« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

“猫じゃらし”って利かんのん?

会社の駐輪場に野良猫が数匹住みついている。

ある朝、“猫じゃらし”を使ってからかってみた。

その結果は散々。(要QuickTime Player


ハァ…朝から(会社で)何やってんだか>俺 (;;;´Д`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【新幹線チケット購入】夏休みの旅行を計画してみた。

ようやっと仕事の段落がついて、今週末から夏休みとなった〜♪。

今年になってまだ奥さんの実家に帰っていないので、大イベントとして京都への帰宅となる。
9月に入っても西方面はまだ暑いんだろうなぁ。

まずは「えきねっと」で往復の新幹線チケットを抑えるために調査開始!
新幹線の特急代金は、日にちによって微妙に違うことがわかった。

8/29(日)5740円
8/30(月)5740円
8/31(火)5740円
9/01(水)5340円
9/02(木)5340円
9/03(金)5540円
9/04(土)5540円

こうみると特に8月中に帰る目的もないで、9月に決めた。
ネットから往復チケットをゲット。新幹線は700系にして、車内で無線LAN楽しむぞ〜。


つ〜ことで来週は久々の関西入り。
もちろん、関西でもPC持ち込んでのブログ更新をするぞ〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【海からの使者】のんちゃんのDVD購入

学生時代、自主アニメが好きで「ぴあ」に載っている上映会情報をチェックしてよく観に行っていた。
今ではインターネットがあるから、わざわざ足を運ばなくても観れるのでいい時代になったもんだ。( ̄▽ ̄)♪

そんなインターネットで公開されている自主アニメで有名なのは"のすふぇらとぅ"さんのGIFアニメ「のんちゃん」シリーズ。

その最新作がDVDで発売されると情報を得て、本日「中野ブロードウエイ」まで買いに行ってきた。

なかなかフルアニメなんてTVでもそう観れるもんじゃないので、線のジャギーが目立つものの大きな画面で観れたのはうれしかった。
音楽も効果音も7.1chで聴かせてもらいましたよ。

ただ欲を言えば、いままでのGIFアニメを全部DVDに収録して欲しかったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストリームから「PGM-FI警告灯」が出た。

車を運転しようとエンジンをかけると、パネルに見慣れないアイコンが表示された。
調べると「PGM-FI警告灯」
げ。( ̄○ ̄;)!故障か?!

次の日ホンダCarsに持って行って、エラーログを見てもらったら、「O2センサーの交換」と診断された。

エンジンの排気に対して2つのO2センサーがあって、その内の前身であるプライマリ側が今回の異常を検知し、警告灯がついたとのこと。
これが本当にO2の問題なら、両方のセンサーが異常を示す働くはず。
なるほど。
ということで「O2センサー」なるものを交換するとになった。
部品代19425円、工賃3780円で計23205円。
断るわけも無く、修理をお願いした。

何台も中古を乗り継いで来たが、この経験は初めて。
先月車検を通したときには特に問題が出なかったので、突然の出費だぁ…。(ρ_;)
さすがに12万km走っている車だなぁ。w
元々「減税補助金分」の金で買ったような車だから、しゃ〜ない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

PS3のドライブを診てみた。

後先考えずPS3のジャンク(ディスク認識せず)を購入
なぜそうなるのか興味津々だったので、原因追及でバラしてみた。
(一部のウオッチャーさん。お待たせしました。w)

PS3の分解順序は事前にYoutubeを観て頭の中にインプット。
そして実行に移した。
問題の光ドライブのピップアップ(以後PU)は赤、青2つのレーザと、2つのレンズを持つものであった。

電源を入れて動作を確認。
まずディスクローディングの後、PUは内周で
 「青レーザを光らせてフォーカス方向にレンズを4回上下する。」
を行ってそれっきりウンともスンともならない。

このフォーカッシングでレーザ光の反射が感知できたのであれば次の処理(そのディスクが何か)に行くのであろうが、ディスクからの反射が無い場合「ディスク無し」と判断し以後の処理を辞めてしまうように見受けられた
なので、結果“ディスク認識しない”と。

しかし青レーザ光はちゃんとレンズから出ていた。(注:レーザ光の直視はしていませんよ)
なぜ?
さすれば、レーザの出力が弱いと思われる。
前の持ち主はRPGか何かで延々ディスクを再生していたのではないのかな?
そのためレーザが劣化してしまったとか。
どこの青レーザを使っているのかしらないけれど、レーザが持つ“推奨動作環境条件”よりも“PS3の動作環境”の方が過酷だったのかもね。
レーザ出力を上げてみようかと、PU眺めていたがそれらしい可変抵抗が無い。
最近のレーザのドライブもデジタル制御でやる時代になったのかなぁ。

ま、ともかくPUのレーザをいじれない状況だと修理しようがない。
光ドライブの基板はユニークなIDを持っているとのことなので、まるまるドライブごと交換ではなく、ゴムダンパーで固定されているPUユニットの交換をすればいいんでね〜の。

あとはヤフオクで電源の落ちるPS3のジャンクからPUユニット(KEM-410ACA)を取り出しての合体技でイケけそうな気がする〜♪
(ネット通販だとこのユニット、7980円する。高け~)

ただ、ここまででもうお腹一杯感があって、これ以上PS3にお金をかけるのもなんだな〜と思う今日この頃であった。

【追記】ところがこの4年後、本PS3を再び動かすことになった。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

【ジャンクPS3】とうとう買ってしまった【7980円】

PS3のジャンクを何回か見ては値段の高ささに敬遠をしていたが、新宿のSOFMAPで40GBモノが7980円で売られているのに遭遇して、とうとう買ってしまった。
ジャンク理由は「ディスク読み込み不可」。本体のみで付属品は一切無い。

PS2のAVコードが使えるるので、まずはビデオ端子で起動してみた。

…ほほ〜起動はするのか。
次に、CD、DVDを入れてみた。
ディスクは吸い込むのだが、それ以上のことは起きない。
確かにドライブの故障であるようだ。

このPS3、いいことに分解除けシールがちゃんと付いていた
つまり、修理に出せば有料ながらもドライブが直る
その修理(ディスク読取/駆動ブロックの修理/交換)費たるや9800円とな。(PlayStation.comより)

つまり、本体+修理代=約18000円になるが、マトモなPS3が手に入るわけだ。
おいおい、それじゃ中古の値段になってしまうがな。
だったら、中古を買った方がいいじゃね

つーことで、なんでディスクを認識をしないのかを知るためにバラすことに決めた。♪

| | コメント (4) | トラックバック (1)

エヴァUT…その後。

土曜日に入っていたユニクロの新聞チラシに「エヴァUTの再販」のお知らせが。
前回大人買いしたエヴァTシャツは、読みどおり完売したようだ。
確かにこの前お盆で会った親戚の子供たちも着ていたくらいだもんなぁ。w

新色程度の再販モノなら買わね〜よ〜。ε-( ̄ヘ ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古いPCで地デジを映してみた。(後編)

(いろいろ回避できる)USB地デジチューナを購入したので、HDCPの古いPC(NEC Valuestar FS:Windows XP SP3)につないだ。
ネットで検索をして、
  DY-UD200のWikiやら、2chやら、実際にやった人のブログ
を観ながらインストール作業開始。(すでに大勢の人がやっているので、ドキュメントが豊富なので楽。)


  • 【DY-UD200のインストール後の改変】
    同梱されているCD(バージョン1.0.0.8)でインストール。
    途中で聞かれる製造番号は「Z10K081205455」と打ち込んでインストール完了。
    これでドライバー(バージョン1.0.0.8)が入った。

    お次ぎに「ch0037.zip」をネットから探して来て、
    解凍してできた「vista-1.0.0.7-down」フォルダー内の
    実行ファイル「DAWIN DTV firmware 1001(registry).exe」を、
    先ほどインストールした「DAWIN TV」フォルダーに放り込んで実行。
    インストールしたドライバーをダウングレードした。
    これで地デジチューナDY-UD200がいろいろの回避できるようになった

    また、同解凍にてできた「DY-UD200_w_WinUSB」フォルダー内の「install.exe」を実行。
    デバイスを「ISDB-T Digital TV Tuner DY-UD200 /w WinUSB2.1」と認識するようになった。

  • 視聴アプリインストール【TvTest】
    地デジチューナから選局・表示を行うアプリ。
    TvTest作者のWebサイトより
     TV表示アプリ「TVTest_0.7.3.zip」
     MPEG2デコーダ「MPVDecoderFilter.zip」
    ダウンロード。
    「MPVDecoder.zip」解凍後、/Nomalフォルダーにある"Mpeg2DecFilter.ax"ファイルを"Install.bat"と同じディレクトリに置いて、バッチ処理起動でレジスターへ登録された。

  • ドライバーとアプリの引っ付け役【BonDriver】
    DY-UD200とTvTestをつなぐドライバ。
    ネットいろいろ情報を集めていると、"BonDriver_dyud_v8.4.3.zip"の方がいいということがわかった。
    だが作者のWebサイトには"BonDriver_dyud_v8.4.4.zip"しかない。

    またまた、検索。
    その結果「com.uuuq.dyud200.7z」というファイルがBonDriver詰め合わせセットになっているということがわかり、探し出してダウンロード。
    解凍後、"BonDriver_dyud_8.4.3"から
      "BonDriver_dyud.dll",
      "BonDriver_dyud.dll.ini",
      "winscard.dll"
    を取り出して"TVTest.exe"のフォルダーへコピーした。


ふぅ。これで前準備は整った。

TVTestを起動させてチャンネルスキャンしてみた。
次々に各TV局を探し当てているぞ。♪

絵と音が出た!
これで非HDCP対応のPCで地デジを観ることに成功〜♪


残念ながらたまに絵がカクカクになるので、この辺はPCの処理能力の限界なのだろう。
この地デジPCは、ダイニングテーブルに置いて、食事時のTV観賞用PCとして末永く使って行こ〜っと。w

【追記】ヤフオクみたら、このNEC PCシリーズに地デジチューナー付けて大量に売っている人がいた…。( ̄Д ̄;;

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »