« 【アウトレット】地デジチューナー【2980円】 | トップページ | Galaxy Tabのスタンドを作ってみた。 »

ヒートガンで部品取りをしてみた。

電子工作をやっていて、部品代もバカにならない。

そこでいらない基板から「パーツ取り」をして、調達する事もある。
ただ、パーツ取りには「ハンダコテ」と「半田吸い取り線」でもガッチリ食いついて、なかなか取れない。
そこで以そそこで前買ったヒートガンが役立つ。

半田の乗っているところをチマチマ取り払うのではなく、部品もろもろ熱風で温めて半田を溶かす。
すると…スルッと取れる。
これでUSBの部品(コネクタ)を入手できた。♪

|

« 【アウトレット】地デジチューナー【2980円】 | トップページ | Galaxy Tabのスタンドを作ってみた。 »

コメント

Taさん書き込みどーもです。

あぶりすぎると、どこかしら溶けるにおいがしたりしますけれど、会社でもこんな感じでFlashROMの交換とかしたりしているので、なれてしまいました。w

お気遣いありがとうございます。

投稿: じむ | 2011/08/05 06:39

はじめまして

ハンダの鉛も、
沸点に達して無くても湯気の様なガスは出てる
と思うので;
釈迦に説法でしょうが、ご自愛下さいませ。

投稿: Ta | 2011/08/05 03:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヒートガンで部品取りをしてみた。:

« 【アウトレット】地デジチューナー【2980円】 | トップページ | Galaxy Tabのスタンドを作ってみた。 »