« enchant.jsでゲームを作ってみた。(その1) | トップページ | 【楽オク】中古ミラーレス機を買ってみた。【NEX−C3】 »

enchant.jsでゲームを作ってみた。(その2)

enchant.jsで作ったゲームを、XBOX360のゲームパッドで遊んでみる。(しかもMacintoshで)

enchant.jsでのゲームは、その性格上Webサーバから呼び出して、遊ぶようになっている。
えーWebサーバ?!。(@Д@;
ここで一般の人には敷居が上がってしまう。

Wi-Fi内蔵のSDカード(=FlashAir)はこれ自体がWebサーバなので、これを利用すれば、手軽にentchant.jsのゲームを楽しむことができる。
んではやってみっぺ。

"http://enchantjs.com/ja"からenchant.jsをダウンロードする。
この時点では(Ver0.8.2)
ダウンロードしたZIPファイルを解凍したら「¥buildフォルダ」をFlashAir上の適当な場所にコピーする。
(例えば「¥web_game」というフォルダを作ってそこに保存)
お次は、今回作ったゲームファイルをダウンロードする。
ファイルはFlashAir内の「¥web_game」へ展開する。

これで仕込みは完了。

後は、FlashAirとPCとをWi-Fiで繋いてアクセスするだけ。

今回はXBOX360の無線ゲームパッドの動作チェックということで、普通ならWindowsマシンなのだろうがあえてMacintosh(iMac)にしてみる
ドライバーをネットで探すと「360ControllerInstall_0.14_unofficial.dmg」というのを発見。

これをインストールした。
これでMacで無線パッドが使えるようになった

じゃ遊んでみましょう〜。
FlashAirには乾電池(単3x2本)で電源供給して、無線を吐かせる。
んで、iMacと接続。
ブラウザ(Chrome。これがゲームパッドと相性が良かった。)を起動して、URL欄に”http://flashair.local/web_game/game.htm”と打ち込んで起動させて、ゲームースタート。

XBOX360の受信機を使って、ゲームパッドが動くことを書くにできた。
ヽ(´▽`)/


こんな感じでMacで動かせました〜♪

|

« enchant.jsでゲームを作ってみた。(その1) | トップページ | 【楽オク】中古ミラーレス機を買ってみた。【NEX−C3】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: enchant.jsでゲームを作ってみた。(その2):

« enchant.jsでゲームを作ってみた。(その1) | トップページ | 【楽オク】中古ミラーレス機を買ってみた。【NEX−C3】 »