« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

ジャンクWii Uを直してみた。その3

液晶の割れたWiiUのゲームタブレットを直したので、動かすために充電をせねば。
お金がないので、充電器を作るかな

ダイソーに行って、タブレットスタンドを購入した。もちろん100円

元々ゲームパッドには下に充電用の端子がむきだしているので、これにこうやって下から電極を充てれば充電はできる。

液晶を交換した時に見たゲームパッドのバッテリーが、「3.7V/1500mAh」だったので、スマホの充電器からUSBケーブル改造してこんな感じで充てればいいっしょ。(良い子は。マネしない。)

うん。バッテリーランプが光った。充電しているっぽいわ。

さて、接触部分の部品をどうするか?
ジャンク箱から、見つけたのは旧iPhoneの乾電池充電器。
電池を押さえつけるバネが使えるね。
ってことでこれをバラす。

バネ以外にも筐体が使えそうだなぁ。
バラした筐体部品をタブレットスタンドにいろんな角度から押し当てて、想像を働かせて、筐体もリサイクルできる感が閃いた。

どうかな。こんな感じでイケるっしょ。w
(長さが短くて)いらないUSBコード(VCCとGND)をバネにハンダ付け。
あとはホットボンドでバラけないようにまとめて、完成!
ゲームパッドを乗せて、充電もできるようになりました。
100円のタブレットスタンドと廃品をリサイクルさせて格安。w

ってことでジャンクWii Uを直して、復活できた。
ヽ(´▽`)/

さて遊ぶためにWii U用のゲームを、メルカリで買うかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ジャンクWii Uを直してみた。その2

前回はWii U本体の電源を作ってうまく起動できたので、今回は液晶が割れているゲームパッドを治す。

交換する液晶はeBayで調達。

えー液晶代は1800円也〜っ。

待つこと2週間。
届いたので、ゲームパッドを割腹して、割れた液晶を入れ替える…っと。
あとは元どおりに組み立てて…。
むふふ。
映ってる。
これで本体とゲームパッドがそれぞれ動いた。

かつお互い同期が取れたので、詳細設定を行った。

さぁーて、ゲームパッドは充電しなきゃならないので、お次はゲームパッド用の電源を作るかな。>つづく… Σ( ̄ロ ̄lll)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンクWii Uを直してみた。その1

ヤフオクでハードオフが出品していたジャンクWii U。
今更感はあるけれど、4300円で落札できた。

本体とゲームパッドのみ
しかもゲームパッドは割れている
が理由のジャンク。

ハードオフだけにある程度の動作確認はしているだろうと踏んで、購入。

まずは本体電源を入手せねば
本体には15V/5Aと書いてある。
せっかくジャンクで購入したのだから電源も作るかな。

ハードオフに行って、電源になるACアダプターを物色。
おおっ。ノートPC用AC電源でちょうど15V/5Aのものを発見。
お値段540円。w
いいねー。

ついでにWii(Uでない)の電源が100円で売られていた
Wiiの暴落ぶりはすごいねぇ。

Wii(12V/3.7A)とWii U(15V)の電源コネクタは似ているようだが、欠けている方向が違っている。
んでも+側とー側は一緒なので、これを流用してみる。
ぶつかっている外枠を削除。w


これで刺さる。

Wiiの電源は100円だから、バラしてコードだけを流用。
DCコネクタを半田付けして、ACアダプターは無改造で使うことにした。


電源ONして、TVに映りました。
動作OK。

さて次は割れたゲームパッドを治すかな。
続く

| | コメント (1) | トラックバック (0)

12月は、中古市場が賑わう?!

12月に入って、フリマアプリで毎日ウオッチしていたらボーナスが出たのであろうか、PCの買換えで不要なPCが中古市場に出回るようになった感を受けた。
また大掃除、引っ越しと言う行事ごとで、これまた不要物が流れてきている気がする。

とにかく、出品数が多いのだ。(こりゃ長い休みのせいかも)

よって、中には捨て値の人もいて中古だけに早い者勝ち状態になっていた。

フリマアプリはいい意味でも悪い意味でも敷居が低く、物の価値を知らない人がいて、ジャンクでないのにこの値?!って言うのもあっていつもの「ジャンク」で検索していると引っかからない出品があるのがわかった。

てことで年末も引きこもりの休みを良いことに、タブレット片手にズーーーーっと出物を漁って購入しまくっていた。w

なので、購入したものは徐々にブログにアップしていく。

新春一発目はApple Magic Trackpad。

ガタがきているやつ。
送料込みで、2300円。

ガタの理由がゴム足が1個ないからとな。

…うん。俺的には全然問題なし。

届いたらまず残ったゴム足の幅と高さをノギスで測る。
最初3Dプリンタで作ろうと思ったけれど、この手のは代替え品があるんじゃね?って、検索すると、3Mから出ていた。
クッションゴム:φ7.9x22mm(CS-01)ってやつ。
ただ、22粒も要らないんだよなぁ…。
22粒もあるので、存在するもう一方のゴム足も外して、両方とも買ってきたゴムクッションに差し換えた。

よし!これで高さも合うっしょ。

ってことで、使ってみると、まだガタがある。
…ん?!よくみると、アルミの部分が若干曲がっていた。

多分足が無いのに無理に使っていたせいで、変な力がアルミに掛かっていたんでしょう。

曲がったアルミの筐体を元に戻すのは、iPadで経験済み。

過去の経験で、曲がった部分を逆に力を加えてじんわりと戻していく。w

ってことで、完成!!
曲がった部分も無くなり、クリックもペコペコ打てるようになりました。

つーことで、ヽ(´▽`)/ 今年もよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年 元旦

あけましておめでとうございます。

いつもブログを見ていただいて、ありがとうございます。

今年もダラダラと更新していきたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »