« コンデジに自作”ワイヤレス・電子レリーズ”を付けてみる。(その3) | トップページ | FlashAirのGPIO機能でデータを読み取ってみた。 »

基板の隠し技????

さてさて今回作った「FlashAirのスイッチ回路基板」には、設計時にシャレでArduinoのピンが付けられるようにしてみたのでした。

基板の従来目的である“スイッチとして使う”分には、このArduinoのピンは必要ない。

しかしスイッチのIC(74HC4066)故意に外して、レベルコンバータIC(FXMA108)を介したSDスロットの信号線(CS,CLK,DO,DIの4本)を、脇のArduino用ピンへと接続することで、なんとこの基板がArduino用 の「SDカード シールド」にもなるのでした♪ヽ(´▽`)/

ここ最近はArduinoの「SDカード シールド」も、“microSDカード”を対象としたシールドばっかりで、なかなかSDカード用のシールドを入手するのが難しくなってきている。
なので、重宝するのではないのかなと。

以前作った「Uncompatino」にも、もちろん合体可能。

Arduino IDEにあるSDカードのサンプルを書込めば、ちゃんとSDカードへの読み書きが出来るようになる。

ま。一粒で二度おいしいってやつです。

偶然にも現在「FlashAir Developerサイト」にて、Arduinoを使ったAPIのドキュメントが上がっている。
俺もコレを見ながらなんか遊んでみようっと。

|

« コンデジに自作”ワイヤレス・電子レリーズ”を付けてみる。(その3) | トップページ | FlashAirのGPIO機能でデータを読み取ってみた。 »

コメント

SGさん、コメントどーもです。

この基板一式。
商売はしないで、無料で配布させていただきます。
しかも、必要部品を全部同梱して。w

ただクレームが怖いので、配布の方法に頭を悩ます今日この頃。
う〜ん。10月18,19日のOSC東京は日々迫ってきているのに…。

投稿: じむ | 2014/10/06 22:10

なんか、基板が っぽいなー、と思ったら、なんと、流用じゃなくて、ちゃんとArduino SDカード・シールドとして使える設計でしたか。
これは、もう商売できます。

投稿: SG | 2014/10/06 15:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 基板の隠し技????:

» Uncompatinoのケースを作ってみた。 [じむの(とりあえず)やってみたの巻]
秋月で売っているArduinoの互換品である「Uncompatino」。 個人的 [続きを読む]

受信: 2015/02/14 16:13

« コンデジに自作”ワイヤレス・電子レリーズ”を付けてみる。(その3) | トップページ | FlashAirのGPIO機能でデータを読み取ってみた。 »