« ネットでこの間作った同人誌が評価された。 | トップページ | お絵描きマシンを入れ替えてみた(Mac mini→iMac 2007モデル) »

Raspberry Pi A+(SDスロット改造)のケースを作ってみた。

この前Raspberry PiにmicroSDでなくSDカードを取り付けられるように改造した
これでは「基板」と「SDスロット」間のコードが”ぷらんぷらん”している。
この状態では、いつか線が切れてしまう。

そうなると、ケースに収めたくなってきた
しか〜し改造したので、既存のケースに収まるわけがない。

そこでケースが無いならば、作ってしまおう!ヽ(´▽`)/
ハイ。3Dプリンターでモノを作る第三弾スタート。

今回は物を包括する形を設計する。
さて”遊び”をいくつにしたらいいのか、手探りで挑戦。

最初、ABS素材の収縮を気にしないで、計測したサイズぴったりで設計&製造してみたら、いざRaspberry Pi(A+)基板を入れてみようとすると、ぶつかるところが多々出てきてしまった。


元の3Dデータにフィードバックをかけて、また作る。

…って、これを繰り返すこと3回目。


ようやく満足のいくRaspberry Pi A+のケースが完成した。

コの字の所に、SDスロットを入れて、押しても後ろに下がらないようにした。

SDカードにはもちろんFlashAirを使いましょ〜う

ウンウン。いいね〜。

コンパクトにまとまった。

今回は"Raspberry Pi A+"だったけれど、今後SDスロットを取り付けたB+や、秋月で作ったUnCompatino用のケースも作るどー。

できたら売ってみっかな。w

|

« ネットでこの間作った同人誌が評価された。 | トップページ | お絵描きマシンを入れ替えてみた(Mac mini→iMac 2007モデル) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Raspberry Pi A+(SDスロット改造)のケースを作ってみた。:

« ネットでこの間作った同人誌が評価された。 | トップページ | お絵描きマシンを入れ替えてみた(Mac mini→iMac 2007モデル) »