« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2DSより安い3DS購入〜(もちろんジャンク)

この前“2DS”の発表となって、ネットでもこのネタは話題中。

それだけ3DSが一般家庭にはある程度普及して、任天堂としても次の一手として、何かしらの“てこ入れ”が必要になったことでしょう。

さて一般家庭に普及したということは、その分ジャンクも出回るようになったということで、最近チラホラとソフマップでも見かけるようになった。

ソフマップでの3DSジャンクは往々にして6900円の値付け。
その中でも比較的軽症のジャンク(Rボタンが効かない)を選んで購入。

箱も付属品も付いていて、本体自体も奇麗な3DSであった。ヽ(´▽`)/
ではバラしましょう。

右ボタンを取り出す。

このL/Rボタン、すごく小さい。
またDS Lite時代から結構頻繁に故障原因となるようで、クリック感があるだけに内部の汚れによる接触不良が原因でしょう。

対処方法として、ネットでは「息を吹きかけたり」、「接点復活剤をかけたり」としているのをよく見かけたが、それでは根本的に直るとは思えない。

このスイッチはどんなに安くても1個150円(ヤフオク)。
送料入れたら200円オーバーじゃん。
元の値段なってそんなにしないはず。
っても100pscも買うものでもないし。

…まあスイッチを購入して乗せ変えるのは、いつでも出来るので、とりあえずバラしてスイッチの中身を清掃すっかな。
スイッチの金属カバーは半田で基板に取り付けられているので、コテをあてて外してみた。
部品は4点で構成されている。
  
  1. 金属カバー
  2. ゴム
  3. 板バネ
  4. 本体
濡れティッシュをピンセットでつまんで中を清掃。
んで板バネも清掃。

後は、バラした逆の順序で組み立てて、最後にコテをあてて金属カバーを基板に固定する。
内蔵の3Dカメラアプリにて、Rボタンがシャッターに割り当てられているので、押してみる。
カシャ♪…写真が撮れた。

ジャンクながら一通り付属品が揃って6900円
2DSより安く手に入れられた
追記:買ったとき、3DSの中に写真が数枚入っていた。

この写真、ソフマップのレジ周りと思われる。
お客さんの中古買取の時のチェックで3DSカメラアプリを使ったんだろうねぇ。
で、この時Rボタンが効かないのがわかり、ジャンク行きとなったと推測される。w

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「世界ファブラボ会議」で設営してきた。

今月頭に舞い込んだデモの仕事(Androidアプリ作成)で、作成したAndroidアプリがうまく動くかどうかの立ち会いに、横浜へ出張した。


横浜もうだるような暑さ。

現場に到着するのにも汗だく。
会場は、天井が高く洋館を思わせるような場所。
白い壁がひんやりとした雰囲気を醸し出している。

さてさて肝心のアプリは…て〜と、心配していた動作も問題なく動いて、デモもOK。

この催し物、グローバルなものらしくて、来賓の半分は外人さんだった。

開催期間中、トラブル無く終えられたようなので、一安心。
戦利品:Mozillaのブース(?)でのシール。
ノートPCに貼ろぉーっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

またまたジャンクのネットブック購入【Dynabook UX23】

アキバを巡回中、ジャンクDynabook UX23を発見。
BIOSのパスワードがかかっているためのジャンク。
4500円だったけれど、メモリ・HDDが無いことを理由に交渉して4000円に負けてもらった。
この機器のBIOSのパスワードは、メモリ裏の"J1"のところをショートさせて起動させればクリアになることを知っていたので、早速試す。
むふふ
簡単にBIOSまで立ち上がるようになったので、最新のBIOSに書換えた。

さらにRAMとHDDを付けてubuntuをインストールした。

このくらいのサイズが鞄に入れて、スタバとかマクドナルドで広げてネットサーフィンするために持ち運ぶのにちょうどいいんでついつい買っちゃうねぇ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

再びiPadのガラスを直してみた。

auからiPad(第4世代)のクーポン券が届いて、そのクーポン券の期限も迫っていた
Twitterみると、まだ商品券キャッシュバック5000円のお店もやっているし。
う〜ん。…悩みに悩んだあげく…Twitterで宣伝していたauショップに在庫を確認後、すぐさま来店して買ってしまったぁ。

これで我が家には、2台体制。

前に使っていたガラス修理iPad(第3世代)は、そのまま会社の同期が15000円で買ってくれることが決まっていたので、想定どおりのお買い物。
ただ同期からは、「修理にかかる部品代を出すから、今付いているヒビを直してから送って欲しい」ということになった。

実は使っているうちに、ヒビが入っちゃっていたんだよねぇ。(でも動作には問題無し。)

まぁ部費代は追加で支払うってくれるって言ってくれてるから、んじゃまたガラスの交換修理をやるか
まずは部品であるガラス・デジタイザの入手から。

以前仕入れたところから、再度発注をかける。
ほ〜前回は7500円ぐらいだったのが、今は4200円ぐらいか。
1世代前のiPad用ガラスとはいえ、安くなったもんだ。
んで待つこと数日、頼んだガラスが届いた。

まずはヒビ割れガラスをバリバリと剥がず。
さすがに、二回目なので我ながら手際がいい。w

後は、届いたおNewのガラスを両面テープで取り付けるだけ…。
ホコリの侵入に気をつけて…。
…ハイ。完成〜。
パネルにタッチして、動作もOK。

同期には「部品代込みで20000円」つーことで、承諾を得た。
梱包して、ゆうパックから、着払いの配送完了。

入金は 、iPad4の購入金額の回収に役立てるわけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンクじゃない中古ノートPCでも、たまには買ってみる

新宿店のじゃんぱらで、中古のノートPCを発見。
DELLのVostro1520っていう、まぁいわゆるビジネスPCってやつ。
場所が新宿だけにこの手のマシンが下取りに出されるのかな。

いつも買っているどこか不具合を抱えているジャンクPCと違って、中古PCなので動作は問題無し。
中身はRAMは2GB、HDDは160GB。PCI-eのスロットは空だった。
搭載CPUがチープ(Celeron 900/2.2G)なせいなのか、4980円の値付けだった。

DELLなんかは、Webでスペックをいろいろカスタマイズなオーダができる。
この機種もそう。
急いで、iPhoneにてこの機種を検索…。
ふむふむ。現行はペーペーのCeleron900だけれど、上のラインナップには、Core2Duo P8700とかがあるじゃん。

キラーンこりゃ買いですな。
さてお次。
ヤフオクでCore2Duo P8700を検索。
ほぉ。そこそこの数が出品されている。

いちやん安いのを狙い続けて入札。
3回目でなんとか落札できた〜。ヽ(´▽`)/
→1500円

小物ってメール便(120円)で送れるので安いから好き。
んじゃ、乗せ換えましょう。

さすがDELL。
底板1枚外すだけで、もうCPUにご対面♪。
メンテナンスが楽な作りは交換が持てる。

ファン回りの綿埃を濡れティッシュで取り除き、清掃後に交換する。
立ち上げ直せば、ハイ。パワーアップ〜♪
キャッシュが3Mになって3倍ですよ。
UbuntuをDVDのLive Bootで起動させて、速さの違いを実感した。

もうCeleronじゃないから、このシールは剥がせねば。w
CPU代を足して、4980+1500=トータル6500円ぐらいか。
むふっ。満足。

さてこのノートPC、OSなに入れるかな…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コカコーラのTシャツに85回連続で応募してみた

コツコツと貯めに貯めたコカコーラのポイント、170P。
さてお盆休みに入ったこともあって、気持ちも前向き。 一気に使おうじゃないの。w

Webから2pでコカコーラTシャツに応募できるので、ポイントが無くなるまでひたすらコレを繰り返す。
計85回、連続挑戦。!
クリックすることン十回。
と・・21回目であ・・当たった!。

残128Pってことは、後2枚ぐらいもらえるのでは…

よし。Tシャツを別のものに変えて、またひたすら繰り返し作業開始。
…甘かった。
残りの128Pぜーんぶスッた。

まだキャンペーンは続いているので、また貯まったらやってみっぺ。


【追記:2013/08/23】
Tシャツ到着。ヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FlashAirのAPIをちょいとコールしてみた。(その2)


前回は手持ちのブラウザを使って、お試し感覚でFlashAirのAPIを実行させたが、今回は実際にプログラムを作成して試してみる。

C#やJavaやプログラム言語もいろいろあるが、他がやりそうも無いプログラム言語を狙ってPythonで実行してみっかな。
これならばLinuxはもとよりMac,Windowsでも動くはず

■FlashAir内のファイルリストを取得する
エディターで“test02.py"として以下の内容を記述…
#! /usr/bin/python
import urllib2
#HTTP Request
req=urllib2.Request(url='http://flashair/command.cgi?op=100&DIR=/')
r=urllib2.urlopen(req)
#String write
print r.read()

ではMac(ターミナル)で動かしてみよう。〜♪

前回ブラウザでやった内容が、ちゃんとGETできている。

■FlashAirでの任意のJPEGファイルをダウンロードする
エディターで“test01.py"として以下の内容を記述…
FlashAir内の“/DCIM/101CASIO”フォルダーにある“DSC01229.JPG”ファイルをダウンロードしてみる。
#! /usr/bin/python
import urllib2
#HTTP Request
req=urllib2.Request(url='http://flashair/DCIM/101CASIO/DSC01229.JPG')
r=urllib2.urlopen(req)
#Image write
img=r.read()
open('DSC01229.JPG','wb').write(img)

ではMac(ターミナル)で動かしてみよう。〜♪

むふふ。俺のMacにJPEGデータが保存できている
こんな感じでpythonに限らず、C#やjavaとかのプログラムを駆使して…
  • 防水ケースに入ったデジカメにFlashAirを装着して、沖に上がったときに防水ケースを開けずにチェックをしたり
  • ↑スキー場なんかでもそうでしょう。
  • 天体観測での星を撮影時、カメラを動かせない状態での仕上がりを観たり
  • PCに丸々バックアップを取ったりと
応用すれば自分専用の逸品なPCアプリが作れると思う。
→夏休み中の大学生諸君。うまく行けば就活時のアピールになるかもね〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FlashAirのAPIをちょいとコールしてみた。(その1)

手元にあるWi-Fi内蔵SDカードのFlashAirに動きがあった。
アクセスするためのAPIが公開となったのでした。パチパチ

ふむ。HTTP通信にて、CGIを駆使して制御する感じね。
HTTP通信といえど、難しいことではなく手持ちのインターネットブラウザで簡単に試せる

  • "http://flashair/command.cgi?op=108"…これでFlashAirのFWバージョンを得る。

    ね。できた。w

  • "http://flashair/command.cgi?op=100&DIR=/"…これでFlashAir内のファイル/フォルダのリストを得る。

    ね。できた。w

  • 得た内容は各々カンマで区切られていて、右から意味はそれぞれのこうなっている。
    [directory], [filename], [size], [attribute], [date], [time]

    "DIR="以降に、リストから得た[directory]の名前を増やしていって階層を降りていけば、お目当てのファイルを見つけられる。
    デジカメだと"/DCIM/カメラメーカ別フォルダ"に撮影したJPEGファイルが存在する。
    俺のソニーのやつだと

    てな感じでJPEGファイルにたどり着けた。
    デジイチみたいな高級なカメラであれば、CR2ファイル(RAWファイル)とかの情報もこうやってお目にかかれるでしょう。

ちょっと長くなってきたのでつづく。w

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »