« 9年目。縦型の液晶モニタを入れ替えてみた。 | トップページ | 自分のキャラクターのラッピングが…。 »

【ジャンク】Bluetoothキーボードを治してみた【500円】

久しぶりに新宿を巡回中、じゃんぱらで、「ジャンクのBluetooth キーボード」を発見。
お値段500円。

ジャンク理由は「SWが折れている。」
見せてもらったら、スライドスイッチの先がポキっと折れている。

おーこれなら直せるじゃん。
ということで購入〜。
んじゃ治しましょうか。
分解して、問題のスイッチをバラす。

単純なスライドスイッチでした。

足も真ん中がCommonとなっている。
ってことで、ジャンク箱の中から以前不要基板から抜いておいたスライドSWが登場〜♪
これを代わりにつける。(部品代0円)
スライドSWの足を基板の位置に合わせてラジペンで曲げて、あとは半田コテで半田付けして、修理完了

仕上げにホットボンドで、ショート防止と剥がれないようにとガッツリ取り付けた。
あとはカバーがぶつからないように、ニッパーでスイッチの大きさに切って、上からかぶせる。

はい完成〜っ。 そしてスイッチON!!
LEDが光って通電できた〜♪。

もちろん、PCでも認識をして、無線キーボードとして利用していくのであった。

|

« 9年目。縦型の液晶モニタを入れ替えてみた。 | トップページ | 自分のキャラクターのラッピングが…。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ジャンク】Bluetoothキーボードを治してみた【500円】:

« 9年目。縦型の液晶モニタを入れ替えてみた。 | トップページ | 自分のキャラクターのラッピングが…。 »