« 【ubuntu】DeSmuMEをインストールしてみた。 | トップページ | ちょっくら静岡まで車を買いに行ってきた。 »

「R4」で動くソフト作り(その1)【まずは習作】

devkitproDeSmuMEがインストールできたので、インターネットでサンプルプログラムやら資料をあさって「R4」で動くプログラムを勉強してみた。

会社で(仕事の)プログラム書いて、帰って来て家でもプログラムを書いているのは辛いねぇ〜。

グラフィック/スプライト/サウンド部分の勉強の末、それらをふまえた習作ができた。
[r4_test_program1.zip](できあがったndsファイル)
  1. 上下2画面でのスプライト表示(グラフィック)
  2. 音を鳴らす(サウンド)
  3. Vブランクの割り込みでフレームのカウント。
    数値を画面表示。
    キースキャンもここでやった。(割り込み)
  4. [B]キーでフレームのカウントのリセット(キー入力)
といった動作をするもの。

習作なのでこんなもんです。
液晶なので、スプライト表示が速いと残像がすごいねぇ。

ここから次に定番の「ブロック崩し」でも作ってみようと思う。

この前買ったジャンクDSで、「R4」経由で動いた♪
■以下、チラシの裏
  • DSは2画面独立している。この2画面を1画面として扱うならそれなりの処理が必要。
  • グラフィックモードとVRAMの定義を理解するのにちと苦労した。
  • pngからプログラムで扱えるスプライトデータの変換はgritというプログラムで行う。 これはMakefileをいじってビルド時にデータを作れば楽。
  • wavからプログラムで扱える音データの変換もMakefileのマクロで行うとビルド時に簡単にできるので楽。
  • DeSmuME上での動作では絵と音の同期がズレていて「負荷が重いかな?」と思っていたが、実機動作ではハードウエアがやってくれているので、そんな心配は払拭された。
  • スプライトの衝突判断はハードウエアの割り込みでもあればうれしいんだけれど、無いのでソフトウエアで座標の大小を用いた。

|

« 【ubuntu】DeSmuMEをインストールしてみた。 | トップページ | ちょっくら静岡まで車を買いに行ってきた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「R4」で動くソフト作り(その1)【まずは習作】:

« 【ubuntu】DeSmuMEをインストールしてみた。 | トップページ | ちょっくら静岡まで車を買いに行ってきた。 »