« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

FMVをメンテナンスしてみた。

親戚に頼まれたVAIOの修理を終えたのもつかの間、今度はFMV(NB55L)をお願いされた。
使っていると、電源が堕ちるらしい。
バッテリーが空なので、ACプラグの接触不良でストンと堕ちるとな。
確かにPCに挿したACプラグ、ちょっとぐらぐらしている。
面白そうなので引き受けた。ヽ(´▽`)/
さてさて。どれどれ?!…
むむむっ。家族全員(子供たち(小・中・高の3人))が使っていたということもあって、キーボードが食べ物等の汚れでいっぱい。( ̄◆ ̄;)

潔癖性ではないけれど、どうもこうゆうのを野放しには出来ない性格なのでまずはキーボードの清掃から。
接触不良になって、キーが利かなくなるかもしれませんからね。
キーをピンセットで(地道に)一つ一つ引っぱがして行く。
ふ〜〜っ。ど〜だ!全部引っぱがしてやった。w  キーは場所を忘れないように、同じ位置に並べておいた。


あとは掃除機と綿棒と濡れティッシュとピンセットでセコセコと清掃作業。
よし!これで見違えるようになったわい。 奇麗になったので、満足。
これでようやく、本題のACアダプタのコネクタ部分を拝見してみる。
なるほど。ちょっとぐらぐらしていたので、コテを当てて再度半田を付け直した。
これでいいかな。
このFMV、純正ACアダプタではなかった。
飼っている兎がコードをかじって駄目にしたそうで、代わりにエレコムの汎用ACアダプタにしたそうだ。
元はL型のプラグ部分だったのが、ストレート型に変わったことで、「てこの原理」で基板のACコネクタにより大きな力が加わってしまうじゃないの〜。(;´д`)

元に組み立て直して適度に使ってみて、以前のように電源が堕ちることが無くなったのを確認。
だがこのままだと、ACの接続部分に力が加わり続けていくのに変わりはないから再度現象が起きるだろうなぁ

なのでノートとはいえども、どこか決めた場所に固定設置してあちこち移動させない方がいいと思う。 (ACの接触部分になるべく負荷を与えないため。)
何はともあれ、メンテナンス終了〜。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

【Canon】1000万画素ジャンクデジカメ購入【A2000IS】

朝からストリームの名義変更でうろうろしていた日
忙しさで翻弄していたのにも関わらず、前を通り過ぎずにふと寄ったHardOFFで、よさげなジャンクのデジカメ発見。
やっぱりマメにチェックですよ。
既に500万画素のジャンクLUMIXがあったので俺的には満足だったが、フランスでの新婚旅行の際、奥さんが”(SONYのデジカメは電池のヘリが速いので)もっと性能がいいMYデジカメ欲しい”と言っていたのを思い出した。

このジャンクデジカメ、Canonの1000万画素で、顔センサーもついていて、箱・付属品も揃って3150円!!
肝心のジャンク理由は「レンズエラー」とな。
うきゃっ。 なんか面白そう~。即購入!
ストリームの名義変更を夕方には全て終えられたので、夜にはこいつをバラして中身を拝見。
ふむふむ。特に目立った違和感があるところが見当たらないぞ…。
あ〜っここか?!
レンズシャッターの真下のフレキシブルプリント基板のコネクタで「緑青」を噴いている。
精密コネクタなのでピッチが狭く、それ故にいくつかの端子をまたいで「緑青」が付いるぞ。
「緑青」をWikiで調べると、銅が酸化したか。
多分濡れた手でシャッターを押して、その水滴がシャッターの隙間を潜って中に入ってこうなったのかな?。

んで緑青の科学式でもわかるように銅成分が含まれているだけに伝導性があって、端子間の信号がショートして結果レンズエラーになったのかもね?
などと想像しつつ、ピンセットの先で丁寧にコネクタ間にこびりついている緑青を削り取る。
削り取られた緑青を濡れティッシュで丁寧に拭き取って、後は組み立てるだけ。
組み立て後の電源を入れる瞬間がいつもたまらんのぉ。
スイッチON~!。ピコッ♪
むふっ。動きました♪(v^ー゜)ヤッタネ!!
つ~ことでこれは当初の目的である嫁さんへプレゼント。
早速嫁はんは、このカメラを持って試し取りを兼ねて「イケメンのアイドルのイベント」に、追いかけ仲間と名古屋に旅行に行ってった。
旅行先での交流イベント後は名古屋名所巡りをして、名古屋城では歴女に混じって武将コスプレイヤーたちを撮ってきたんだと。( ̄◆ ̄;)
土産話と、撮って来た写真(右)を見せてもらったけれど、うまく取れているようだ。
つーことで、古くなったSONYのデジカメは売却決定〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中古PS3 17850円。これまたスルーした。

HardOFFによったら、中古PS3(40GB)が17850円で発見!。

また下がってきたのぉ。
でも使い道ないし。
なので、スルー決定! (_´Д`)ノ~~

| | コメント (2) | トラックバック (1)

第一生命株の端数がくる。

ひょんなことから、第一生命の株主になったこともあってか、毎日の株価が気になる今日この頃。
その第一生命から封書が着た。
第一生命から割当株式数の端数の振込の話。
売却価格が135,685円/株だったので、1株に満たない小数点以下の持ち株分は現金として口座に振り込んでくれたらしい。
お〜臨時収入ってわけだな。

さらに『給与所得以外の所得がない人は今回の株式の割当ておよび金銭のお受け取りにより確定申告が必要となることはありません。』と書いてあった。
ふぃ~っ。ただでさえ固定資産がアップしているのに、株でさらにアップされたらたまらん。Σ(゚д゚lll)アブナッ !

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【3年毎】固定資産見直し【大幅アップ】

税務署から封書が着た。
税務署から届くもので、いいものなんかないでしょ。( ̄Д ̄;;
案の定、3年ごとの固定資産の見直しが入っての変更通知。

新築の家は3年間家屋の税額が軽減してくれていたのが、3年経ったのでチャラに。(;ω;)
結果、今まで年間15万だったのが20万になっちまった~。
土地の方が今回下落してくれていたのがせめてもの救い。
毎年のベアアップが見込まれない昨今、痛いよなぁ。
もうどんどん節約するしかないよ。(;_;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

VAIO Type S(VGN-SZ81)のファンを診た。(その3)

代替えファンをヤフオクで手に入れたのもつかの間、バラしている最中にHDDフレキシブルプリント基板上の部品を大破。Σ( ̄ロ ̄lll)
またヤフオクでこの部品を探す日々に明け暮れていた。
そういや今週の週刊アスキー(「金井哲夫の“今週のトホロジ~”」)に、いいことが書いてあったっけ。
『技術は失敗をして学ぶことが大切だが、学校では失敗は減点の対象でしかない。
今は失敗を恐れて子供が萎縮してしまっている。』
と。
わかる。わかるよ~。
俺は今回の部品大破で学んだよ。あんな取付方法しているのもあるんだと。
そして、ついにヤフオクにて出品を発見。
これまたライバルがいないため、初値2800円で落札に成功。
Yahoo!かんたん決済で取引をすませ、待つこと4日。
アメリカからエアーメールで部品が届いた。w

送料400円でアメリカから品物が届くんだぁ…。
インターネット・オークションの奥の深さを感じたねぇ。
この出品者とお友達になっておけば、U.S.限定商品(いまならiPadとか)を(適当な手数料で)送ってくれるかも。

モノはたんなるHDDケーブルなので、特に凝った取り付けをするわけでもなく、すんなり全て組み立てて、修理完了~!
ドキドキしながら電源を投入。
ん???HDDブートで"file system fail."のメッセージが。
あ~大破した部品は「ハードディスク・プロテクトチップ」というものだったっけ。
勝手な推測だが、データを暗号化して記録してんじゃね〜の?
。 (=盗難防止用)
今回ケーブルを入れ替えたせいでチップが変わったので、HDDにかけてあった暗号が解けなくなったのかな?。
まぁHDDには起動確認としてubuntuが単純にインストールしていただけだったので、再度インストールすることで動作を確認した。
インストールしている最中、回っているファンからは異音がせず修理は問題ないことがわかった。。
ということで、今回のVAIOの修理はオールコンプリート!
(かかったお代は叔父さんからのお年玉つーことでロハにさせてもらいます。)

親戚のエンジニア叔父さんとして面目を保てた。(ほっ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

VAIO Type S(VGN-SZ81)のファンを診た。(その2)

親戚から修理依頼を頼まれたVAIO TypeS(VGN-SZ81)
轟音ファンはモータ回路基盤が剥がれ(?)ていて、ファンの回転に共鳴して震えていたのが原因かと思われる。
これを接着で直しても形状劣化でまた再現しそうなので、素直に取り替えようと思ってヤフオクをウオッチし続けた。
その末、とうとう見つけた。
SZ92Sのものとしての出品だが、掲載の1枚の写真からSZ81にも使えそうな雰囲気だったので、入札した。
ライバルがいなかったことから、初値の5000円で落札できた
Yahoo!かんたん決済でパッパと入金をすませて、すぐさま到着。
順調順調♪ さ~てと、取り付けるか。
パーツパーツをバラしていくと…。

  げげっ!!!━━Σ(゚д゚;)━━!!やっても〜た!。
HDDのところの“フレキシブルプリント基板(FPC)”の実装部品が取れてしまった
しかも部品側の半田面ごっそりもぎ取って。

取れたこの部品、見慣れないものだったのでインターネットで調べると「ハードディスク プロテクションチップ」と特殊なものらしい。
マザボとこの部品が、強力両面テープでくっついていたのかぁ。
きたねぇ~。
こんな組み立てパターン初めて。

ポロッと取れるブービートラップか…ま、確かにある意味 「ハードディスク プロテクションチップ」だわ。w
特殊部品なので、アキバで手に入れて取り付けられるわけないし…。
またヤフオクで、HDDフレキを探すしかねーや。
気を取り直して、ファンだけは取り付けておこう。
ファンは排熱フィンと表裏一体になっているので、CPU排熱フィンも外さなければならないのかぁ。 結構バラすのぉ。

入札時の読みどおり、ファンの形状は同じものであった。
後はバラした手順の逆を行って組み立て開始。
取り付けるときには熱伝導率の高いグリスをつけておいた。
よし。ここまではOK。

次回はよいよ完結篇

| | コメント (4) | トラックバック (1)

【AVIC-T20】カーナビの抑制を解除してみた。

パイオニアのカーナビ:AVIC-T20では走行時にワンセグが音声のみになる抑制があった。
そういや、このカーナビを買うときにイエローハットの店員が「いっしょに抑制解除クレイドルどうですか?」って勧めて来たっけ。
それは値段が4000円ぐらいしたのでパスをした。
するってーとクレイドルに工作をすれば、抑制解除できそうだ。( ̄▽ ̄)
このナビでは[接続状態表示]ー[車載状態]の項目があり、ここのON/OFFの値がミソのようだ。

このON/OFFは(車に取り付けるときに用いる)クレイドルの装着/脱着に連動して、それぞれON/OFFに切り替わる。
「クレイドルの装着」(=車載状態:ON)のときにナビ上のポイントが動くと、“走り出した”と感知し、自動的にワンセグを音声のみに変更する仕組みのようだ。

はは〜ん。それで市販の「解除クレイドル」は装着しても「車載状態:OFF」なるように工夫してあるのね。
2ちゃんねるでは「対策として右上をテープで絶縁すればOK」と書いてある。
んでも「右上」ってどこだぁ?
コネクタの凹側の右上?凸側の右上?(@Д@;
「右上」をヒントにクレイドルを分解して中の基板の信号線を追って行った。

結果「右上」てーのはカーナビ側のクレイドル接点(赤い部分)を絶縁すればよいというのが分かった。
また、この端子はカーナビ側でプルアップされていて車載状態OFFとなっており、クレイドルを装着するとその端子がGNDに落ちて、接続情報がOFF→ONになる仕組みであった。

なるほどテープで絶縁することでGNDに落とさせなくなるので、絶えず「接続情報:OFF」となりワンセグの視聴が可能となるわけね。
ポータブルなので、頻繁に脱着することを考えてテープで絶縁するのではなくスイッチを付けて任意にON/OFFできるように俺は改造してみた
まずは、基板でGNDに落としているジャンパーチップ部品(赤丸部分)を半田ごてで外して信号を浮かせた
浮いた場所にスイッチを付け、これでON/OFFさせるようにした。

クレイドルが(搭載状態)スイッチ付きとして完成〜♪
これで、走行中での抑制を解除することが出来た。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »