女は今日までずーっとヘロヘロVHSで留守録
。・゚・(ノД`)・゚・。
していただけに、こいつでカルチャーショックをおこさせてやるわい。
( ̄ー ̄)ニヤリ

このセッティングを餌に彼女んちに遊び(ムフフ)に行ったら、部屋のADSLモデムの後ろにはLANコネクタが1台分しかつながらないじゃないの。(;´∀`)あちゃ〜
ネットにつなげないRDなんて、ありえへん。
これじゃRDの利用価値が半分に減ってしまうので、次回改造FONを持参して、APの設定にしてネットワーク環境を構築してやんね〜と。

届いてからこいつの評判を知るために価格.comで“RD-S600の口コミ”を見たら、最近は「S601(ダビング10対応)のバージョンアップソフトを強制的にS600に入れて、S601もどきに仕立る改造」で盛り上がっていた。
ん〜改造好きな俺でも、まだそこまではやる勇気がないなぁ。

【追記】別に「ダビング10」でなくてもVRタイトルの「コピー不可」が「コピー無限大」にできるソフトを入手したので、このままS600にしておこうと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »