« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

自作ゲーム筐体を見積もりしてみた。

前回のニコ動のゲーム筐体の自己アレンジしたヤツは、いったいいくらで出来るのか見積もってみた。


2x4の“SPF材”を使って、中の人も作っていた。
この角材、DIYショップに行くと「長さ1820mm」が248円で売られている。

前回作った3面図を構成している材木について、各角材の寸法をOpenOfficeの表計算に入れて、各々のセルに関数組込んで計算してみた。


■まずこの表から、
 「部品材料を隙間なく1列に並べると全長10724mmになる」
というのがわかった。
角材は1本1820mmなので、最低でも6本は必要であることが分かった。(10724÷1820≒6)

ただ、これは理想の値。

■実際の1820mmの角材から、なるべく無駄のない材料のの切り出し方には「どのような組み合わせの結果で何本取れるか?最小本数を割り出しなさい。」を考えなければならない。
なんか中学校の数学入試みたいな問題。

表計算を使って組み合わせを考えた結果、理想の6本に収めることができた。(角材1〜6)

1本248円で、角材の1回のカットにつき50円の手数料を取られると仮定すると、表から木材の総額は2538円となった

あとこれに釘代、32インチ液晶TV等が上乗せされる。
まぁどんぶり勘定で“材料費≒3000円弱”もあればあの筐体が作れることになる。

でもなぁ。
作りたいけれど、部屋が狭いからいままでのは脳内だけの話。( ´;ω;`)

う〜ん残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲーム筐体の自作を考えてみた

男性が一度は憧れることがある。
それは部屋にゲーム筐体を置くこと。
今だと、ゲーセンの払い下げ品がヤフオクで購入することができる。
液晶モニターだって安いので、ブラウン管と乗せ換えて…と夢は膨らんでいく。

ただ、ブラウン管なので筐体自体が重く、その輸送料が馬鹿にならない。
また、部屋に持ち込むのだって一苦労。
そもそもそんな広い部屋はないし。w

などと考えつつネットでいろいろ見ていたら、“筐体を自作する人”もチラホラいる。
液晶のゲーム筐体で有名なのが「Viewlix(ヴュウリックス)」。(Wikiにも載っている)

今回、ニコニコ動画にあるゲーム筐体自作動画に目が止まった。


本物のViewlixにはほど遠いかもしれないけれど、この動画を見ると、なんか作れそうな気がする。w
ただ、動画以外の詳細資料がない。

そこで同じようにCADソフト「AR_CAD」をダウンロードして、(試行錯誤で)なんとかこのソフトで図面が書けるようになった。
さて、自分なりに動画から図面を起こしてみっかな…。

…ふぅ。三面図なんてーのは、大学時代以来だのぉ。
当時はCADなんてなかったので、家庭用PCで描けるようになるなんて良い時代になったものだ。

ただまんま動画と同じようなものでなく、イスや足の部分は個人的には不要だと思いカット。
代わりに補強部分(赤色)を追加してみた。



中の人も2x4角材を使って組み立てている。
ちょっと見積もりを計算してみるかな。wつづいてみたりして。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

【HONDA】まかせチャオを申し込んでみた【CARS】

ガソリンスタンドでの洗車時にいろいろオイルの交換を勧められる。
また、最初の洗車時には車検証を見られ、それ以後車検が近づくたびにDMが届く。 イエローハット等でのタイヤ交換時でも同様に車検証を見せられて、以後DMが。
これらは鬱陶しい。
ストリームからフィットに変えたときに地元ディーラへそのことを伝えに行ったら、店内のチラシで「まかせチャオ」を発見。

これって次の車検までの定期点検と車検、その間のオイル交換をパック料金にしたヤツ。
いろいろなタイプがあるが、俺の場合3Sコースだな。
(3Sコースの)パック金額だと、通常より30000円お安くなるとのこと。
ほほ〜。
どっちにしろ、12ヶ月点検やら車検はディーラにお願いしているので、いいかなと。

面白そうなので、申し込んでみた。

これでスタンドのオイル交換攻撃から逃げられるわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またもや「ジャンクPSP」を買ってみた。

過去にジャンクPSPは買いまくって、もーいいやと思っていたのだが、新宿のソフマップにて、PSP-3000が5980円のところを2980円で売られていたので面白そうなので買ってみた。
ジャンク理由は“画面が表示しない”

まずは外目から物色。
分解の後はなかった。

あちゃーバッテリーは抜き取られていた。
ま・ジャンクだからこんなもんでしょう。
で、電源を入れて動かしてみると文字通り横線が…。
確かに液晶が壊れていた。

んじゃまずは分解。

分解時に液晶からガラスの破片がポロポロ落ちた。
あらら。液晶の下側が割れて崩れていた。

この場所は、下段のスイッチの裏側の部分。
PSP-3000みたいに薄い筐体は、なんらかしらで強い力がスイッチの部分から内側へ伝わり、耐えきれずに割れちゃったのでは?
と想像した。
んでも割れるって相当強い力だよなぁ。
落としたんかな。

画面はおかしいけれどキーを押すとカチカチと動作音がするので、画面以外は問題ないと見た。
さ〜て、これをどう直すかな。
  • 壊れた液晶を買って取換える。
    PSP-3000の液晶だと、2000円で買えるようだ。
    だけど、直ったからといっていまさらPSPが1台増えても面白くないよなぁ。
    欠品のバッテリーも買わないと外には持ち出せないし…これ以上お金をかけたくないので、この案は却下だな。
  • PSP3000は外部出力があるので、外観を取っ払ってボードだけを利用して据え置き機として使って行こうと決定〜♪。
ということで、ヤフオクにて新品AVコード(YCbCr出力)を落札。
460円+160円(送料)=620円也
2日でブツは届く。
さてさて動作チェック。
PSPを丸裸にしてマザボだけした。
おーポータブルだけにちっさい。
さてAVケーブルを取り付けて動作チェック!。

AVアンプに挿して、電源ON!……
お〜出た出た。

バージョンは6.30ね。

動くのは確認したので、今後、徐々に使いやすいように組み立てていこ〜っと。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

CEATEC2012へ行ってきた

会社の出張扱いで、今年も幕張メッセまでCEATEC2012を見学してきた。
以降(長々な)レポート。
■シャープ
会社が傾こうが“液晶のSHARP”を印象づける出展。

特に「IGZO」は32型で4Kの解像度を表示できるとはすばらしい。
業務用のPCモニターとして受け入れられそう。


他には太陽パネルがシースルーとなって、窓として設置できる技術をお披露目。
斜めになっていないので、効率はどうなるのかと疑問に思うけれど、面白い。

ただ、野球のボールが当たったら、損害は大きいだろうなぁ。
■東芝
4K第二世代のREGZAに人垣が。
これは「CEATEC AWARD 2012 プロダクツ&サービス部門グランプリ」を受賞していたようだ。
そりゃ人も集まるわ。


それ以外は「スマートヘルスケア」「スマートビル」等、「スマートxxxx」と銘打っていろいろ展示。
…なんでも付けりゃいいってもじゃないと思うが。
今年の流行語大賞か?!w
ただ、これらは一般の来場者にはなじみのないものだけに、この辺は素通り。
SDカード、microSDカードでのTransferJetのデモ。

2つのタブレットにはアプリケーションが起動していて、互いにTransJetのモジュールが搭載されている。
で、黄色いシールの部分を隣り合わせることで、左から右、右から左へとファイルの転送が行える。

カメラに無線機能が付いてきたのが売り出されて、同社でもSDカードに無線機能を付けた「FlashAir」が既にあるだけに、(設定は楽のようだが、近づけないと転送できない)この商品は売れるかな??
■Panasonic
「スマート家電」だそうで、唯一実際に商品を発表していた。

スマホでの調理なんてぇ〜のは、ユーザーを選ぶだろうなぁ。
う〜ん個人的にはこの手の商品企画には懐疑的。

ま。後はパナの宣伝のお手並み拝見といったところか。
■SONY
相変わらずヘッドマウントディスプレイに長蛇の列。
あれはそんなに魅力があるのか??

それよりかは10月12日発売予定のアクション カムコーダの方がよっぽど魅力的に映るけれどなぁ。
小さくて、防水だし、無線LAN積んでいるし。価格も3万程度ということだし。

■三菱
業務の展示ばっかり。LED照明に参入する模様。ハイ次。
■Pioneer
去年と何が違うのかわからない…。
大丈夫か?。ハイ次。
■日立
やる気無しの出展。ハイ次。
■富士通
「振り込め詐欺誘引通話の検出」に興味が行った。

通話状態の推定と話している内容でのキーワード検出で振り込め詐欺かを判断するというもの。

これでこそスマートフォン!。
是非実用化してもらいたいと思った。
■Docomo
MNPで苦戦中ですけど、スマホでこんな翻訳サービスがあれば、ユーザも留まってくれると思う。

■トヨタ・日産
EVがらみで出展なんでしょうけれど、ものがでかいから場所もガッツリ取っていた。
ほんとモーターショーに来ているのかと思ったわ。w

■京セラ
(゚▽゚*)「ひみつのアッコちゃん」のコンパクトを展示!
京セラが独自開発した「京都オパール」が同コンパクトの装飾として採用されたからなんだと。

京セラって面白い会社。w
■総括
  • 今までのように華々しい演出の舞台パフォーマンスはひっそりとしてしまった。
  • 今回は既存の商品を展示して来場者に触らせると行った趣向の出展は減少。
  • 各企業のやる気度がはっきり分かれた。
  • スマホを介したサービス、コントロール商品の開発需要が増えた。
やはり、スマホのソフトウエア開発のスキルは身につけて損はないってことかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

炊飯ジャーを直してみた。【修理代260円】

日本人なので、米が好きだ
1日最低1回は日本の米を食べたい。

我が家の炊飯器が壊れた。(3年目)
ポンプで釜中の空気を吸い出して真空にし、米に水分をじんわり吸収してくれる東芝の炊飯器。
その真空にするための内蓋を止めるフックが、劣化で割れて取れてしまった。(右写真:青丸部分)

取れた部分がフック部品を固定していたので、内蓋のフックがかからなくなってしまった。

こ…米が食えない。
残念なことに冷蔵庫と、洗濯機は(図体がデカイし、使用頻度が高いので)延長保証に入っていたが、炊飯器は1年保証のまま。

( ̄ー ̄)ムフフ だが心配ない。
これぐらいなら俺が直す。
ネットで調べたら東芝SS(サービスセンター)は土日祝日が休みなので、土日休みのサラリーマンとしては動けない。

じゃってんで、我が家から一番近い東芝ストアーをネットで検索して出かけて行った。

お店番の店員さんに店内にあった同系列型の炊飯器を使って、壊れたところを説明して、「この白いプラスチックの保守部品を取り寄せて欲しいんですが。あ〜炊飯器は自分で直します。」と部品の取り寄せを発注した。

その間は鍋を使って炊飯。
しかし、同じ米なのに味はイマイチ。(`ε´)

で2日後到着。(思ったより早かったのぉ)
運良く(年休消化を兼ねて)会社を休んでいたので取りにいく。

部品代250円(内税)+消費税で計260円也
バネも付いてきた。まぁいいっしょ。
後は組み立てるだけ。
バネを組み込んで挿し込めば…
ハイ完成〜♪ヽ(´▽`)/

以上260円で、修理完了!。( ̄ー+ ̄)
これでまた明日から俺にうまい米を食わせてくれぇ!w

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »