« ジャンクWii Uを直してみた。その2 | トップページ | Robi2の35号まで一気に作ってみた。 »

ジャンクWii Uを直してみた。その3

液晶の割れたWiiUのゲームタブレットを直したので、動かすために充電をせねば。
お金がないので、充電器を作るかな

ダイソーに行って、タブレットスタンドを購入した。もちろん100円

元々ゲームパッドには下に充電用の端子がむきだしているので、これにこうやって下から電極を充てれば充電はできる。

液晶を交換した時に見たゲームパッドのバッテリーが、「3.7V/1500mAh」だったので、スマホの充電器からUSBケーブル改造してこんな感じで充てればいいっしょ。(良い子は。マネしない。)

うん。バッテリーランプが光った。充電しているっぽいわ。

さて、接触部分の部品をどうするか?
ジャンク箱から、見つけたのは旧iPhoneの乾電池充電器。
電池を押さえつけるバネが使えるね。
ってことでこれをバラす。

バネ以外にも筐体が使えそうだなぁ。
バラした筐体部品をタブレットスタンドにいろんな角度から押し当てて、想像を働かせて、筐体もリサイクルできる感が閃いた。

どうかな。こんな感じでイケるっしょ。w
(長さが短くて)いらないUSBコード(VCCとGND)をバネにハンダ付け。
あとはホットボンドでバラけないようにまとめて、完成!
ゲームパッドを乗せて、充電もできるようになりました。
100円のタブレットスタンドと廃品をリサイクルさせて格安。w

ってことでジャンクWii Uを直して、復活できた。
ヽ(´▽`)/

さて遊ぶためにWii U用のゲームを、メルカリで買うかな。

|

« ジャンクWii Uを直してみた。その2 | トップページ | Robi2の35号まで一気に作ってみた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャンクWii Uを直してみた。その3:

» ジャンクWii Uを直してみた。その2 [じむの(とりあえず)やってみたの巻]
前回はWii U本体の電源を作ってうまく起動できたので、今回は液晶が割れているゲ [続きを読む]

受信: 2018/01/28 16:40

« ジャンクWii Uを直してみた。その2 | トップページ | Robi2の35号まで一気に作ってみた。 »