« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

再度DS修理の依頼が来た

今年の9月に、会社の同期の子供のDS修理があり、無事終えたのだが、また同じ場所が壊れたということで、再度修理をすることとなった。

前回と同じように上部液晶に問題が。
表示がが真っ白。

バラして診たところ、液晶のフレキが切れたみたい。
DSの上部液晶フレキは、ヒンジを通して下部の基板に引っ張る構造なのだが、ヒンジの開け閉めでストレスが伝わり易いようだ。
ヒンジを介さないで直に繋いでみたが、症状は変わらない。
ってことで、液晶を再度購入&交換する

再度Amazonで液晶…って思ったら、1780円ぐらいに値上がっていた。
まぁ前回と同じことを同じにやっても、再現度という点で思えば、結果は変わらない気がする。
ならばアジアの互換液晶を止めて、純正液晶にすることしにした。

純正と言っても新品なんて手に入らないので、ジャンク品から部品を抽出する。
アキバは今、コミケの帰り組で混み合っているので行っても無駄。
場も荒らされていることでしょう。



なので近所のHardOFFへ物色しに行ってみた。

運良く、1260円でジャンク品をゲット。ヽ(´▽`)/

ジャンク内容は、「ヒンジが折れてて、下部の液晶に黒い線」
良いんです、上部液晶が動いていれば

あとはこのジャンクDSから上部液晶を取り出して、移植するだけ…

…ハイ、出来上がりっと。

今年はDS(再)修理で〆となりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ジャンクのネットブックまたまた買ってみた。(出し忘れのネタ。)

今年一年を振り返って、ブログ用撮り貯めていた写真を整理。
おおお。忘れていたネタ発見!

今年の4月に、アキバのジャンクショップでネットブックを買っていたのであった。
→lenovoのS10-2。


液晶が割れているのでジャンク。
もうネットブックなんて買わないはずだったのに、この品6000円のところ、お店のセールで2000円引き4000円となっていたので、つい買ってしまった。w
壊れた液晶は「LTN101NT02」という型番。
コレを元に、ネットで検索。

探し当てて、Acerのヤツと同じということが判った。


あとは、お得意のヤフオクで購入。

これが、これまた4000円で落札


後は組み立てるだけ。

…ハイ、動きました〜。
最後にubuntu入れて完成!
4000円(本体)+4000円(液晶)で計8000円となりました。
(送料とか考えると総合で1万円かな)


…っというのをゴールデンウイークにやっていたわけです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

年の瀬、年賀状を書き終えてみた。

クリスマスを前にして、年賀状の作成に取りかかる。
今月になって、よく喪中はがきが届くようになった。
なので、昨年より少なめの10枚程度を購入。

まずはPhotoshopでお絵描き。

うむ。今年もまずまずの出来。♪
印刷と宛名書きも終了。ヽ(´▽`)/

出来上がった絵は来年の元旦直後に時限アップするよう、ブログも完成。

明日ポストに投函しよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PSP-3000にジョイスティックを付けてみる。(その3)

PSP-3000とジョイスティックを取り付けるまでは完了。
後は、奇麗に中に収める
そう、これだけでゲーム機として完結するようにする。
むふふ。
1ヶ月前からチマチマとやっていた改造の野望はこれだったのだ!w

ジョイスティックの底鉄板は、PSPがのったアクリル板がすっぽり入るぐらい広い。

また、元あった(ジョイスティックの)中身基板もすっかり取っ払っているので、高さが合えば干渉せずに入るハズ。

試しに合わせてみると…OK!

つーことで、アクリル板とジョイスティックの鉄板を両面テープで止めて動かなくした。

また中のごちゃごちゃした配線は、ホットボンド等で整理した。


電源コネクタ部分は配線を追加して延長し、ジョイスティックのコードが出ていた背面部分にホットボンドで固定。
ここから電源を取れるようにした。

んで肝心のAV出力(YCbCr)映像信号は背面にニッパーで穴をあけて、そこから取り出すようにした。



これでPSP(=Portable)なのに、据え置き機にしてやったぜぇ〜(スギちゃん風に)

これで何がメリットがあるかと言えば、シューティングゲームや、格闘ゲーム系がやり易い。
なんせ(HORIの)スティックとボタンでゲーセン感覚
ヽ(´▽`)/

まだアナログスティックの信号の引き出しや、USB信号を外に出せていないので、おいおいやる予定。
一応ここで、PSPがらみの改造は〆ておく。(長かった…



ってことで、完成した“PSP内蔵(HORIの)ジョイスティック”をREGZA(42インチ)に接続して遊んでみた。
(アレ?もしかしたらコレって世界初か?笑)

“RemoteJoyLite”ってソフト使っていないから、PC不要で直にTVへ接続。
遅延もないのであった。(はあと)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

PSP-3000にジョイスティックを付けてみる。(その2)

ジャンクで購入した525円のPS用のジョイスティックをPSPに対応させるにあたって、余っているボタンを、PSPで必要となるボタンを考慮して配置を考えてみた。

その結果。こうしてみた。
後はこれを元に、半田で配線付けまくる。

…うぅぅ。判っていたことだが、だんだんごちゃごちゃになってきた。
ふぅ〜。
…ふぃ〜っ。やっとこさ、全ての配線が完了。

おぉぉっもう寝る時間になってしまった。(明日からまたお仕事)

仕上げはまた週末に持ち越しだぁぁ…。
(;;;´Д`)
つーことでまたもやつづく

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「チョコレート展」へ行ってみた。

上野の国立科学博物館で「チョコレート展」という催し物があって、奥さんが喜ぶと思い誘って行ってきた。


しかし大人1400円は高いのぉ。


思った通り、周りを見渡せば女子率高し
後はカップルと小学校の社会科見学たち(当然男子のテンション低い)。w

館内は、ガーナの臭いというかチョコの原料の臭いがする。
それもそのはず、どこを見てもチョコ・チョコ・チョコ。
しかも本物のガーナが手で触れられる。(思ったより固いのね。)
で、最後はお約束のお土産コーナ。
いろんなチョコがある。

バレンタインまで開催しているのが商魂琢磨しいのぉ。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PSP-3000にジョイスティックを付けてみる。(その1)

キーの引き出しに成功したPSP-3000に対して、ゲームしやすいようにジョイスティックを接続してみる。

ネットで調べてみると、だいだい“RemoteJoyLite”というソフトを使って
 PSPのUSBをPCにつないでPCのエミュレート処理を使って遊ぶ方法
が(楽なんで)盛んのようだ。

同じことをやっても面白くないので、こちらは直に接続して遊ぶ
その方が遅延も無いし。( ̄ー ̄)ふふふ。

まずは接続するジョイスティックの調達。

ヤフオクでは安く落とせても、送料が足かせになってしまう。
なのでこの手の汎用な部品の入手は、原チャリでハードオフにGO〜。

ハイありました。
プレステ向けのHORI製のやつを525円で購入。
ヽ(´▽`)/
HORI製を購入できたのはもうけ。w
しかし安いだけあって、ま〜汚い。
こりゃ洗いがいがあるってもんだ。

ってことで濡れティッシュで拭きつつバラす。

へ〜。これって基板がネジで本体に止まっていない
ボタンがハンダ付けされて、かつ足の役目をしている。
ふーん。大丈夫なんか??

プレステで動かすことは無いので、基板をはぎ取るために半田コテをあてて、ハンダ吸い取り器でひたすらスッポンする。

基板を取っ払えて、中身が広くなった。
これで、隅々まで汚れを落とせる。
んでも、まだまだ汚い。

ボタンも1つ1つ取り外して分解。
んで濡れティッシュで清掃と。
今回ボタンの中が一番汚かった。

…ふぅ。これで奇麗になった。

後はPSP-3000のキー信号と繋げるだけ。
…しか〜し。今週末はこれ以上時間が取れなかったぁ…。あぁぁ。つづく

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »