« "B-CAS"検索で来場者がいっぱい。 | トップページ | ジャンクX200のSVPを解いてみた。(その2) »

ジャンクX200のSVPを解いてみた。(その1)

今まで買っていたジャンクPCは、ハードウエアのどこかイカれているもの。
そこが解れば、壊れている部品の代わりを手に入れて、取り替えて治すパターン。
当たり前だが部品を探して購入する分、修理費として足が出る。

しかし、ジャンクでも部品代がかからないものもある。
パスワードがかかったジャンク品」。
そ。ハードウエア的には全然壊れていないので、パスワードが解けれさえすれば美味しい。

しかもパスワードがかかったものは、結構ヤフオクでも二束三文で出回っていたりする。

つ〜ことで、パスワードのジャックノートPCをヤフオクで買ってみた。
lenovoのX200で、企業・法人向けで出ているせいか、パスワードのジャンクになりやすいようだ。
levono特有のSVP(スーパーバイザーパスワード)
電源を立ち上げると、すぐさまパスワードを求められるのでBIOSさえ見れない。

んでもネットではSVPに関する資料が山のように掘り出せる。
いいね〜。w

さて、直してみっか。
パスワードを解くために、基板上のEEPROM(P24S08)の中身を覗いてみる。
BIOSで設定されている値は、全てここに保存されているようだ。

型番から、PDFファイルを覗いてお勉強。
ふ〜ん。容量が8Kbyteなので、アドレスは0x000〜0x3FFね。
EEPROMをアクセスするのに、I2Cバスで読み込むため、足からSCL,SDA,GNDの3本を線をハンダ付けして引っ張った。
ネットでは「シリアルポートを使ってEEPROMのI2Cバスを読む方法」がアップされているけれど、もう手持ちのPCではそんなレガシーなポートはないっす。
今だったらArduinoを活用でしょ。
LチカをさせるためにArduinoを買ったわけじゃないもんね。

つーことで、いっぱい買ったArduino互換ボードのCompatinoの出番。

しかもSDカードのシールド基板を合体させて、データを吸い出すかな。w
つづく


|

« "B-CAS"検索で来場者がいっぱい。 | トップページ | ジャンクX200のSVPを解いてみた。(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャンクX200のSVPを解いてみた。(その1):

» ジャンクX200のSVPを解いてみた。(その2) [じむの(とりあえず)やってみたの巻]
SVPのかかったlenovoのジャンクノートのEEPROMから線を引っ張り出した [続きを読む]

受信: 2015/03/01 00:05

« "B-CAS"検索で来場者がいっぱい。 | トップページ | ジャンクX200のSVPを解いてみた。(その2) »