« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

同人ソフトのためにジャンク PC-8801 FHを購入してみた。

自分がン十年前にプロデュースした同人ソフト「恵子殺人捕物帳」

完成版をもらったが、遊ぶために当時の貧乏生活者にPC-8801なんて買えるわけがない。
いただいた5インチFDは、そのまま押し入れにしまわれていた。

ン十年の年月を経て、今、青春を噛み締めるべく(遊びたいがために)PC-8801を物色する

PC-8801といえど、レトロPCははピンキリで高いものは1万を超える。
そもそもPC-8801シリーズもいっぱいあって、どれを選んでいいかわからない。sad

このゲームだけを遊ぶためにそんなに投資する気は無いし…。

そんなこんなでヤフオクで、ジャンク扱いのPC-8801FHを7200円で落札できた。(送料とかで9000円弱かな)
ジャンク理由は「動作未確認」。
起動後の画面は掲載写真で確認できていたので、ま・なんとかなるでしょ。w
届いて、中を開けると…まぁ綿ぼこりがすごい。
しかも設置されていた場所がタバコの近くなのか?綿ぼこりも茶色くなっているし。despair

これは掃除のしがいがある。
まずは中身の掃除から。

バラすたびに次から次へと埃があるので、どんどん分解して行った。
もう電源の中身もバラしたし、FDDも同様。
特に5インチFDなんかはヘッドの接触面が剥き出しだから、埃は念入りに払っておきたい。
さて、お次はPC-8801 FHの出力画面をどうするか

このためだけに専用のモニターまで揃えていたら、金が勿体無い。
当初は中国のアップコンバーターをかまして表示することを考えていたけれど、家にある既存の液晶モニタ(IO-DATA製)が24KHzをサポートしているのがわかった。wink

あとは映像を出力させるために変換コネクタを作成する。

PC-8801のアナログRGB出力は2段のD-SUB15Pinなので、2段から3段のものにしなければ。
ってことで、ネットでピン配の資料集めて自作した。
では仮組み立てして、動かしてみる。
「スイッチオン!」
FDからの自動起動なので、FDDがカチカチ動いた後に液晶モニタにオープニングの止め絵が表示された!ヽ(´▽`)/
2枚目のFDも動くようだ。

実際に遊ぶためには、キーボードが必要になる。
しかしキーボードは買っていないので、これから作る。>つづく

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【ジャンク】リモコンを直してみた。【Nexus Player】

いつものようにスマホアプリで徘徊中。
Nexus Playerのジャンクを発見。
ジャンク理由は、リモコンの効きが悪いらしい。
2500円は安いので、購入。

このリモコンはコンタクトレンズみたいな半球の形をした薄い鉄板が、指の力で押されて基板と接触して機能するタイプのものであった。
普段ゲームパッドをバラしていると、ゴム系のスイッチを見慣れているせいで、ちょっと勝手が違う。

んで全ての金属板は、1枚のシールでベタッと貼ってある。

効きの悪いリモコンは、右のカーソル・ボタンの薄い金属が金属疲労でパカっと割れてしまい、役にたくなっていたのが原因だった。

ンなので、代わりの金属板を手に入れるためにジャンク箱から不要リモコンをバラして、金属板を抽出。
カッターで切れ目を入れてシールを剥がして、金属板を入れ替えた。

あとは組み立てて、元どおり。

効かなかったリモコンがうまく動くようになった。catface

ってことでNexus Playerがこれで2台。w
smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【ジャンク】2DSのクリーニングで直してみた。

いつものようにフリマアプリで見ていると、美味しい2DSのジャンクが出品していた。

ジャンク内容は「一部のキーが効かない」。

ほほー。これは清掃で直りそう。
ってことで速攻で購入。(2700円)
ボタンが押しっぱなしになっているのか、動かしてみると、確かにタッチ等がうまく入らない。
何かのボタンが押しっぱなしになっているのかな。

ってことでバラす。
んー。見た目はそんなに汚くないのだが、ま。濡れティッシュで赤丸の接点とゴムを拭く。
あとは元どうりに組み立てて、動かしてみる。

おし。
ボタンが効くようになった。smile

ってことで、2DS完了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »