« 5インチディスク(2D)からデータを吸い出してみた。 | トップページ | iPhone6を音楽プレイヤーとして購入してみた。 »

電池詰まりのApple Bluetooth キーボードを直してみた。

フリマアプリでジャンクのApple Bluetooth キーボードを購入。

送料込みで1300円ですよ、1300円。

聞けば「電池が(液漏れで)詰まって取れないと。」

こりゃ買いです。
到着してマイナスドライバーで電池の投入口を回す。

うぐっ。こりゃ硬い。舐めないように、「押す力を7割、回す力を3割」と自らに言い聞かせながら回して取れた。

中を覗くと確かに奥の方に1本液漏れで中に詰まっている
これは引っこ抜いては取れない。


引いてダメなら押してみな。

そう。これは押すのが正解。
真ん中にあるゴムの蓋を剥がして基板と筐体とを止めているネジを外す。
んで、マイナスドライバーでググーッと押すと、基板ごと押されて電池が出てくる。

あとは真ん中から電池を取り出して、なかの液漏れでガビガビになった室内でをマイナスドライバーでガシガシと掃除。

筐体を斜めにするだけで単三電池がスーッと通るようにまで綺麗に掃除をした。

これでも元に戻ったので、組み立て直す。

あとは新品電池で動作を確かめる。
…はい動きましたと。

以上。ヽ(´▽`)/

|

« 5インチディスク(2D)からデータを吸い出してみた。 | トップページ | iPhone6を音楽プレイヤーとして購入してみた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電池詰まりのApple Bluetooth キーボードを直してみた。:

« 5インチディスク(2D)からデータを吸い出してみた。 | トップページ | iPhone6を音楽プレイヤーとして購入してみた。 »