« アキバにマリオカート登場 | トップページ | 合格祝いにネットブックを贈呈。(在庫減らし) »

1366x768に1280x800の液晶を搭載してみた。

割れた液晶のジャンクPC2台を計3000円でヤフオクにてゲットして、安い液晶を搭載すべく元のサイズ(16インチ:1366x768)とは違った15.4インチ:1280x800の液晶を搭載できるのかの実験をさせてみる。

バックライトにCCFLを使ったこのサイズの液晶であると、出回っている量も多いせいか、どこの会社でもコネクタの形状やら位置はさほど変わらない。(と言っても、ショートは怖いので一応信号線の確認はした)
なので、何の加工もせず乗せる。

画面サイズは一回り小さいので、隙間が生じる。
みっともないので、枠はコの字にカットして取り付けた。>まぁ後で何かで埋める予定。
この状態では液晶は何も固定していないので、前に倒れてこないよう、とりあえず上を絆創膏で仮止めした。

電源を入れると点いた。絵も出た。ヽ(´▽`)/
が1280x800の液晶に対してPC自体は、元の1366x768と思っての出力をしていて、実際には右側と下側が若干切れている。う〜ん惜しい。

若干切れているだけで、見えないことはないのでOS(Ubuntu)をインストールしてみた。
ここから解像度がソフトウエアを駆使して代えられるかの試行錯誤開始。

ネットで仕入れた情報を元に、"Xrandr"コマンドを使ってみる。
ターミナルから

gm@gm-FMVFA50:~$ xrandr -q
Screen 0: minimum 320 x 200, current 1366 x 768, maximum 32767 x 32767
LVDS1 connected primary 1366x768+0+0 (normal left inverted right x axis y axis) 0mm x 0mm
1366x768 60.0*+
1360x768 59.8 60.0
1024x768 60.0
800x600 60.3 56.2
640x480 59.9
VGA1 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
VIRTUAL1 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)

やはり液晶である「LVDS1」には解像度:1280x800は登録されていない模様。
だったら登録させてみればうまくいくような気がする。

登録するために、"cvt"コマンドで1280x800のパラメータを得る。

gm@gm-FMVFA50:~$ cvt 1280 800
# 1280x800 59.81 Hz (CVT 1.02MA) hsync: 49.70 kHz; pclk: 83.50 MHz
Modeline "1280x800_60.00" 83.50 1280 1352 1480 1680 800 803 809 831 -hsync +vsync

上の結果から"Modeline"以下のデータをxrandrコマンドを使って、新しいモードとして登録させてみる。
gm@gm-FMVFA50:~$ xrandr --output LVDS1 --newmode "1280x800_60.00" 83.50 1280 1352 1480 1680 800 803 809 831 -hsync +vsync

登録したモードを「LVDS1」の解像度として登録してみる…
gm@gm-FMVFA50:~$ xrandr --addmode LVDS1 1280x800_60.00
X Error of failed request: BadMatch (invalid parameter attributes)
Major opcode of failed request: 140 (RANDR)
Minor opcode of failed request: 18 (RRAddOutputMode)
Serial number of failed request: 30
Current serial number in output stream: 31

あちゃ〜〜〜っ。
エラーで蹴られた。

結果が変わったかどうか、一応もう一回一覧を見てみる。

gm@gm-FMVFA50:~$ xrandr -q
Screen 0: minimum 320 x 200, current 1366 x 768, maximum 32767 x 32767
LVDS1 connected primary 1366x768+0+0 (normal left inverted right x axis y axis) 0mm x 0mm
1366x768 60.0*+
1360x768 59.8 60.0
1024x768 60.0
800x600 60.3 56.2
640x480 59.9
VGA1 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
VIRTUAL1 disconnected (normal left inverted right x axis y axis)
1280x800_60.00 (0x115) 83.5MHz
h: width 1280 start 1352 end 1480 total 1680 skew 0 clock 49.7KHz
v: height 800 start 803 end 809 total 831 clock 59.8Hz

ちぇっ。
「LVDS1」に登録されなければ意味が無いんじゃぁ〜。

xorg.confを書くか。
といったところで、時間切れ。
今日はココまで。

|

« アキバにマリオカート登場 | トップページ | 合格祝いにネットブックを贈呈。(在庫減らし) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1366x768に1280x800の液晶を搭載してみた。:

« アキバにマリオカート登場 | トップページ | 合格祝いにネットブックを贈呈。(在庫減らし) »