« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

マグネットのmicroUSBケーブルを買ってみた。

Macbookに使われている「磁石でくっつくACアダプタ」。
また、携帯・タブレットで充電口としても使われているmicroUSBコネクタ。

このmicroUSBコネクタの磁石版があるのを前々から知っていて、安いのがないかネットで物色していた。

どうせ買うなら充電以外にもデータ通信できるやつが欲しいなと。
で、Yahooショッピングで訳あり品を発見。

3本入っていて1000円。(送料無料)


訳ありというのは、一部のモバイルバッリーによっては充電できないものがあると書いてあった。
でも少なくとも手持ちのタブレット、スマホでは問題なく充電・データ通信できた。
(メーカー独自の充電の方法?によってはUSBの+D,-Dに任意の抵抗をかまして、判断しているのがあったりするから、そんなのには合わないのかも。)

接続のマグネットの磁力も強くなく弱くもなくといったところ。

ただ、力が加わればズレてデータ通信が途切れるので、これでデバッグをするのは辛いかな。
まー1本300円程度だから、こんなもんでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Raspberry Pi Zero W」もSDカード・ブートにしてみた。

この間のイベント「Maker Faire Tokyo 2017」にて、とあるブースでこの間出た「Raspberry Pi Zero W」を販売していた。
Raspi Zeroに無線LANとBluetoothが搭載されたやつ。
出たばっかりで、安価でなかなか買えないものだ。

このブースでは本体以外に

  • "ケース"
  • "microUSB-USB"
  • "mini HDMI-HDMI"
のケーブル類が付いて2500円だった。
ふむ。この品揃えなので、それほど高くないと判断。
購入した。

では前回同様、この本体に早速SDカードコネクタをくっつけてみる。

裏のテストランドを見ると、配置がZeroと同じ

しかーし、テストランドの各信号名のシルク印刷がされていないwobbly

しゃーない。インターネットにあるZeroの資料を見つつ、SDカードスロットを半田付けした。

ってことで、完成〜。手馴れたもんだ。w
あとはSDカードからのブートをさせてみて、見事に成功。

Zero Wには既に無線LANが搭載されているので、SSHで接続して、リモート・デバッグとかできるんで、面白い電子工作が手軽にできそうだ。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ジャンク】2DSを直してみた。【画面割れ】

今まで、液晶の割れたPC、タブレットを中心に直してきた。
液晶画面といえばゲーム機も搭載しているものがあるわけで、フリマアプリでジャンクの液晶割れのゲーム機を調査。
んで2DSが美味しそう。

任天堂携帯ゲーム機はやはりお子さんが、メインユーザ。
なので、よく踏んだり落としたりとするようだ。

さて、2DS。 3DSのように折りたたみではないので、落下するだけで液晶が割れやすそうだ。
しかも液晶が割れると上下両画面が一気にやられてる

それもそのはず、これは液晶2画面分が収まっているわけでなく、液晶自体は1画面であった。
その証拠に割れたヒビも、1画面分のように続いている。

そんなジャンク2DS。「送料込みで2500円」で入手した。
次に代わりの液晶をeBayで購入。3000円強。
後はいつもの通り載せ替えるだけ。
液晶は、
  • 幅の広いデータ部分と
  • チョロって出ているバックライト部分で
基板に接続されていた。
このバックライトの接続がうまくいっていないと、電源をつけた時青ランプが一定時間点灯するものの、すぐに落ちてしまうことが取り付けている時にわかった。
安全のためかな?
さてさて。取り替えて本体電源ON。 よし!動きました…って言いたいが、ここに落とし穴があった!。

子供のゲーム機なので、保護者が制限をかけていた。Σ(゚□゚(゚□゚*)

子供が勝手にインターネット等に繋がないように、ゲーム機本体に制限をかけていて、それを解除するにはfパスワードがないとダメsad

そう液晶が割れているので、画面が見れないものだからロックされたままであった。wobbly

なんとか売主に連絡がついたでの、保護者保護解除のための質問の答えを聞き出せた。
あぶねー。

で、無事(本体にユーザ登録された)お子さんのデータを初期化完了。smile
中古ゲーム機の購入には初期化されたものかを確かめて買わないと、今回みたいに連絡が取れたからいいものの取れないと悲惨になりますなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デザフェスにも行ってきた。

「Maker Faire Tokyo 2017」と並列して(東京ビックサイトで)行われていたイベントがあった。
それが「 真夏のDESIGN FESTA 2017」。

一度デザイン系のイベントも覗いてみたかったので、お昼の休憩時間を利用して隣の建屋に移動。
今回のデザフェスは、大人しめなブース数で、お客さんもそんなに多くなく。周りやすかった。

休憩時間を利用して見回らなきゃならないので、アクセや絵画などは流し見。
幾つかあったTシャツ屋に集中して物色してた。

その中でも自分にピンときたものを選んで購入。

自分が直感で選んだ絵柄の傾向を観察して、今後の進むべき絵柄の参考にする。
んで次回、Tシャツを作る時はタッチを変えるかなー。

いろいろな店舗があってイラスト・絵画を見て、(自分も絵を描いたりしているので)立ち位置を知る上でも有効だった。
これは面白いので、次回(11月)にはガチで行くことに決めた〜。catface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「Maker Faire Tokyo 2017」に参加してきた。

今週末はビックサイトで行われていた「Maker Faire Tokto 2017」に”手伝い人”として呼ばれていたので、参加してきた。
初めて参加してから4年目。
「今年も夏のイベントがやってきたか」という感じ。
4年目ともなると、ブースに寄って下さったお客さんとも知り合いが増えて、「どーもどーも」と、同窓会のような感じなる。
電子工作クラスタは狭いからねー。

さて会場ではすでに同人誌も陳列されていて、無料で配布しているせいもあるから、この量が1.5時間ぐらいでなくなる。happy02

んで、最終的にはこの量の5倍が1日無くなっていくのでした。w
それが2日間。なので10倍が無くなると。
いや〜そんなに世の中に出回ってくれるとは照れくさいが嬉しいねー。

んでも久々に土日立ちっぱなしの仕事は足がパンパンになるので(いい歳だし)かなりくたびれる。
そのため夜はぐっすり寝れるけれど…。bearing

うぅぅ。明日も会社だから早く寝なければ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »