« FlashAir GPIO回路基板完成! | トップページ | グルーガンを直してみた。 »

FlashAir GPIO回路基板、動いた〜♪

初めての基板設計で出来上がった基板に、アキバで買ってきた部品と取り付けること30分。
完成した。

電源を入れる前に、テスターで電源とGNDのショートをしていないかを確認。(コレ大事!)>通電検査
ピー♪と鳴らなかった。よし、OK。
これで晴れて、ACアダプタをつなげて電源を投入。
おおぉぉ光った。


FlashAirに電源が行き渡り、スマホの無線設定欄にSSIDがお目見え。
FlashAirが無線を噴いたことを確認した。

簡単な回路ではあるけれど、一発で動いたのは感慨深いものがある。ヽ(´▽`)/

今回、量産基板を作るにあたって試作回路から…


  • 閃ソラのイラストをパターンで描くようにした。(実はこれが一番やりたかった。w)
    イラストを置くのは絶対条件だったので、スペースを確保するため、部品の配置と配線に四苦八苦。w

  • FlashAirのGPIO機能をフルに使いたいので、74HC4066を1つ追加して、計5ポート分フルにスイッチのON/OFFをできるようにした。(試作の時はケチって4ポート分)

  • どうせ基板に起こすのなら、より汎用性を高めるべく、左右にArduinoのピンを付けられるようにして、シールドもどきにもなるようにした

基板は100枚作ったので、何枚かは見本に作って、後はどのように(希望者へ)無料配布をするか関係者と協議をしてみる。

|

« FlashAir GPIO回路基板完成! | トップページ | グルーガンを直してみた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FlashAir GPIO回路基板、動いた〜♪:

» FlashAirのGPIO機能でデータを読み取ってみた。 [じむの(とりあえず)やってみたの巻]
FlashAirのために作った回路にはレベルコンーバータ(FXMA108)を使っ [続きを読む]

受信: 2014/10/09 01:41

« FlashAir GPIO回路基板完成! | トップページ | グルーガンを直してみた。 »