« ドアホンをズラしてみた。 | トップページ | ブログが7年目に突入 »

PowerBookProの電源コードを補強してみた。

親戚より「突然PowerBookProの電源が立ち上がらなくなった」という依頼があって診てみた。

電源を入れると一瞬入るが、HDD回転する辺りでシュン…って落ちてしまう。
なんか電流が引っ張れない感じなんだよなぁ。
コンデンサーがらみでのトラブルと思うけれど、開けて回路を眺めても、さすがにノートの基板はよ〜分からんわ。

このPowerBookPro、新品で買ったのにも関わらずアップルケアには加入していないということで、修理に出したら高額な修理代は覚悟ですなぁ。(Appleの高額商品を買った場合、Appleの商品品質だけにアップルケアに加入することをお勧めする)
さて、今回診るにあたってふと気になったのは「電源コードのちぎれ?」
よくやる対処法で「ビニールテープのグルグル巻き」になっていた。

がこれでは補強度が弱く切れ目にストレスがかかると、切れて最悪ショートして若干は動くPoweBookProに一気にトドメをさすことも考えられる。Σ(゚д゚;)

ここの弱さは有名なのか、YouTubeにも修理方法がいろいろアップされていた。
電源の筐体を割腹してコードを付け直すのがストレートなやり方だろうが、筐体の割腹にはガッチリ接着剤でくっ付いているので開けるのに手間がかかる。
ここは大人しくちぎれ目を無くして、境目をホットボンドで固めて補強をしておくことにする。
ふぅ〜。これでよし!ヽ(´▽`)/
で肝心の、本体の不具合に関しては素直にアップルに修理出した方がいいです。
白旗〜♪

|

« ドアホンをズラしてみた。 | トップページ | ブログが7年目に突入 »

コメント

kazutakaさんコメントどーもです。
ブログネタになっているので迷惑ではないのでご安心を~。

投稿: じむ | 2010/09/15 08:37

PowerBookPro・FMV・兎の総合管理者としてお詫び申し上げます。この数ヶ月の間に「ムリなお願い」をしてしまい深く反省しています。
お蔭様で、パソコントラブルも上手く回避でき息子の文化祭は、大成功だったようです。
 親戚にパソコンに精通している人が沢山いると有難いですね。私は、朝晩、犬の散歩に精進できます。

投稿: kazutaka | 2010/09/14 12:36

mikaさん書込みどーもです。

これは自然に抜けて来たタイプですね。
たしか以前直したFMVが、兎かなんかがカジったと言ってた気がします。(曖昧)

投稿: じむ | 2010/09/13 22:47

コードをちぎったのはペットでしょうか?

投稿: mika | 2010/09/13 18:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PowerBookProの電源コードを補強してみた。:

« ドアホンをズラしてみた。 | トップページ | ブログが7年目に突入 »