« 【液晶縦線】ジャンクIntel iMacを買ってみた。(その1) | トップページ | 【金曜ロードショー】天空の城ラピュタ祭りに参加してみた【バルス】 »

【液晶縦線】ジャンクIntel iMacを買ってみた。(その2)

ジャンクで購入したIntel iMacの液晶パネル=LM171W02の資料はネットにあがっていないようなので、直に配線を追ってみた。
30Pinのコネクタで、信号No.25〜27はEEPROMに繋がっていた。(EDIDを見るため。)
また所々繋がっていないところもあった。

同時期に発売されていた20インチのIntel iMacの液晶パネルは"LM201W01"ということがわかった。
運良くこいつの液晶パネルの資料PDFはネットにあがっていた。

まぁ同じ会社の液晶パネルで、似たような型番であれば信号線なんてそう変わらないものなので、”多分こう”って予測できる。
で、予測した結果下記の表になった。
【20インチの液晶を元に17インチ側ののコネクタを推測したピン配置表】
ネット販売で(高い金を払って)同等品を入手することは嫌なので、この表と実物から、
『17インチ、LVDS 6bit("Channel0〜2"だから)、 2ch(Odd/Evenだから)、2CCFL』
のスペックを持つ液晶パネルを(安価で)手に入れて、そのパネルの信号線に則した配線に組換えて、動ごかしゃいい。

そのためには、いろいろと実験しなきゃぁなぁ。
この当時のノートPCで、17インチのモノが各社から出されており、
 →東芝(G10,G20,WX等)、NEC(LW900等)、富士通(NX70,NX90等)、SONY(ARシリーズ)
この辺のパーツが応用できそうだとにらんだ。 ただ、ヤフオクで↑これらジャンクPCとして出品されたモノには、共通して全てに「縦線」の文字が…。

多分、これらは今回のIntel iMac同様LGの液晶を搭載したものだと思われる。
(この当時のLGの17インチ液晶は、不良品が多かったってことだろうなぁ。)

なので、もしもヤフオクでノートPCの液晶パネルが安く手に入れられたとしても、同様にLGの液晶パネルであるならば、数日後には「縦線」が現れる気がする

つーことでしばらくは、ヤフオクで手頃な液晶パネルをウオッチし、進展したらこのネタの続きを書く予定。>つづく

|

« 【液晶縦線】ジャンクIntel iMacを買ってみた。(その1) | トップページ | 【金曜ロードショー】天空の城ラピュタ祭りに参加してみた【バルス】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【液晶縦線】ジャンクIntel iMacを買ってみた。(その2):

» 【液晶縦線】ジャンクIntel iMacを買ってみた。(その3)【液晶】 [じむの(とりあえず)やってみたの巻]
縦線の出る液晶パネルの代替え品をヤフオクで探している間、もうちょい初代Intel [続きを読む]

受信: 2011/12/14 13:07

« 【液晶縦線】ジャンクIntel iMacを買ってみた。(その1) | トップページ | 【金曜ロードショー】天空の城ラピュタ祭りに参加してみた【バルス】 »