« 「浦沢直樹読本」を買ってみた。 | トップページ | 株主になってみた。 »

押し入れをワードローブにしてみた。

彼女が我が家に住むためには、占有している俺の荷物を端に追いやる必要が出て来た。(;´д`)

広い家ではないので、アウターの服の行き場が・・。
着ない服は出来る限り捨てたのであるが、スーツやらタイ等は捨てられる訳無いので最小限の服を救済するため、押し入れを改造してワードローブにしてみた。
今回は、いつもの半田コテを大工道具に切換えての日曜大工モード
材料となる「ステンレスのパイプ(1.82m)」と「支え」をDIYショップに行って購入。(計2000円弱)
以前購入したパイプカッターで押し入れの幅のサイズにパイプをカットすれば、OK。
後は電動ドリルで適当な位置に押し入れに取り付けるだけ。


ほい。ワードローブ完成〜♪

|

« 「浦沢直樹読本」を買ってみた。 | トップページ | 株主になってみた。 »

コメント

mikaさん、書込みどーもです。

わかりますよ。1Rのマンションで一人暮らししていた時は突っ張り棒2本使って、ワードロープ代わりにしていていましたもの。

とある夜中、就寝中に“ドカッ!!”って音がして、布団から飛び上がって周りを見渡したとき、吊ってあった衣服が棒ごと床に散らばっていたときの落胆ときたら。

「明日仕事なんだよなぁ」と思いつつ夜中の3時頃衣類をまとめて突っ張り棒を張り直す惨めさったらありゃしない。

そのことを思えば、今は持ち家。
大家にビクつくことも無く、自由に穴があけられるので、もうそんな思いはしなくていいですからね。
楽です。

投稿: じむ | 2009/09/08 01:59

今回は大工さんモードですね。
ジャストサイズだと安心してかけられていいですね。
突っ張り式だとたまに落下して悲しい想いをします。

投稿: mika | 2009/09/07 08:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 押し入れをワードローブにしてみた。:

« 「浦沢直樹読本」を買ってみた。 | トップページ | 株主になってみた。 »