« FlashAir GPIO回路基板、動いた〜♪ | トップページ | ボカロPになるのか??! »

グルーガンを直してみた。

絶縁やら、断線から守るためによく使うグルーガン(ホットボンド)。

電子工作中、熱が伝わらなくなって動かなくなっていた。
「どうせ断線でしょう。」ということで電源コードをテスターで調べると、コードの根元がストレスで曲がっていて、ここが断線していた。
断線している部分(赤い×)をニッパーで切り取って再度取り付け直すことにする。

多少電源コードが短くなるけれど、新しく買うよりまし。
しかも電子工作には必要な工具なので、今直しておかないと本当に必要なときに動かないのでは困る。
繋ぎ直してたら、テスターで電源コードがショートしていないかをチェック。

問題ないことを確認して、後は元に戻して、終了〜。

|

« FlashAir GPIO回路基板、動いた〜♪ | トップページ | ボカロPになるのか??! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グルーガンを直してみた。:

« FlashAir GPIO回路基板、動いた〜♪ | トップページ | ボカロPになるのか??! »