« XBOX360の無線ゲームパッド用PC受信機を作ってみた。(その2) | トップページ | enchant.jsでゲームを作ってみた。(その2) »

enchant.jsでゲームを作ってみた。(その1)

ワイヤレスゲームパッドの受信部を作ったので、動作テストを兼ねてゲームをなんかしてみたくなる。

ただ手持ちにパッドを生かすゲームがないので、このためだけにゲームを作っちゃおう。ヽ(´▽`)/
ただのゲームパッドのテストなので、ガチでないゲーム。

1面で完結して、ジャンプして攻撃してと、なんか8bitゲーム丸出しな奴。w
んで、簡単&すぐできるものを目指してみる。

以上の要望で作るベースは何がいいかといえば、「enchant.js」を使ったブラウザー上で走るゲームでしょう。
最近のWebブラウザーは、どれもHTML5をサポートしているので、いろいろなOSでゲームが走るからテストにはちょうどいいので決定。

ではまずはベースとなる「enchant.js」をダウンロードした。
一時期は雑誌とかで"enchant.js"の名前を見かけたけれど、最近はダメなのかな?
次に、紹介・解説サイトをかたっぱしから見て、どうやってゲーム作りをするのかを学ぶ。
フムフム。

よしOK。
あとは習うより慣れ。作りながら学んでいく。w

最初に主人公のキャラ作り。
昔は正方形の矩形の中に2頭身とかのキャラクターを無理やり収めていたけれど、最近のはその辺のサイズに縛りがないからいいね。

PhotoShopで最初の1枚を適当な大きさに描いて、それを加工しながら次の絵を描いていった。
移動アニメーションでは、マリオを参考にと、3枚ぐらいの中割りでいいのかと思ったけれど、実際に動かすと2枚の絵をパタパタさせるだけでも十分にゲームとして成り立っていた。
なので手を抜いて各動作に対して2枚をパタパタさせるだけの絵を描いた。

次は敵キャラ。

王道のサインカーブを描きながら移動してくるものと言うことで、ドローンを作った。
これならプロペラの動きだけアニメーションすればいいので楽。

後は動かしながらゲームになるようにルール作りをして完成させよう。( ゚ー゚)
つづく

|

« XBOX360の無線ゲームパッド用PC受信機を作ってみた。(その2) | トップページ | enchant.jsでゲームを作ってみた。(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: enchant.jsでゲームを作ってみた。(その1):

» enchant.jsでゲームを作ってみた。(その2) [じむの(とりあえず)やってみたの巻]
enchant.jsで作ったゲームを、XBOX360のゲームパッドで遊んでみる。 [続きを読む]

受信: 2015/09/13 22:27

« XBOX360の無線ゲームパッド用PC受信機を作ってみた。(その2) | トップページ | enchant.jsでゲームを作ってみた。(その2) »