« ようやっとジャンク のMacbook Airをゲットぉ。(その1) | トップページ | 雑誌「ボカロPになりたい」コンプリート »

ようやっとジャンク のMacbook Airをゲットぉ。(その2)

液晶割れのジャンクMacbook Air(late2010)の液晶を交換する。
手順はyoutubeやiFixで乗っているので、それを横目で見ながらの作業。

まずはフレームをヒートガンであぶりながら、丁寧にはがす。
アルミの板が粘着テープでガチガチに取り付けられている。
力ずくではがすと、アルミの薄板が波うっちゃうので、気をつけながらはがした。
業者に頼むと、粘着剤を溶かしながらやるみたい。
フレームの次は、液晶本体。
これはもう割れているので、バキバキといける。
ただその液晶の後ろに「バックライトの光を四隅に満遍なく拡散するシート」があるのだが、これを傷つけずにやらなければならない。
光らせた時に、シートの傷によって反射がムラになっては意味ないし、この拡散用シートを新品で買い直すと、結構なお値段がする。

よく、液晶が取り払われたジャンクがあるけれど、俺にとっては「余計なことを…」という気持ち。

Airがあれだけ薄くできるのは、液晶の筐体自体が蓋の筐体とを兼ねている。
なので交換部品も本当にパネルの部分しかない。
だからあのお値段で提供できるんだね。

なんで、パネルについている金属の部品も捨ててはいけない。(写真:赤矢印部分)
後々使う。
割れたパネルも剥がし終えたので、新しいものと交換する。
この時、先ほど述べた割れた方から取り外した金属の取り付けバーを取り付ける。(写真が画面下)
両面テープで貼り付けていくので、後戻りが難しい。
失敗は許されない。

ふ〜。しかしiPadにしろ、Appleのガラス製品は本当に、大量に両面テープを使うのぉ。
ハイ。
よし。割れた液晶パネルを交換完了。
;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
ChomeBookほどではないけれど、AirもCore2Duoで1.4GHzぐらいだと、電池の持ちがいいねぇ。
充電も早く満タンになる。
こりゃいいわ。
スタバに持って行ってみるかなぁ。w ←ミーハー。

|

« ようやっとジャンク のMacbook Airをゲットぉ。(その1) | トップページ | 雑誌「ボカロPになりたい」コンプリート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ようやっとジャンク のMacbook Airをゲットぉ。(その2):

» 【ジャンク】Macbook Airゲットぉ。(その1)【2台目】 [じむの(とりあえず)やってみたの巻]
ジャンクで手に入れたMacbook Airも、Core2Duo 1.4GHzのペ [続きを読む]

受信: 2016/01/23 17:58

» Macbook Air(late 2010)のSSDを安く取り替えてみた。 [じむの(とりあえず)やってみたの巻]
ジャンクを再生させたMacbook Air(late 2010)であれこれ作業を [続きを読む]

受信: 2016/04/10 23:12

» 【ジャンク】MacBook13を落札してみた [じむの(とりあえず)やってみたの巻]
最近ヤフオクでとーんと安く買えなくなったので、フリマや楽オクを巡回中、Macbo [続きを読む]

受信: 2016/07/31 08:40

« ようやっとジャンク のMacbook Airをゲットぉ。(その1) | トップページ | 雑誌「ボカロPになりたい」コンプリート »