« 【XBOX360】Nand Flashデータを吸い出してみた。配線編 | トップページ | 【XBOX360】Nand Flashデータを吸い出してみた。ソフト編(その2) »

【XBOX360】Nand Flashデータを吸い出してみた。ソフト編(その1)

配線したXBOX360からネットのwiki情報等を見ながらNandFlashデータの吸い出し作業をしてみた。

  1. NandFlashデータを読み取るソフト("NandPro20d.rar")をダウンロードした。
  2. Windowsはポートの制御を許していないので、プリンタポートを制御するためにまず最初に解凍したファイルの中の"port95nt.exe"を実行した。
    これでポートを制御できるドライバーがインストールされるとな。
  3. さ〜て、DOS窓を開いていよいよnandpro.exeにてNandFlashの吸い出しを行ってみた。
    →">nandpro.exe lpt: -r16 nand1.bin [Enter]" (0x4200 [Byte/Block]で読込む)
  4. が、実行させると「DLPORTIO .SYSがない」とエラーになった。
  5. いろいろ工夫してport95nt.exeを実行しようにも、なぜか"DLPORTIO.SYS"ファイルがインストールできない。
    頭にきたので別途このファイルだけをネットで見つけてダウンロードして、"windows/system32/drivers"に放り込んでエラーを回避してやった。
    これで吸い出し作業が始められる。
  6. ところが、吸い出す途中でブロックエラーが発生

    あ〜れぇ?配線を間違えたか???(@Д@;
  7. バイナリーファイルで吸い出したファイルを観たら、それなりのデータであったので、配線に関しては問題ない模様。
  8. 吸い出したファイルをnand1.bin〜nand4.binと、4回吸い出してみた。
    いずれもブロックエラーの発生場所は一緒であった。
    どうやらこのブロック(4カ所)は確実に読めないらしい。
    実際読めないブロックは0xFFで埋まっていた。
    さらにこの問題のあるブロックは別ブロックにて代替え(ReMap)しているようだ。
      0x47→0x3FF
      0xF2→0x3FE
      0x1AB→0x3FD
      0x217→0x3FC
    このデータを補うようにしなければ
お次はネットに流れているNandFlashのイメージに、吸い出したデータの一部をマージさせて、新たなFlashイメージとして書き込む。>つづく

|

« 【XBOX360】Nand Flashデータを吸い出してみた。配線編 | トップページ | 【XBOX360】Nand Flashデータを吸い出してみた。ソフト編(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【XBOX360】Nand Flashデータを吸い出してみた。ソフト編(その1):

» 【XBOX360】Nand Flashデータを吸い出してみた。ソフト編(その2) [じむの(とりあえず)やってみたの巻]
自分のXBOX360はFlashの種類が16MB(0x0000〜0x03FF B [続きを読む]

受信: 2011/04/17 23:06

« 【XBOX360】Nand Flashデータを吸い出してみた。配線編 | トップページ | 【XBOX360】Nand Flashデータを吸い出してみた。ソフト編(その2) »