« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

【ヤフオク】米軍放出品ネットブックを買ってみた。(その1)

ヤフーオークションも面白いもので、いろんなものが出品されている。

沖縄県の人からの出品で、米軍放出品として東芝のネットブック(NB255)が出ていた。
そういや、インターネットが存在する前に沖縄に旅行に行ったとき、米軍放出品のお店もチラホラ覗いたりしたことを思い出した。

今や、ヤフオクで入手できる時代なのねぇ。
即決4000円という心意気のあるもので、ならばと4000円で落札。

OSもWindows7が入っており、外部映像出力を介して動作の確認はした。

問題は液晶割れ筐体の一部が欠けていて上半身は使い物にならない
いったいどのようにしたらこんな無惨な形になるんだ??
相当激しい落とし方をしたんだろうなぁ。

米軍放出品だけあって、購入した東芝のネットブックは米国版。
でも、国内のネットブックと似通った型であるので、国内パーツ品がうまくあてはまるはず。
国際的なPCメーカではパーツの代替が可能なので助かりますわ。

つーことで、同じようにヤフオクにて上半身を仕入れれば良いと。

国内品の東芝ネットブックの液晶で、たまたま同じような黒い筐体ものが出品されていたので、こりゃいいわと入札。

ライバルはいないようで、3772円で落札。
ショップの出品だったので5%消費税と送料ががかかって、なんだかんだでやっぱりこれも4000円ぐらいで入手。

上半身4000円、下半身4000円で品物はそろった。♪

後はバラして組み立てるだけだわ。>つづく


| | コメント (0) | トラックバック (1)

中古フィットの清掃をしてみた(その3)

これから夏に向けて、エアコンの稼働機会も多くなる。
特に車はそう。
犬が乗っていたとみられる中古フィットでも、これからエアコンを動かす機会が増えるので(現状動かしてみても、臭い等は気ならなかったのだが)コメントをくれたreaさんの助言もあって、エアー・フィルターぐらいは代えてみっかな

インターネットでフィット専用のエアコン・エアーフィルターを購入。(1733円+送料740円。相変わらず、送料は高いのぉ。
DENSO抗菌エアコンフィルター」ってやつ。
面白いことに、緑色をしている。
なんか、効きそう。w
フィットのエアーフィルターのありかはインターネットでしらべると、ダッシュボード裏と判明。
こりゃ楽だ〜♪
恐る恐るフィルターを取り出してみると、まぁまぁの汚れ具合だった。

カーマットの汚れ具合に比べていたら全然マシ。w

新しいエアー・フィルターを取り付ける。
向きがあるので、方向を合わせる。
後は元の場所に戻すだけ。
超簡単。

ちなみにこれをディラーに頼むと、5150円もふんだくられるからねぇ。


これで、エアコンを付けながら走ってみた。
元々問題なかったんだけれど、今回の交換で気持ち安心した。
なので、他に助言を受けていたシロッコファンの清掃やらエバポレータ洗浄は、定期検査の時に言われたらお願いするつもり。

reaさん、助言どーもでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Siri」と「しゃべってコンシェル」

会社では、外部に公開している講習会で有意義なものであれば申請して「出張扱い」で就業中に参加することが出来る。

んで今やっている仕事の兼ね合いもあって上司に頼んで、先日「スマート化が進むワイヤレスICT」っつーの講習会に参加してみた。
(※ICT:(Information and Communication Technology)情報・通信に関連する技術一般の総称である。従来ひんぱんに用いられてきた「IT」とほぼ同様の意味で用いられるもので、「IT」に替わる表現として日本でも定着しつつある。)

まぁ内容が内容だけに、その辺の業界な人が聴衆に来ていた。

本講習会、総務省やらトヨタ,Docomo,東芝などの各企業におけるワイヤレスに取り組む事業を、それぞれ中の人が説明してくれていて、なかでもDocomoの中の人の講習は“クラウドサービスについて”の内容が現行のサービスについて語ってくれたのでおもしろかった。
クラウドサービス「しゃべってコンシェル」について。
世間からは『iPhone「Siri」のパクリ』と揶揄されるのに困惑していると言っていた。
Docomoでも以前から研究開発はしていての発表で、“あんなの(Appleの発表後)2,3ヶ月で作り上げられるわけがない”と熱弁されていた。
と同時に、「しゃべってコンシェル」の良さをアピール。(その辺はDocomoの中の人。広報活動は忘れない。)
あるユーザが投稿していたYouTubeの動画↓を例にとって説明してくれた。

なぜ、こんなにSiriがアホなのかといえば、(サーバの)日本語の学習ができていないから。
音声認識エンジンなんぞは、いまや誰も研究していなくて、どんなエンジンでも似たような認識率を誇る。
問題はその後のサーバ側の「文章を解析する能力」次第なんだそうだ。

先日“NHKスペシャル”で放映していたスパコンの回で「IBMのワトソン」がクイズ番組で勝った裏には、ひきりにクイズ内容を学習していったから。
サーバ(IBMワトソン)は、音声で得た文章を,単語ごとに分割して、各語意を抽出。何を問うものかを推測する。で、答えを導く。
それについて開発スタッフが真偽を正していき、これをひたすら繰り返して学習し、精度を上げていった。
そんな努力を続ける必要があるので、Siriは(開発があっちということもあって)英語しかサーバ側のデータベースが充実していない
(独語、仏語のSiriも同様な理由でイマイチらしい)

やはり日本語には日本語の“味付け”が必要なのだそうだ。 だからSiriには「きゃりーぱみゅぱみゅ」がわからないんだと。w

あと、こんなことも話してくれた。
米国は車社会。車の中でiPhoneに話しかけて情報を得る。(密室での操作
だから、あのサービスが成り立つ。
日本ではそうはいかない。電車の中でいきなりしゃべる人がいるか?。
Docomoでは、そんな時のためにも文字入力欄も用意していると。

Siriは従来のインターネット検索を音声に置き換えただけで、一つの問いに対して一つの回答しかユーザは得られない。
「しゃべってコンシェル」では、言語による問い合わせの応答(Q&A方式)を繰り返すことで、ユーザが求めている(=生活支援サービス)解に近づくようにサーバ側のサービス・データベースを充実させ続けていくと言っていた。
もうスマフォらは(既に)単なる(映像・音声・ボタン・傾き・加速度・位置等の)センサーの塊でしかなく、そこから得られるデータはすべて逐次デジタル化されサーバ側に蓄積されていく。
後は、サーバ側がそれらデータをどうやってユーザの満足となるサービスの商売に結びつけていくかが各キャリアーに求められる技術ではないかと話していた。
ということで、Docomoでは(サーバ側の処理を使ったサービスとして)写真を保存するクラウドサービスを始めたいと言っていた。

なんか今回、すごい文字ばっかになったなぁ。Σ( ̄ロ ̄lll)やべぇ
Siri側もIOSのバージョン・アップと共に日本人のハートを突くようなサービスをお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中古フィットの清掃をしてみた(その2)

中古フィットの前後シートの清掃を終えて、お次ぎは「カーマット」。

どうやら、前の持ち主は犬を乗っけていたようで、もうカーマットどころか、床中に犬の毛が散乱していた。
キィーっ。これは、ちまちま清掃してもらちがあかない

思い切って、運転席、助手席をラチェットレンチで取り外して、見通しの良い状態で犬の毛の清掃に取りかかった。
この犬の毛、インターネットで清掃の方法を調べると、コロコロがいいらしい。
ま。そりゃそうだわな。

コロコロでも取れにくい部分は、ガムテーブで毛を剥がしとる。
なんか、毛深いヤツの脱毛している気分。w
ほほ〜っ。確かに効果を感じる。

何枚か毛を取っているうちに、運転席のカーマットが擦れていて、下地のゴムが見えてしまっているのに気づいた。
うむ〜っ。これはもう使えない。

せっかくカーマットを奇麗にしたのだが、しゃ〜ない。
新しく買うか
純正品でも1万以上するので、インターネットで安いところを探す。

でも地味な色ばかり。
どうせならばと、黄色のチェック柄にしてみた。
数日後、到着。

置いてみたら…なんかこう…。ちょっとイメージが違った。w

最後にフロアセレクターからサイドブレーキにかけてのパネルも取っ払い、犬の毛清掃。

これでようやっと犬の毛を追い払らえた〜。

これにて車内清掃終了。
生まれてこのかた、ペットは飼ったことはないけれど、今回の一件で飼う気は絶対起こらないわ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

中古フィットの清掃をしてみた(その1)

中古で購入したフィット。
さすが廃車にしただけあって、内装はほったらかし。かなり汚れていた。

まずは前後のシートの清掃

本来なら、スチームとかで汚れを落とすのに使うんだろうが、お財布のことを考えるとそこまで大げさにはできない。
その手のクリーニングサービスに頼むと4万ぐらい取られる。(lll゚Д゚)

イエローハットに行って、その手のケミカル用品を探す。
で、泡で清掃するクリーナーを見つけた。(1本598円)
1本じゃ足りないと思い、2本購入。

スプレーから泡が出て、布系の清掃を行う。
キャップの頭部には
ブラシが付いていて、それで泡をこすって汚れを落とす。
その後、絞ったウエスを使って、拭き取ると行った作業。

では作業開始!


シートにとどまらず、天井にも吹きかけて、キャップのブラシでゴシゴシと清掃。

うへ〜〜っ。
ブラシの汚れようったら…。

見えないようで、結構汚れていると実感した。

しかし、まだフィットの内装は汚れている部分があるのであった。(つづく)


| | コメント (0) | トラックバック (1)

ディズニー映画:"Wreck-It Ralph." を観に行くこと決めた。

Appleの映画予告編サイトで、新作映画をウオッチしていたらディズニー映画の"Wreck-It Ralph." に目が止まる。
ビデオゲームの“敵キャラ(ボスキャラ)たちの嘆き”がネタのようだ。
こりゃ〜ゲーマーとしては観に行かねば。w

キャラクターの著作権にうるさいディズニーのことだから、これって各ビデオゲーム制作会社にキャラクターの許可を取ったんだよなぁ。(えらい)


予告編だとNovemberだから、年末頃には日本でも観られるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車購入計画進行中(その2)

車庫証明申請後は3〜4日でできあがるので、次の週会社を休んで警察署に取りにいった。(手数料500円)
ふぃ〜これで書類はそろった。ヽ(´▽`)/

あとは再度市役所に行って仮ナンバーを借りる。(手数料750円)
フィットに取り付けて、一路車検場へ。
書類はやはり代書屋に持っていき、最終的な申請書類の作成を行った。(手数料3200円(内700は収入印紙代))
代書屋で言われた通りの順序で回る。


  1. 収入印紙(重量税)16400円支払う
  2. 作成した申請書類を提出。→車検証を発行してもらう
  3. 税金の窓口に行って自動車取得税、自動車税を支払う。(25800円)
  4. ナンバーを発行してもらう。(交付手数料1440円)

仮ナンバーを外して、もらったナンバーを取り付けて、封印をしてもらえれば完了!
後は、市役所で仮ナンバーを返して、保険屋に行ってそれまで乗っていたストリームからフィットに同条件で車種の切替え申請をした。

これで晴れて堂々と乗れる〜♪
ということで、トータルいくらかかったんだ??
えーっと(電卓で計算)170000円ぐらい。
ナンバーのない状態から新規登録なので2年分まるまる車検がある
なので1年あたり85000円って言ったところか。

単純に160万の新車を10年乗っても1年あたり16万円なので、やっぱり(中古といえども)ヤフオクを使ったこの買い方はやめられまへんなぁ。w

さて、これからはこのフィットの中身をいじらねば。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車購入計画進行中(その1)

9月が車検かと思いきや、思い込みで実は7月29日であった。
ヤバ。時間が迫っている。
車購入計画を前倒しせねば。
ヤフオクでの入札も力が入る。

いままでは「車検あり」の車ばかりを狙って入札をしていたのであるが、落札しても自動車税の月割りを請求されるのが気に入らなかった。
なので今回からは車検のない車に絞って、ヤフオクで予算内の入札を繰り返していた。
希望額で落札できないこと数ヶ月。ようやっと先週フィット
(2003年/グレード「W」/走行距離9300km/純正アルミホイール)
61000円にて落札に成功〜♪

出品者も西東京の人で、車で30分の場所。
車を取りにいくのには、やっぱり近い方が楽だもんね。

この出品者、21000円で「予備車検」も取り扱ってくれるということで、お願いした。
予備車検でも通らなければ、部品交換等で足が出る。 んでもこのフィット、搭載されていた整備手帳には昨年末にディーラにて車検を通していたのがわかった。
(ふ〜ん。半年で一時抹消にしたのね。)
なので、交換する消耗品もなく予備車検通過。

結局、61000(落札額)+21000(予備車検)+10450(リサイクル代)+25750(自賠責25ヶ月)
で、計118200円を現金で支払い、取引完了。
3日後、予備車検の書類と、自賠責が郵送で送られてきた。

奥さんにお願いして、市役所で自賠責と免許書で仮ナンバーを取得してもらった。(手数料750円)

週末、この仮ナンバーを持って、出品者の元へ現車のストリームで駆けつける。
仮ナンバーをフィットに取り付けて、フィットにて帰宅。

出品者宅に乗り付けたストリームは、廃車手続きはこちら側がやることで、話し合い成立。
そのまま無料で引き取ってもらうことにした。
ストリームからナンバーを外して、自分がそのまま陸運局で廃車手続き(一時抹消)をする。
おっと、廃車のため市役所で印鑑証明を取得。(手数料200円) 一時登録抹消の申請書は、面倒のないように陸運局の代書屋で作成した。(作成代1350円(内350円は印紙代)) (返ってきた書類は、出品者に郵便で送付。多分、出品者はまたこれを売ると思う。w)
これで完全にストリームと縁が切れた。ストリームよ。さよーなら〜。

廃車にしたので、その足で自賠責の保険屋で解約をお願いした。(月割りで残金分、1440円口座振り込みとして返金)
まだまだ作業は続く。
車庫証明を取るために警察に行く。
申請書はネットで落としていたし、駐車場所は自宅と、変わらないため前回の取得時に得た認可番号が使えるため、見取り図は省略できた。
手数料(2100円)を支払い、出来上がりを待つ。

ふ〜っ。今日はここまで。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »