« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

【ラブプラス アーケード】カラフルClip【筐体 4万円】

昨年ゲーセンでよく見かけていた、ラブプラスのアーケード。

その筐体がヤフオクで、売られているのを発見。Σ(゚o゚)



4万円だと。
送料が1万円ぐらいだから5万かぁ。
  • 設置時最大寸法 W700×D1000×H2200mm(搬入時は看板を外しますと高さが1940mmになります)
  • 総重量165キロ

うへっ重い。w
無理無理。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

(いまさらながら)PSP3000をLCFW化してみた。

先月から淡々とPSPに肩入れ中。w
さらに、手を施していく。

さてPSPのカスタムファームウエア(CFW)事情はどうなっているのか調べてみた。
現在、SONYはPSP Vitaの方に舵を切っているため、PSPのファームウエアは6.60が最新でストップ。
このバージョンですら(電源を切ってしまっては消えてしまうが)L(=Lite)CFWと言う形でCFWが流通していた。

  • LCFWを導入するにあたり、メモリースティックを調達する。ただし、お決まりのごとく互換アダプターで安くすませる。
    最近はmicroSDのメモリスティック変換アダプタも、安くなったものでAmazonで送料無料で270円で買える。
    しかもmicroSDカードが2枚挿せるときたもんだ。

    思い起こせば4年前の改造記事ではSDカードの方が安かったため、この手のアダプタに改造を加えて遊んだが、最近はmicroSDも安く(microSDカードもClass10の16GBで1000円以下)なっており、改造せずこのまま使えるもんなぁ。
    良い時代になったもんだ。

  • ジャンクPSP-3000は、今回のPSP3000は購入時バージョン6.30だったので、LCFWが対応しているバージョン=6.35にアップして、「6.35 PRO-B10」をあててみた。


よしよし。これで自作ソフトも走らせるようになった。
なんか作ってみっかな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PSP-3000のキーを外付けしてみた。

PSP-3000のキー信号を取り出せたので、外付けのキーを取り付けてみた。
アキバでちょうど良く(Commonとショートするだけの)5スイッチ(199円)、7スイッチ(239円)が売られていたので購入。

配線が単純とはいえ、ハンダ付けするだけで完成するのはうれしい。(うほっ超楽〜♪)
これをピッチ変換基板に、前々回の読み取った信号線を元に接続してみた。

元の0.5mmピッチは辛いけれど、さすがに2mmピッチもあればハンダ付けは出来ますがな。

電源スイッチは、ジャンク箱から流用っと。
スピーカーもハンダ付け。

ただこのままの状態だと、線が暴れまくってショート,動作不安定の元になる。
なのでアクリル板に、バラけている個々の部品を固定することにした。

固定するにあたって、過去のApple製品をバラしたノウハウもあって、両面テープで固定することにした。(要は楽したいだけ。w)
DIYショップへ行って両面テープと、ウレタンゴムを購入。

ウレタンゴムはハサミで適当に切って足代わりに使った。
取り付けてみたはいいものの…なんか微妙。
虫の標本みたいな感じ。w

気を取り直して、目視で読み取ったキーの信号線が正しいかどうか確かめるために、実際にキーを押してみる。

…ほほ〜っ調べた通りのキーであることを確認。
ヽ(´▽`)/

ただ、このままでは(横一列のスイッチだと)ゲームができないのぉ。
既存のコントロールパッドを取り付けてみないとね。
…とは思ってはみたものの、さてどうやるかなぁ…。

ちょっと間があくかもしれないが、つづく

| | コメント (0) | トラックバック (3)

PSP-3000のキーの信号線を取り出してみた。

前回調べたPSP-3000のキーを検証したく、信号を取り出してみる。

キーのコネクタはFC(フラットケーブル)へと繋がっている。 FCはハンダ付けできないし、コネクタは0.5mmピッチ。
基板に半田で線を引っ張るには老眼が…。(´・ω・`)

ネットでいろいろ調べると、汎用FCでピッチ変換すればいいということが分かった。
地の利を生かして、アキバ(aitendo)でお買い物。
99円で掘り出し物もゲットできた。

通販では、この手の物は見つけ難いかんねぇ。
まず、汎用のFCを各コネクタの信号数分に切る。
ここで間違ってはいけないと慎重になる。

まずは、FCがズレないように両面テープで両端を止めた。
本物とつきあわせて、ピッチを確認。
アタタタとやってしまいそうなのが「線の数を間違えたりカッターが斜めに動いて、導線を傷つけてしまう」ということ。
ここでふと考えたのは予定より1本多く切ってみた
いわゆる捨て線(今、命名w)。
もしも、この線上に手がズレてカッターの刃が動いても捨てるので問題ない。

切り終わったらピンセットでこうやって導線を剥がし起こして(さやえんどうを剥くように)ツツッーと引っ張って剥く。
これなら、失敗の確率も減るっしょ。
ってことで、3つのコネクタ分のFCを切りました〜♪

さて、お次ぎはピッチ変換してハンダ付けつなげなければ。>つづく

| | コメント (0) | トラックバック (1)

PSP-3000のキーを調べてみた。

ジャンクで買ったPSP-3000のキー配置が知りたくて、調べてみた。

調べると基板上にはキー用のフレキシブルケーブルが3カ所存在していて、各々のコネクタの基板に○がしてあるのが1番PINを表すのであろう。

3カ所のキー用フレキシブルケーブルの内訳は_


  1. 向かって右側
  2. 下部
  3. 向かって左側

の3パートに分かれる。
向かって右側

  1. GND
  2. GND
  3. [Down]
  4. [Left]
  5. [Up]
  6. [Right]
  7. [L1]
下部

  1. [PSマーク]
  2. [Volume(-)]
  3. [Volume(+)]
  4. GND
  5. GND
  6. GND
  7. [AV出力]
  8. [♪]
  9. [SELECT]
  10. [START]
向かって左側

  1. [□]
  2. [R1]
  3. [△]
  4. [○]
  5. [×]
  6. GND
  7. GND
  8. GND
  9. LED
  10. Power
  11. Hold
  12. LED
  13. LED
  14. LED

目で追っていっての調査結果なので、後は実際に確かめてみるか。>つづく

| | コメント (0) | トラックバック (1)

鉄拳の「振り子」。正式版がアップされた。

鉄拳の「振り子」
おととい帰りの通勤電車の中で初めて知って、見たらもう(電車の中で)涙が止まらない止まらない。
奥さんのマフラー、あの日以来ずーっとしているんですよ。夏でも。もうそんなも見ていたらダー
(;ω;)
それ以後も何回見たことか…。

ようやっと、正式版(Muse公認版)がYoutubeで発表となった。

「右下に連番のコマ数があったり」や、「最後の時計で3,4,5,6の文字がm,u,s,eに変わる」など、新たな発見もして、また見入ってしまった。

パラパラマンガは何度か描いたことがあるけれど、コレ独りで描くのは大変だよ。
そんな苦労も知っているので、よけいに感情移入が…。

この作品で、なんか賞を取ってほしいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »