« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

GW突入した

GWに入って、まず何をするかと言えば親戚のPCセットアップ。

よくある話だが、今あるノートPCが子供らに(勝手にパーティション切られ)乗っ取られてしまって、デスクトップにいろいろアプリが増えて、使いたいときに使えず。

今回父親専用ノートPCをヤマダ電機で買ったんだと。
購入時に「データ移行作業等をやるなら1万でヤマダ電機が請け負う」ようなことを言われて、こちらに話が舞い込んできた。

旧ノートPCから新ノートPCへのデータのお引っ越し。
ほぉ最新のタッチパネルのWin8機じゃん。

起動までのセットアップは隣に座って、やってもらって後はデータの移行作業。
双方無線LANにつないだから、単純にパブリックのフォルダに父親分のデータをコピーして、おしまいと。
パブリックフォルダからさらに自分の思うようなフォルダーへのコピーは本人がやるということで、終了〜。

横で観ていた子供たちも新ノートPCに興味津々。
早速画面のタッチパネルをタップやピンチして触り始めた。
iPad世代の子供らは飲み込みが速いのぉ。

お礼に焼き肉食べにいくことになって満足。
この手の依頼は大歓迎。w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルミのジャンクiMac(20インチ)を買ってみた。

ポリカの白いiMacには山ライオンがインストールできないので、このバージョンのOSXを体験したくて、密かにアルミのiMacを細々と狙っていた。

アルミのiMac(20インチ)も初めて発売されてから年月も経っているため、最近オークションにて故障品(ジャンク)も出品が目立ってきた。

で、2009年モデルをヤフオクにて入手〜。
22000円也。

ジャンク理由が「全面保護ガラスなし、液晶が白く濁っている」というやつ。


前面のガラスが無いのは特に気にならず。(ポリカの白いiMacだってむき出しだし。)
問題は液晶。

とりあえず目を凝らせば見えるので、OSX(山ライオン)はインストールができた。
さて、これはどうする?!
外部モニタで運用か、はたまた液晶を交換か…って案をひねっていた。…
んなことを考えていたら、スリープ状態になっていたので、ふと復帰させると…。


あ…奇麗な液晶になったではないか…。
( Д) ゚ ゚

再度スリープして復帰させても、この奇麗さは変わらず。
…ってことは、このままでいいじゃん。w

どうやらこのジャンクiMac、最初の起動時のみだけ白く濁って、一旦スリープに入ってから復帰すれば、以後何の問題の無い機器であった。
おもしろ。

ってことで、このままいじることもせず使っていこう〜♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

FlashAirをスマホに搭載してみた。w

FlashAirはSDカード。
一方スマホはmicroSDカード。
んでも信号は(ほぼ)一緒。

今回この実験がやってみたくて、A01にSDカードが挿せるように改造していたのでした〜。

つながるにはつながるのだが、問題発生!

スマホの特性上バッテリーの減りを重要視するため、アクセスしたらすぐにSDカードへの電源を落としてしまうのがわかった。(@Д@;
つまり、必要なとき以外はSDカードへの電源供給なんかしてやんないわけだ。
あちゃ〜。

このせいでスマホからの無線LANがブチブチ切れて、これでは使い物にならない。(;д;)
ということで、FlashAirへの常時電源供給源として、3Vの外部電源(乾電池x2本)で補うことにした。

延長したSDカードソケットの電源(VDD,VSS)に、電池BOXを接続できるよう再度改造。
不格好になってしまったが、しょうがない。(;ω;)
これを空港で所持していたら、絶対捕まるな。w

よしよし。これで随時つながった。w
スマホといえど、SDカードが挿せて、液晶モニタがあって、レンズが付いてと構成上はデジカメとなんら変わりない。
ただAndroidはカメラを使ったブログラムを作れるので、なんか作ってみるかなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

FlashAirを使ってみた。

先週の週刊アスキーを読んでいて「無線LAN内蔵SDカードの特集記事」があった。

その中で無線LANを使っての実測転送時間比較(※)を行っていた。

※SONYの「NEX-5」にて、2.8Mの写真を10枚撮影後、スマホへ画像を転送完了するまでの時間
WLAN内蔵カード(クラス/容量)転送速度
Eye-Fi Pro(アイファイジャパン)
Class10 16GB
27秒6
自動転送方式
ezShare(テック)
Class10 32GB
32秒2
自動転送方式
FlashAir(東芝)
Class 6 8GB
41秒3
選択転送方式
Wi-Fi SDカード(トランセンド)
Class10 16GB
50秒4
選択転送方式
Air Card(PQI)
Class10 16GB
75秒
選択転送方式

ただこの比較データ、上位2つは自動転送での計測ということなので、撮り始めたら勝手に送っているから、後者3社のSDカードと比較しちゃいけない気がするんだけれどなぁ…

まぁそれを抜いても、同じClass10といえども、電波での転送時間が関わったりすれば一概に速いとは言えないようだ。むしろClass6の方が速いんだ…。w

これを参考に、FlashAirを入手。

まずは、この間買ったDSC-WX100で試す。


  1. まずはデジカメの電源を入れて、適当になんか撮影する。
  2. お次にiPadのWi-Fi(無線)設定で、表示される近隣のSSIDの中から、FlashAirのSSIDを選択、指定。
    …これでデジカメとiPadとの相互がつながった。
  3. あとはインターネットブラウザアプリ(=Safari)を起動して、URLに"http://flashair"を入力すればOKと。
  4. ハイ、デジカメで撮影した写真が(USB接続とかしないで)すぐさま拝めました。

例では「デジカメとiPadを1対1で接続」しているけれど、他にも周りのスマホとかPCとかでこのFlashAirのSSIDを見つけて繋げれば、いろんな人が同時に(しかも個々に)デジカメ内の写真を拝められる。
(これが“無線LAN内蔵SDカード”という商品のウリ)

さらに、その写真が欲しければ、画像を長押しして「画像を保存」をするといちいちメールに添付してとかで配らなくても、持っていってくれる。
…とま〜理想はこうなんだけれど、やってみると実際はアクセスが集中するんでその分時間がかかって、その間にデジカメの電源が落ちたりして、うまくいかないときもあるんだけれどねぇ〜

ま。この辺の動作は想定内。
それじゃぁもうちょっとFlashAirをいじってみましょっかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【交換】Dynabookの電源周りを修理してみた。【プロードライザ】

二個一にしたDynabook「立ち上がり時に不安定(固まる)になる」と奥さんから報告を受けた。
レジューム復帰時にもおかしくなるとのこと。(@Д@;

症状だけ効くと起動時の電流が引っ張れない感じ。
電源周りがアウトになったっぽい。

ってことで、ネットで情報収集。
この機種は、AC電源で立ち上がらない症状とかあるようだ。(バッテリーのみで起動可能)
で対処方法として、部品の「Proadlizer プロードライザ」を交換すれば良いとの情報入手。

で肝心の部品「プロードライザ」はヤフオクで入手できるとな。
ということで落札〜♪(送料無料で600円!)ヽ(´▽`)/

届いたので交換してみる。
まずはヒートガンで炙る。
ところがなかなか剥がれない
半田面積が広くて熱がすく奪われてしまって冷えてしまう。(=固まって剥がれない)
仕方なく細々とプロードライザを壊しながら、フラックスを塗り塗りして、コテとヒートガンで切り崩しながらなんとか剥がせた。(基板のパターンが剥がれないように気をつけた。)

あとは、またフラックスを塗って、コテとヒートガンで剥がすときの逆のことをやって貼付けた。

電源を付けて、動作することが検証できた。


あとは長期に動作させて改善できれば、OKかな。

【追記】明らかに改善されたと奥さんから報告を受けた。うぉしっゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ボカロ歌謡祭2013。録画予約完了。

TVの番組表を見ていたら、フジテレビにて「ボカロ歌謡祭2013」なる深夜番組発見!

こりゃぁ、予約っしょ。ヽ(´▽`)/
どんな番組になるのか。
楽しみ〜♪。

【追記】
見た。あっという間の1時間だった。
ニコファーレの会場は細かい電飾(?)のせいか、ブロックノイズが目立って画面が汚かったなぁ。

あと、あのフジのCGアナはいらんだろ。時間の無駄。
吉田アナが扱いに困ってたじゃないか。w


見損ねて検索でこのブログへ飛んできた人に。
『「フジテレビ オンデマンド」で本番組を見れるようなので、そちらで視聴したらどうでしょうか。』

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »