« 関東大雪で、衛星放送録画失敗 | トップページ | 【OSCのために:その9】ハローキティが飛んだ日 »

通常のB-CASカードもminiB-CASになることを確かめてみた。

ダイニングのTVはPCを利用していたのだが、これがヒートガンで炙っても直らなくなったので、マジに液晶TVを購入。

最近の液晶TVは、知らない間にB-CASカードはminiの大きさになっていたのね。

これからB-CASを必要とするAV機器は全てminiになって行くのかぁ…。

そう思うと、古くなった機器の現行の大きいB-CASカードは使い道がなくなってくるのか?

以前ネットで、「B-CASカードをminiサイズに切り抜いて使えた」というブログ記事をみた。
俺も実験としてやってみる。

miniのサイズにプラカッターで削り取ってminiB-CASカードを作る。
後はTVに挿して…
お〜。映った。

これで、miniB-CASカードを必要とするジャンクAV機器を手に入れても、困ることは無い(現行のやつを削って使える)ことが分かった。

ほっ。

|

« 関東大雪で、衛星放送録画失敗 | トップページ | 【OSCのために:その9】ハローキティが飛んだ日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通常のB-CASカードもminiB-CASになることを確かめてみた。:

« 関東大雪で、衛星放送録画失敗 | トップページ | 【OSCのために:その9】ハローキティが飛んだ日 »